トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

エレキギター、フェンダー、ESP、シャーベル

 ギターを始めたが、何だかしっくりしない日が続く。

 どうもアコースティックギターの大きさが合わないのだ。

駄目なのだ。どうもギターを弾くというより、抱えているという気がしてならないし、かっこよくないような気がする。まぁ、ギターは格好じゃないのかもしらないけど。

 う~む。

 そんな時!会社にはエレキギターも置いてあったのだ。

 早速、誰もいないときにこっそり、触ってみる。

 入り口に鍵がかかっているのを確認して、エレキギターを弾いてみた。

 これよ!これこれ!!

 大きさも重さもネックの長さもジャストフィッ~ト!!

 なんと言ってもボディの大きさがちょうどいいのだ

 早速、営業から帰ってきたエレキギターの持ち主にギターのことを聞く。

 しかし、これが失敗だった。(私にとっては)専門用語のオンパレードだったのだ。

 「エレキはいいよ~。」→この意見には私も納得。

 「一番いいのはレスポールだけど、最近はポールスミスも綺麗だし、でもESPもなかなかいいのを出しているよ。で、誰が好き?」→はあ??

 誰が好きって何が好きなんだ。ギターのことか?と思いきや、ギターリストのことだった。つまりよくよく話を聞くと、自分の好きなギターリストが使っているギターをついつい選ぶ傾向にあるらしい。なんとかモデルというギターについている名前は、世界的にも有名なギターリストの名前がついているのだ。例えば、イングウェイモデル、ポール・スタンレーモデルなど。

 しか~し、そもそも好きなギタリストなんて、この時点でいないし、シャーベルとか、ESPとか、一体なんだろうと思っていると、ギターメーカーというかギターブランドのことらしい。それぞれ、構造やデザイン、音に特徴があるらしい。(詳細は達人に任せる)

 でも、私にとっては、そんな名前は今は暗号と一緒。何がなんだかちっともわからない。と、言うわけで、本屋ならぬ楽器屋に行くことになった。(もちろん、ついて来てもらうこととなった。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タブ譜?ダイアグラム??楽譜!

 ギターを始めるにあたって、あまりにも何もかも知らなさ過ぎるっということで、本を買いに行くことにした。しかし、初心者向けの本は結構ありまして、逆に初心者はその中のどれを選んでいいのかわからない。

 うだうだしている私を見かねて、ギター達人が本を2冊プレゼントしてくれた。

 1冊は「これで完璧!アコースティック・ギタの基礎」で、もう1冊は雑誌形式の「超入門 はじめてのアコギ」だった。

 早速、中身を見てみるが、まず、私の最初に知りたかったギターの選び方が載っていない。

 確かに、このギターはこういう音が出る、とか、このギターはパフォーマンスがどうとかは、とうとうと解説していあるが、このぐらいの体格の人に合う大きさのギターはこれが適しているとか、最初はこの程度の値段のギターがいい等は全然書いてない。

 その後も、初心者本は結構チェックしたみたが、どの本にも共通していることは、ギターの長さや重さが案内されていないということだった。どういう材料で、誰が作ったギターだとか、どの楽器メーカーが製造しているという情報も大事だろうけれど、そもそもそういうことを知る以前の、超初心者には、初心者にふさわしく、長い時間持っても大丈夫な重さや持ち運びできる大きさの方が重要なのである。(そうそう、耐久性も初心者にはわからない。すぐ壊れるギターがあるのか、ないのかも大事なのだ!)

 これは、私の推察だが、初心者本を製作しているのが、初心者ではないが故に、初心者には不親切な本になっているのではないだろうか?

 ちょっとやってみようかな、と思ったり、少しチャレンジしてみたいなっと思う人がほしいのは、ある意味、専門用語の解説や、ギターそのものについてのある意味教科書的な本ではないだろうか?

 まあ、それはさておき、気を取り直して本を読んでいくと、タブ譜と楽譜というものがあることに気が付く。もらった雑誌系の本には、楽譜がなくていきなりタブ譜から話は唐突に始まる。

 そもそもどうして、2種類の譜面が存在するのだろうか?いやいや、2種類だけじゃなく、ダイアグラムというのもあるらしい。タブ譜とダイアグラムに共通しているのは、左手フレットのポジションをすぐに把握できるということだ。(最初は左手フレットのポジションの意味すらわからなかったね・・・)

 でも初心者は考える。

 それなら、楽譜は必要ないのか?

 何かすっきりしない。

 確かに左手の動きがわかるほうが簡単でいいけれど、五線譜がわかっている方が、後々楽じゃないのか?両方とも覚えるなんて、面倒だし。

 というわけで、私は楽譜の読み方が最初からわかる本を探すことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギターって大きい

 私が、生まれて初めてギターを持ったきっかけとは・・・。 

結構自由な雰囲気の会社なので、社員が聞きたいCD(音楽は自由にかけてOK)やDVDが社内にあったのさ。その中にアコースティックギターやエレキギターも置いてあったのだ(こんな会社はここだけか?!)

 ギターを置いてる人からは、「自由に弾いていいよ~」、なあんて言ってもらってた。しか~し、ギターなんて触ったことがない私にとって、「弾いていいよ~」は、「轢いていいよ~」にしか聞こえなった。

 あれは、いつだったか、社内に私ひとりしかいない日に、なんとなくアコースティックギターの弦を何気に指で弾いてみた。

 何気に弾いてみた、と書いたが、本当は恐る恐るだったのだ。と、言うのも、ギターには安いギターから何十万円、いやもっとするギターがあって、確かこのアコースティックギターも十万円近くしていたのではないだろうか。(もっとも後にYahooオークションに身売りされてしまったが・・・)

 話は元にもどるが、弦をはじくと、これがまたいい音がするんだね~(音あわせしてるから、当然といえば当然だが)その時の、感想は、「へええ~、やってみたら面白いかもしれない。」だった。これをまた正直にギターの持ち主に言うと、当然のごとく、ちょっとやってみたら?と、言われ、これがギター世界への第一歩になった。(と言うか、なってしまった)

 早速、その日の就業後、ギターを持たせてもらったが(ギターの持ち方も知らなかったのさ)、はっきり言って大きい。

 私は身長161cmだけど、ギターを持つ、というよりはなんだかギターを抱えてるという感じだった。男の人はちょうどいいかもしれないけど、私には大き過ぎる気がした。しかし、他人のギターにただで触らせてもらってるから、文句は言えません。(しくしく)

 ただ、少し弾いてみると何だかちょっと楽しい気がした。

 しか~し、超初心者は経験者に一言いいたい!

 教えてくれるのは、とってもありがたい。ありがたいです!!でも専門用語を使わないでくれ~

 初めてギターを持った者には、フレットがどうとか、ナットがなんやらとか、ペグやヘッドがうんちゃらと言われても、さっぱりわからないのだ。

 教えてもらいながらも、心の中では、本屋(楽器屋か?)に行って、初心者ブックを探さなくちゃと思ってました。私はマニュアル人間なんです。マニュアルがあると安心できます。そして、本があれば、専門用語とか、もっと体の大きさにあったギターの選び方が書いてあると思ってました。ううう~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »