« ギターって大きい | トップページ | エレキギター、フェンダー、ESP、シャーベル »

タブ譜?ダイアグラム??楽譜!

 ギターを始めるにあたって、あまりにも何もかも知らなさ過ぎるっということで、本を買いに行くことにした。しかし、初心者向けの本は結構ありまして、逆に初心者はその中のどれを選んでいいのかわからない。

 うだうだしている私を見かねて、ギター達人が本を2冊プレゼントしてくれた。

 1冊は「これで完璧!アコースティック・ギタの基礎」で、もう1冊は雑誌形式の「超入門 はじめてのアコギ」だった。

 早速、中身を見てみるが、まず、私の最初に知りたかったギターの選び方が載っていない。

 確かに、このギターはこういう音が出る、とか、このギターはパフォーマンスがどうとかは、とうとうと解説していあるが、このぐらいの体格の人に合う大きさのギターはこれが適しているとか、最初はこの程度の値段のギターがいい等は全然書いてない。

 その後も、初心者本は結構チェックしたみたが、どの本にも共通していることは、ギターの長さや重さが案内されていないということだった。どういう材料で、誰が作ったギターだとか、どの楽器メーカーが製造しているという情報も大事だろうけれど、そもそもそういうことを知る以前の、超初心者には、初心者にふさわしく、長い時間持っても大丈夫な重さや持ち運びできる大きさの方が重要なのである。(そうそう、耐久性も初心者にはわからない。すぐ壊れるギターがあるのか、ないのかも大事なのだ!)

 これは、私の推察だが、初心者本を製作しているのが、初心者ではないが故に、初心者には不親切な本になっているのではないだろうか?

 ちょっとやってみようかな、と思ったり、少しチャレンジしてみたいなっと思う人がほしいのは、ある意味、専門用語の解説や、ギターそのものについてのある意味教科書的な本ではないだろうか?

 まあ、それはさておき、気を取り直して本を読んでいくと、タブ譜と楽譜というものがあることに気が付く。もらった雑誌系の本には、楽譜がなくていきなりタブ譜から話は唐突に始まる。

 そもそもどうして、2種類の譜面が存在するのだろうか?いやいや、2種類だけじゃなく、ダイアグラムというのもあるらしい。タブ譜とダイアグラムに共通しているのは、左手フレットのポジションをすぐに把握できるということだ。(最初は左手フレットのポジションの意味すらわからなかったね・・・)

 でも初心者は考える。

 それなら、楽譜は必要ないのか?

 何かすっきりしない。

 確かに左手の動きがわかるほうが簡単でいいけれど、五線譜がわかっている方が、後々楽じゃないのか?両方とも覚えるなんて、面倒だし。

 というわけで、私は楽譜の読み方が最初からわかる本を探すことにしました。

|

« ギターって大きい | トップページ | エレキギター、フェンダー、ESP、シャーベル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/17789258

この記事へのトラックバック一覧です: タブ譜?ダイアグラム??楽譜!:

« ギターって大きい | トップページ | エレキギター、フェンダー、ESP、シャーベル »