« 音叉、調子笛、フェンダーのチューナー | トップページ | MIKI楽器、イシバシ楽器、音符がわかる本(1) »

チューナーが動かずほとほと困る

Fenderのチューナーを買ってきて、早速、チューニングを行う。音が合うと赤い光が緑色に点灯するという親切なつくりだ。も、もちろん音叉も使えばいいのだろうけれど、実音調整なんて無理無理。しばらく音叉は、ギター小物入れの箱の中にお蔵入りとなる。

週1回くらいの割りでチューナーを使って、チューニングを行っていたが、ある日、まったくチューナーが反応しなくなった。

電源は入っているのに、弦を鳴らしても針が全然動かないのである。ジャックの部分をいじったり、シールドを抜いたり刺したりしても針が動かない。

チューナーの電池切れかなあ・・・?

何気に、ソファーにエレキギターを置くと、一瞬、針が動いた気がした。

あれれ?

でも電池を変えても、電源は入るのに針は動かない。どの弦を弾いても、反応が全然ない。う~ん、どうしたらいいんだ。チューナーの故障か?

しょうがないので、シールドを外して、達人に連絡を取る。

達人にその晩、来てもらい、困った事態を説明する。達人はギターを触り、早速、実音で音あわせをする。違うなり!!チューナーを見てほしいのだ。まあ、確かにチューニングもしてほしいけど、今日、見てほしいのはチューナーなのだ。達人は初心者の心をわかってないなあ。実音でチューニングができないから、困っているのだ。

わざわざ、来てもらった達人のためにコーヒーを入れていると、「ちゃんと機械、動いてるよ」などど、のたまう。

「針、全然、動いてなかったけど・・・」と、言いながら、チューナーを見ると、ちゃんと針が音に合わせて、動いていて、光も緑色に点灯している。「ありゃ?おかしいな?」達人のやったことを見ていると、私がしたことと同じことをしていて、エレキギターのジャックにシールドをつないで、そのシールドをチューナーに接続して、チューナーの電源を入れている。

う~ん。腕組みしながら、ギターを見ていると、急に達人がにやにやと笑い出した。

「ボリュームが0(ゼロ)になってたけど、ひょっとして、ボリューム0のまま機械につないだ?

「・・・だって、ボリュームってチューニングに必要ないじゃん。アンプにつなぐ訳じゃないんだからさ。」憮然とした顔で私が言うと、

「関係あるよ」と、言って、じゃらんと弦を弾く。「弦を弾いたら人間の耳には音が聞こえるけど、チューナーに伝わる音は、ボリューム越しの音なんだよ。だからボリューム0だったら、チューナーには何の音も伝わらないんだよ。だから針の反応がなかったわけ。」

「えっ!?でも、今まではボリューム全然触ってなかったけど、ちゃんとチューナーは動いてたよ。」

「たまたまボリュームが5とか8とかにあったんじゃない?」

うっ・・・そ、そういえば、チューニングの前にギターを綺麗に磨いていたのだ。その時にボリュームをいじってしまったのかもしれない。

問題は、確かに解決した。それも、すごい速さで解決した。

でも、なんだか妙に悔しい。こんなこと本には書いてなかったぞ。それともこんなことをしているのは私だけか?

ううう。

|

« 音叉、調子笛、フェンダーのチューナー | トップページ | MIKI楽器、イシバシ楽器、音符がわかる本(1) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/40124516

この記事へのトラックバック一覧です: チューナーが動かずほとほと困る:

« 音叉、調子笛、フェンダーのチューナー | トップページ | MIKI楽器、イシバシ楽器、音符がわかる本(1) »