« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

ESP、BIGBOSS、京都の楽器屋

crying 体調を崩してしまって、先週はブログのアップができませんでした。すみませんsweat01

 4/6(日)は京都の楽器屋さんに出かけました。前もってネットで2件ほどピックアップしてました。

Bigboss1 最初は、ESPの「BIGBOSS京都店」です。距離計測を勘違いして、JR京都駅からてくてくてくてくと歩き(50分くらい歩いたのか?!)、ようやく商店街の中の店舗に到着しました。皆さんは、徒歩で行こうとはせず、素直に阪急線など、交通機関を賢く利用してください。

 このBIGBOSS京都店のスタッフの方は、みなさん、とてもさわやかで気さくな感じの方ばかりで、お店の雰囲気もとてもいいです。

参考までに、「BIGBOSS 京都店」Bigboss2
TEL:075-213-2574
〒604-8036 京都市中京区三条通寺町東入ル石橋町14-8
E-MAIL : kyoto@bigboss.jp
営業時間 AM11:00-PM8:00

http://www.bigboss.jp/kyoto/index.html

3階建ての建物です。

ここは、お勧めですね。

Bigboss3 ボディー材料も壁に陳列してあって、綺麗な虎目やキルト模様をみることができます。

 次に、インターネットで見つけた、お店に移動しました。もう、徒歩で行くことはやんぴして、タクシーで向かいました。

 お店は、京町屋のギターショップ「ライト**」です。

 なぜに一部伏字なのか?それは、行くだけ無駄足だったお店だからです。

 ちょうど、お店に入った時は、中学生くらいの男の子にギターを店主が教えていたのですが、お店に入っても「いらっしゃいませ」と声をかけるわけでもなく、所狭しとほこりっぽいところにギターが並んでいて、エフェクターも値段の表示もなく、並んでるだけでした。

 ホームページのトップには「ぜひご来店下さい!」ってあるけれど、お客が邪魔ならページをアップするな、と言いたいですね。

 と、まあ、楽器屋さんにはいろいろあります。

 この日は、夜から、JR京都駅すぐそばのキャンパスプラザ京都で開催された、苫米地英人博士の講演会に参加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶対音感、共感覚、色聴、それぞれの感覚

 今日、ブログを書こうと思って、正直、何を書こうかと思ったのですが、ふと思い出したのが、大学の心理学の授業でした。

 大学の授業なんて、随分、随分、昔の話ですが、大学で、色と音について、心理学の講義がありました。その時のテキストはもう捨ててしまったのですが、確かテキストの前半部分の右側のページ、下段に音を色で見分けた場合の一覧表が載っていたんですね。

 例えば、ラの音は黄色(だったと思う、違うかもしれないです。不確かな記憶です)とか、この音を聞いたら橙色に見えるという表がありました。なぜ、そのことを記憶しているかというと、その時、講義していた教授が、「もし、この教室の生徒の中で、音を「見る」ことができる人がいたら、ぜひ、名乗り出てください。」とか、なんとか言っていたんですね。

 そのときは、該当者がいても、実験動物扱いされるだけだから、誰も名乗り出るわけないだろうって思ったんですが、過去に1名だけ名乗り出た生徒がいたそうなんです。

 その人は、小さい時はずっと音を色で見る事が出来ていたそうなんですが、成長するについてれ、その能力(能力というのか、感覚というのかは定かではないですが)はなくなったそうなんですが、大学に入学して、ドイツ語の講義を受け出してから、またその感覚が復活したということです。何故かというと、日本語にはない音を聞いたことによって刺激を受けたことが原因らしいです。

 音を色で「見る」ことができたら、微妙な音(半音とか、半音の半音とか)も見分けることができるので、楽器の演奏にはとっても役立つ能力だと思うし、外国語習得の際にも、リスニングで役立つだろうなあって思いますが、いいことばかりではないようです。(ちなみに、音を聴くと色が見えるのを色聴というそうです)

 例えば、絶対音感の持ち主では、聞こえる音が雑音も騒音も全部、音としてドレミファで聞こえるのが苦痛で、ある意味、音の拷問だそうです。

 それでも、ギター超初心者の私には、色聴という感覚はうらやましい限りであります。

 上記の絶対音感の音の拷問については、「もしもあなたが猫だったら?「思考実験」が判断力をみがく」の25ページを一部引用しています。

 また音を色で見れるでは、「洗脳原論」の80ページを参照しています。

洗脳原論
洗脳原論
posted with amazlet at 08.04.01
苫米地 英人
春秋社
売り上げランキング: 2266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »