« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

Ray Gillen CD メモリアル・トリビュート BADLANS レイ・ギラン バッドランズ

某所で販売されている中古CDを、特にあてもなく眺めていると、「Ray Gillen」という題名のCDを発見!!

レイと言えば、連想するのが、JakeとBADLANDS。

Raygillenfaice

さっそく、手にして、ケースの表裏を見ますが、Jake .Leeの文字はなく、レイの5周忌メモリアル・トリビュートというサブタイトルが印刷されていました。

Raygillenout

プロデュースは、ギタリスト兼ベーシストのAl.B.Romanoです。

彼が、1992年に新しいバンドを立ち上げる際に、レイを誘ったこと。AIDSの噂を聞いていたが、気にせず航空券をレイに送って、ニューヨークに呼んだけれど、一目彼を見るなり、病気がすごく重いことが分かったことなどが、ノーツに書かれてます。また、ノーツにはジェイクのことは、一言も書いてないです。まあ、このレコーディングには参加してませんからね。

Raygillenin

ノーツの最後は、次のような言葉で締めくくられてます。「Rock in peace brother Ray Big Daddy Gillen.」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BADLABDS JAKE VOODOO HIGHWAYの広告記事

何気に古いギターマガジンを見ていると、BADLANDSの広告記事を発見しました。

Voodoo

モノクロだけれども、ハードな雰囲気が漂っていて、気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jake E.Lee YoungGuitar1991年7月号 パート2

昨日に引き続き、Jakeの記事について、書きますと、Young Guitar1991年7月号の特集記事では、BADLANDS 「VOODOO HIGHWAY」について、使用機材や、テイクの回数等が語られています。

Jake_guitars

『例えば、「ファットなサウンドにはね、「ラスト・タイム」「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」「シャイン・オン」は、あのギター(シャーベル)。あと、新しく白いジャクソンを手に入れたんだ。シャーベルと同じスタイルだけど、ネックがメイプルだからブライトなトーンが出る。

Jake_use_tool1

「ソウル・スティーラー」「ヘブンズ・トレイン」を聴けばクリアな音だという事が分かるはずだよ。そのほかでは「ウィスキー・ダスト」を引いたジェリー・ジョーンズっていうダン・エレクトロっぽいギターでね・・・、フランキーなサウンドにはピシャリなんだ。それから「3・デイ・ファンク」は白いSG、「ジョーズ・ブルース」はギブソンのJ200。

Jake_use_tool2

アンプはマーシャルの’65年製、’68年製、それに’64年製のJTM45を90ドルで手に入れた。

今は、テイクにしても、だいたい3回・・・、最高で6回ってところだからね。それだけ弾いて納得がいかなかったら、曲を考え直す必要がある。それにソロでは当然フィーリングが大事だろう!?テクニカルな面で凄いことが出来ても、無感情のものは駄目なんだ。逆にフィーリングがあれば納得が行くものさ。これだ!って思える表情が出ればプレイは完成する訳だから、そんなにテイクを重ねない。』、とのことです。

Jake_monokuro

| | コメント (16) | トラックバック (0)

Jake E.Lee ジェイク Young Guitar1991年7月号

Young Guitar 1991年7月号にジェイクの記事の特集があります。

Youngguitar_1991_1

インタビュアーが秋持氏なので、安心してというか、落ち着いて文章を読むことができます。インタビューの内容もしっかりしていて、(秋持氏自身、演奏者ということもあるのでしょうが)なかなか、充実した内容です。

Jake_1991_7 

この画像のESP Customのギターは、私も持っているのですが、他のギターに比べて個人的に非常に扱いやすいです。ヤフオクで手に入れました。ESPからは時折、ジェイクモデルが発売されていますね。

Jake_white_guitar

でも、ジェイクギター、ジェイクモデルと言えば、やっぱり白のボディに黒いピックガードというイメージがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Player 2010年8月号 OZZYの特集 Jakeについて

今月号のPlayer 2010年8月号には、Ozzyの特集記事があります。

Player2010_8

さっそく、中身をチェックしましたが、Jake関連の画像は残念ながらありませんでした。

Ozzy

Jakeについても、言及しているのは2行ほど。

Kiji

ただ、Jakeについての発言が、少しでもあるのはうれしいことですけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »