« Jake E.Lee ジェイク Young Guitar1991年7月号 | トップページ | BADLABDS JAKE VOODOO HIGHWAYの広告記事 »

Jake E.Lee YoungGuitar1991年7月号 パート2

昨日に引き続き、Jakeの記事について、書きますと、Young Guitar1991年7月号の特集記事では、BADLANDS 「VOODOO HIGHWAY」について、使用機材や、テイクの回数等が語られています。

Jake_guitars

『例えば、「ファットなサウンドにはね、「ラスト・タイム」「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」「シャイン・オン」は、あのギター(シャーベル)。あと、新しく白いジャクソンを手に入れたんだ。シャーベルと同じスタイルだけど、ネックがメイプルだからブライトなトーンが出る。

Jake_use_tool1

「ソウル・スティーラー」「ヘブンズ・トレイン」を聴けばクリアな音だという事が分かるはずだよ。そのほかでは「ウィスキー・ダスト」を引いたジェリー・ジョーンズっていうダン・エレクトロっぽいギターでね・・・、フランキーなサウンドにはピシャリなんだ。それから「3・デイ・ファンク」は白いSG、「ジョーズ・ブルース」はギブソンのJ200。

Jake_use_tool2

アンプはマーシャルの’65年製、’68年製、それに’64年製のJTM45を90ドルで手に入れた。

今は、テイクにしても、だいたい3回・・・、最高で6回ってところだからね。それだけ弾いて納得がいかなかったら、曲を考え直す必要がある。それにソロでは当然フィーリングが大事だろう!?テクニカルな面で凄いことが出来ても、無感情のものは駄目なんだ。逆にフィーリングがあれば納得が行くものさ。これだ!って思える表情が出ればプレイは完成する訳だから、そんなにテイクを重ねない。』、とのことです。

Jake_monokuro

|

« Jake E.Lee ジェイク Young Guitar1991年7月号 | トップページ | BADLABDS JAKE VOODOO HIGHWAYの広告記事 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

失礼します。
何気に検索してたどり着きました。

BADLANDS時代はほぼ持っていますが、見たことの無い記事もあり非常に興味深いものでした。

私のHPにBOOTコレクションを掲示しておりますので、よろしければ遊びに来て下さい。
http://hardrockbandxexu.com

突然失礼しました。

投稿: XeXu-Masa | 2010年9月11日 (土) 11時17分

コメントありがとうございます。
ホームページ見に行かせてもらいました。
コレクションがよく出来ていて、参考になるというか、知らないことが沢山あって、楽しませてもらいました。時々訪問させて頂きますね。ライブも神戸でやられているみたいですので、機会があれば見に行きたいと思います。また、Jake情報楽しみにしています。

投稿: 管理人 | 2010年9月11日 (土) 23時51分

ありがとうございます。
是非LIVEも見に来て下さい。
今年の5月頃に突然BLACK SABBATHのTHE ETERNAL IDOL RAY GILLEN MIXが出ましたよ。
BOOTですがプレス版ですし、完成直前でGソロもほとんど入った状態で音質も既発物とは随分違います。
ただBADLANDSみたいにソウルフルに歌い上げてないのでBADLANDSのRAY好きにはどうかと思いますが・・・。
貴重な音源です。
ヤフオクで入手しました。

投稿: XeXu-Masa | 2010年9月12日 (日) 10時01分

Masaさん、貴重な情報ありがとうございます。私も探してみます。しかし、やはりRayはソウルフルでなければ・・・と思ってしまいますから、聞きたいような聞きたくないような・・(^-^;

投稿: 管理人 | 2010年9月12日 (日) 23時19分

BLACK SABBATHには合ってますが、RAYと考えれば微妙です(笑)。

それとBADLANDSの1.2枚目のスコア持ってますよ。

必要であれば直接連絡下さい。

HIGH WIREのギターソロなんか間違いだらけで結局耳コピしましたけど(笑)。

投稿: XeXu-Masa | 2010年9月13日 (月) 08時59分

Masaさん、コメントありがとうございます。やっぱりあるところにはあるんですね(笑)。ちょうどこのブログを見てくれた知人からも連絡をもらって、実家においてあるから今度持ってきてくれるという話になりました。(v^ー゜)ヤッタネ!!しかし、万が一なかった場合はMasaさんにお願いしますので、処分しないでいて下さいね。まあ、私が持ってもコピー出来る腕前ではないのですが、いつの日か・・・と、夢見ることは出来るので・・o(*^▽^*)o

投稿: 管理人 | 2010年9月14日 (火) 18時33分

良かったですね、私が渡せるのはコピーになってしまいますから・・・m(_ _)m

がんばって完コピって下さい。
簡単な曲はありませんが・・・絶対無理な曲も無いですから!!

因みにアンルイスのスコアも持ってます、JAKE参加曲は2曲で欲望とASIAN BLUEのみですが(笑)。

後、89年のBADLANDSで来日時のJAKE使用機材も分かりますよ(笑)。

投稿: XeXu-Masa | 2010年9月14日 (火) 23時34分

Masaさん、コメントありがとうございます。ちょっと仕事が忙しくって、帰って寝るだけになってまして・・o(;△;)o
がんばって練習しますので、またお願いします~!!取り急ぎお礼までm(_ _)m

投稿: 管理人 | 2010年9月17日 (金) 22時51分

お忙しい様ですね、がんばって下さい。

Marshall JCM800 1987を入手しました。

50wですが爆音アンプです(笑)

小ネタ
2枚目のアンプが並んでる写真、右端の2台重ねの2台が89年来日時に使用してたアンプですよ。

上段がJCM800 1959(ジム・マーシャルからのプレゼント品なんで多分88年ぐらい?)

下段は赤の箱だけ新品の1959 SUPER LEAD 100 スクエアスイッチなんで70年代やと思いますが・・・。

実際は上段だけで下段は予備です。

小ネタでした(笑)


投稿: XeXu-Masa | 2010年9月23日 (木) 04時26分

Masaさん、コメントありがとうございます。
やっぱりJCM800って特別なんでしょうね。1987年ということは、当時のものを中古で手に入れたという意味ですよね?私も色々とギター雑誌を読んでは楽しんでますが、プロの方でも50Wを使う方が多いようですね。素人的には100Wを使った方がパワーがありそうな気がするんですが、50Wの良さというものがあるんでしょうね。
ジェイクのアンプの件、小ネタというにはマニアックすぎますね(笑)ほんと、お詳しくって感謝してます。m(_ _)m私も小ネタを持てるようにがんばります!!またお願いします。

投稿: 管理人 | 2010年9月23日 (木) 22時47分

どーもです。
JCM800 1987の1987は製造年ではなく型番です、JCM800は6種類ありまして100wタイプは2203、1959、2210で50wが2204、1987、2205となります。
ただシリアルがV~なので偶然1987年製ですが(笑) ちょっとややこしいですね(苦笑)

中古を買いました、リシュー物が現行でありますがサウンドが多少違います、やはり80年代のメタルシーンを支えた名機ですから、オリジナルが欲しくて(笑)

ライブハウスで使うには50wぐらいで十分なんですよ、現在100wですがマスターヴォリュームは4前後なんで持て余してます。

また小ネタを披露しますね、OZZY時代が好みですかね?(^0^)

投稿: XeXu-Masa | 2010年9月24日 (金) 00時54分

Masaさん、レスが遅くなってすいません。仕事と行事と会社の方のお葬式などが続いてしまって、PC立ち上げる元気もありませんでした。型番理解しました。ギターも何年製とか、シリアルがどうとかありますけど、アンプもそうなんですね。とてもじゃないですが覚えられませんが・・(^-^;アンプも私はまだ知人にもらった10Wのものですが、それでも結構家で弾くには大きな音がでますから、50Wや100Wなんていうとガラスが割れそうですね。また小ネタを楽しみにしています。JakeネタならいつのものでもOKですので・・・それでは・・

投稿: 管理人 | 2010年9月30日 (木) 21時06分

あまり無理しないように・・・。
倒れますよ(汗)
さて、小ネタです(笑)
かぶらない様に過去の記事を拝見しました、ピックについて書いてありましたので、JAKEピックネタで(笑)
JAKEは基本FENDER製のティアドロップ型EXTRA HEAVY(1.2mm)が好みの様です。
84年頃、89年頃も上記FENDERです。
ただ86年頃はJIM DUNLOP製のティアドロップ型オリジナルピックを使用しています。
厚さは1.12mm
厚さ等不明ですが91年頃もオリジナルを使用していました。
サインと裏にDAG THE GIBLETSと入っていました。
そういえばDAG THE GIBLETSですが、私の所有物は日本版で字幕はありませんが、翻訳解説書付きですよ。
マニアックな小ネタでした(笑)

投稿: XeXu-Masa | 2010年10月 1日 (金) 00時12分

Masaさん、小ネタ(笑)ありがとうございます。
ピックって多くのギターリストがティアドロップ型を使ってるみたいですね。私はまだまだ素人なのでどれがいいとか、どれがあうとか、それすらわかりませんが、Jakeのように厚いピックでは弾きにくいということはわかりました。(^-^;そう言えば以前私の知人に教えてもらったのですが、コンサートの日はなるべく早く会場に入って、ステージに近い席のあたりを見渡せば、本人のピックを拾うことができると・・・リハーサルの時に使ったピックが結構飛ばしてあるらしいと聞きました。その話を聞いてからライブ会場で試してみましたが、確かにありましたよ~(笑)私にとっての小ネタでした。

投稿: 管理人 | 2010年10月 3日 (日) 22時40分

ご無沙汰しております、PCが故障しまして買い替えとなりました。


ライブでピック等を入手した事はありませんね~、羨ましいです。
   
     
では、毎度の小ネタを(笑)

PU(ピックアップ)について

お持ちのESP製JAKEモデルはフロント・センターがDimarzio SDS-1、リアがSeymour Duncan SH-4 JBだと思いますが、

あの白いストラトのPUはフロント・センターはSDS-1ですが、リアは Seymour Duncan SH-AH1 AllanHoldsWorthModelです。

本人曰くDuncanがHoldsWorth用に手巻きで作った20個のうちの1個だそうです。

80年代は製造販売しておりましたが、現在販売中止になってます。

    
が!!!!
    

Custom Shopに特注出来、現在でも入手可能です、定価¥35000納期4ヶ月となります。

肝心のサウンドですがアンプやエフェクターのセッティングにもよりますが、まんまあの音が出ます。

ダブルポールピースで12個全て可動しますから細かいセッティングが可能です。

更に非常に指先のニュアンスまで表現します、言い替えれば非常にシビアで誤魔化しが効かずミスをきっちりミストーンとして正確に出します(汗)

決して扱い易いPUではありませんがJAKEサウンドを再現するには欠かせない物だと思いますよ(^0^)
   
小ネタでした~。

投稿: XeXu-Masa | 2010年10月14日 (木) 17時21分

Masaさん、こんばんは。
PCクラッシュですかあ・・余計な出費でしたね。機材が買えたのに・・(笑)

小ネタありがとうございます。って、私にとっては大ネタですが・・。
ピックアップってそんなに違うものなんですね。素人の私には雑音が入っているかどうかくらいはわかっても、音の違いや弾き方による違いなんて、さっぱりです(^¥^;

その違いがわかるようになると、もっと面白くなるのでしょうね。地道に研究します。今回もありがとうございました。

投稿: 管理人 | 2010年10月15日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/48863725

この記事へのトラックバック一覧です: Jake E.Lee YoungGuitar1991年7月号 パート2:

« Jake E.Lee ジェイク Young Guitar1991年7月号 | トップページ | BADLABDS JAKE VOODOO HIGHWAYの広告記事 »