« BURRN! 1988年3月号 ジェイク BADLANDS始動の小さな記事 | トップページ | 1996年9月号 BURRN! ジェイクの記事 »

地獄の講義録 小林信一著 ジェイク Jake E.Lee

 楽器屋さんに行くと必ず書籍コーナーにも立ち寄るのですが、前から気になっていたシリーズがありました。小林信一氏著の「地獄シリーズ」です。

Hellclass

 表紙の強烈さに、ちょっと躊躇を感じていたのですが、(どうもこの表紙を見ると、かの偉大な梅図かずお氏や御茶漬海苔氏を連想してしまうのです:両氏ともすごく尊敬していますが、どうもインパクト強すぎ!)とうとう興味を抑えきれずに、中身を見ました。

 なんとわかりやすい教本なのか!!

 最初から最後まで一気に立ち読みしてしまい、そして気がつくと購入していました。小林氏の軽妙かつ含蓄たっぷりの講義録は本当にお勧めです。

 そして、ジェイクもしっかり紹介されています。ジャイクのページでは、「月に吠える」の解説とともに、ジェイクが紹介されています。解説では、下記の文章に笑ってしまいました。「・・・何と言ってもこの疾走感(月に吠える)をどこまで再現できるかがカギ。オリジナルのテンポはBPM=147ぐらいで、16分音符を刻み続けるには少々リズム・キープが難しく、持久力と試される筋肉リフだ。さらに弾いてみて初めてわかる、伝統の家宝=超絶ストレッチが初心者を奈落の底に突き落とす。・・・リフに限らずジェイクの曲は”魅せる”ことを第一に作られているので、少々キツくても笑顔でプレイすることが大事だ。移動の激しいリフのため、けがには注意!」

Hellclass_jake

 ホント、けがには注意ですね。

|

« BURRN! 1988年3月号 ジェイク BADLANDS始動の小さな記事 | トップページ | 1996年9月号 BURRN! ジェイクの記事 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

どもども!

確かにJakeはキツいフレーズが多いですね・・・。

しかも笑顔だけでなく派手なアクションも必要ですからね(笑)

Ozzy時代なんかは特にカッコええけど、冷静に自分がやる事を考えたら・・・

あのアクションは異常ですわ・・・。


投稿: Masa | 2010年11月26日 (金) 17時09分

Masaさんコメントありがとうございます。
確かにアクションもポイントですね~
しかし・・・Ozzyに蹴られたり、髪をひっぱられたりするパフォーマンスは辛いですね。Ozzyを蹴り飛ばすパフォーマンスなら楽しいかもしれませんが(笑)

投稿: 管理人 | 2010年11月26日 (金) 23時47分

わはははは(笑)

Ozzyを蹴り飛ばしたら一発クビなんでしょうね(笑)

しかし、蹴られて回転しながら弾いてるんですから・・・・

やっぱり異常(笑)

投稿: Masa | 2010年11月27日 (土) 00時32分

Masaさん、コメントありがとうございます。
確かに、ジェイクのすごいところは、弾きながらOzzyのちょっかい(攻撃??)をうまく受けつつ、流して、見せ場にしているところですね。しかし、Ozzyに噛みつかれたくはないですね~コウモリ菌に感染するかも。わははhappy01

投稿: 管理人 | 2010年11月28日 (日) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/50131521

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄の講義録 小林信一著 ジェイク Jake E.Lee:

« BURRN! 1988年3月号 ジェイク BADLANDS始動の小さな記事 | トップページ | 1996年9月号 BURRN! ジェイクの記事 »