« ジェイクのギターピック | トップページ | BARK AT THE MOON 楽譜の違い »

あけまして、おめでとうございます! BURRN!創刊おめでとう Jake E.Lee

 あけまして、おめでとうございます。

 昨年は、いろいろな方にこのブログを見ていただき、またお忙しい中、コメントまで寄せていただきまして、本当に、本当にありがとうございます。

 遅くなりましたが、皆様!新年、あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 おめでたい、ということにひっかけまして、BURRN!の創刊おめでとうの表紙で、このページを飾りたいと思います。

Burrn1984_10

 創刊号って結構、ページ数が少ないのですね。

 これは、ようやく手に入れることができた創刊号です。

Jakeandozzyandother

 OZZYの特集があり、雑誌の最後には、「CLOSE UP ARTIST」ということで、1958年生まれのジェイクとエイドリアンが1ページずつ掲載されています。

 写真の下には、BURRN!編集部が本人に渡した質問票と回答が掲載されています。実際に本人が記入した質問票(小さい画像なので、このブログにはUPしてません)と日本語訳の質問・回答が掲載されてますが、日本語訳には、本人が回答を記入した際の、アンダーラインまで、訳されていないのですね。本人が、ここを強調したいということで、アンダーラインを引いている場合は、そこを太字とか強調して、訳してほしいです。

Burrn1984_10_jake

 では、ジェイクはどこにアンダーラインを引いているかといいますと、

質問19番「あなた信条」:回答「自分のやりたいことをやれ」、実際の記入では、

19. What is your life policy(philosophy)?

   Do what you want to do I have fun.

 です。ひょっとしたら機種によっては文字化けするかもしれませんが、ジェイクは「want」にアンダーラインを引いて、質問に回答しています。

|

« ジェイクのギターピック | トップページ | BARK AT THE MOON 楽譜の違い »

音楽」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
 
創刊号っすか~  懐かしいっすね~
 
ジェイク若っ(笑)
 
今年もよろしくです。
 

投稿: Masa | 2011年1月 5日 (水) 21時22分

Masaさん、早々のコメントありがとうございます。

あけましておめでとうございます~。

確かに若いですね・・・(o^-^o)

今年も宜しくお願い致します。

投稿: 管理人 | 2011年1月 6日 (木) 21時23分

管理人様
あけましておめでとうございます。


正月休み中、OzzyのRock'nroll revelを
コピーしていました。
この曲はギターソロが始まるまで3つほど、
小ソロ的なフレーズがありますが、
そのすべてがタイミングをわざと?取り
づらい弾き方で弾いている様に思います。
難易度高しです。
繰り返し練習してタイミングがあって
弾けるようになった時は、思わずにやけた
のと”JAKEスゲー(笑”の感想でした。


才能(こんなフレーズを作ることや
テクニック)とはこういう事を言うのだと
改めて思いました。
もちろんものすごい努力しているイメージ
がありますが。。。

JAKEも良い年を迎えているんでしょう
かね・・・

投稿: abythankyou | 2011年1月 9日 (日) 20時57分

abythankyou様

おめでとうございます。
そして、コメントありがとうございます。

私はまだギター初心者なので、詳しいところはわからないのですが、Jake好きの知人ギター少年(おじさん・・笑)が、同じような話をしてました。

「普通に聞こえるフレーズでも、裏に細かいピッキングやフィンガリングが入っているし、何しろタイミングがややこしい」というようなことを・・・

私も今年、がんばって1曲チャレンジしようと思ってますので、またご報告しますね。

投稿: 管理人 | 2011年1月12日 (水) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/50492540

この記事へのトラックバック一覧です: あけまして、おめでとうございます! BURRN!創刊おめでとう Jake E.Lee:

« ジェイクのギターピック | トップページ | BARK AT THE MOON 楽譜の違い »