« Player 2011年8月号 オジーインタビューand ギタリストストーリー | トップページ | Jake E.Leeのサンディエゴ物語 »

GUITAR 1984年6月号 あまり納得できないJakeの記事

 ギターマガジンの1984年6月号を手に入れました。

Guitar1984jun

 画像処理をしていて気付いたのですが、フォーカスがきちんと合っていないので、いまいち奇麗に撮影されてませんが、ご勘弁を。

 と、言うのも、あまり面白くないジェイクの記事だったのです。(と、ちょっと言い訳)

 特集記事が組まれてまして、「オジー・オズボーンを支えた4人のギタリスト」ということで、トニー・アイオミ、ランディ・ローズ、ブラッド・ギルス、ジェイクが特集されてます。

Guitar19841

しか~し、この記事はどうも、納得できない部分があります(個人的に)

たとえば、26ページには、「「月に吠える」の間奏のギター・ソロなどを見ても、テクニック的にはまだランディの足元にやっと及ぶ(このやっと及ぶに強調の点がご丁寧にも打ってあるのです!)といった程度にすぎないようだ。・・・・」とか、27ページの「・・・それでもやはり、強力なオリジナリティに欠けるという点は否めないし、テクニック的プラスαとともに今後の課題のひとつであろうと言えるだろう。最後に、”それでもジェイクは頑張った”と題して譜例3を紹介する・・・・云々」とあります。

だれが書いた記事なんだい!!と思ったのですが、この記事を書いた人の名前を発表するのは、フェアじゃない気がしたので、書かないです。

ぷん!

pout

|

« Player 2011年8月号 オジーインタビューand ギタリストストーリー | トップページ | Jake E.Leeのサンディエゴ物語 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんわ。
84年だから評価が低いのは、記者はjakeのテクに気づいていないorランディの信者だからでしょうね。

私なんかjakeから入ったので一発でノックアウトでしたね。

実は、ギターやりたいって思ったのはブラッドのnight rangerのJAPANツアーの当時liveがレーザーディスクで楽器店に流れていて最初から最後まで友達と2回繰り返し見た記憶があります。
ギターを買っても、はじめはアームを使ってばっかりいましたけど、jakeに触発され?てアーム止めたところ、ビブラートとかを覚えた記憶があります。


今になってギター弾いていると、いろいろ計算されたフレーズや、わざとテンポをづらして弾いているソロなどが飛び出していて、わかりにくい(難しい)のはjakeが一番だと思いますね。その分カッコイイし、コピーしたときに達成感がありますね。


なんかjakeのソロが普通に弾けると個人的にはおおおっっ!!!て思います。

投稿: abuthankyou | 2011年7月11日 (月) 22時05分

管理人様
ここでコメントするのは初めてなので、はじめまして・・・ですね。

僕もabuthankyouさんのコメントのとおりだと思いますね。当時の雑誌等に掲載されたJakeのスコアを見ても、かなり間違ったものが多いところから見ても、ちゃんと理解していなかったが故の評価だったと思います。
僕もギターを弾きますが、Jakeは難しくて、未だに弾けません。あんな風に弾けるなら僕は今頃日本にはいませんね(笑)
しかし・・・Jakeは何をしてるやら・・?復活はないのでしょうねぇ・・・。

投稿: 音法 | 2011年7月12日 (火) 00時11分

abuthankyouさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。私の愚痴のようなブログにコメントいただいて、ありがとうございます。しかし、abuthankyouさんのコメントを読んで、溜飲の下がりました。ありがとうございます。

しかし、ジェイクのソロが普通に弾けるなんて、カッコいいです。すごいなあ。

投稿: 管理人 | 2011年7月12日 (火) 23時24分

法音さん、コメントありがとうございます。

確かに仰るように、スコアは違ったものがありますね。スコアについては、以前も、このブログのトピックスにしたことがあります。

ジェイクは本当に、今、何をしているのでしょうね。ファンとしては、ぜひとも復活してほしのですが・・・。

投稿: 管理人 | 2011年7月12日 (火) 23時25分

>しかし、ジェイクのソロが普通に弾けるなんて、カッコいいです。すごいなあ。

→なんかjakeのソロが普通に弾ける人を見るとの間違いでした(笑


だけど月吠は当時ものすごく評価が高かったのに・・・この記者はたぶんギターを弾いていない人なんだ(笑
と思います。

投稿: abuthankyou | 2011年7月13日 (水) 00時44分

abuthankyouさん、コメントありがとうございます。

>→なんかjakeのソロが普通に弾ける人を見るとの間違いでした(笑

とのことですが、これは謙遜の表現ではないですか、と私はにらんでいます。うほほ。happy01

私もabuthankyouさんが仰るように、この記者はギターを弾いてないと思います。でも、ひょっとしたら、後日、この記者は脂汗を流していたかもしれまんね。

投稿: 管理人 | 2011年7月13日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/52172746

この記事へのトラックバック一覧です: GUITAR 1984年6月号 あまり納得できないJakeの記事:

« Player 2011年8月号 オジーインタビューand ギタリストストーリー | トップページ | Jake E.Leeのサンディエゴ物語 »