« ジェイク サンディエゴ物語、最終回 | トップページ | Guitar Magazine 1991年8月号 Jake特集パート2 »

Guitar Magazine 1991年8月号 Jake Voodoo Highway

 お久しぶりのブログです。

 ジェイクネタを探して、うろうろしてました。

 ということで、今日は、最近見つけたGuitar Magazineの記事を紹介します。

Guitarmagazine19918

 BADLANDSの特集が組まれています。

 Voodoo Highwayの発売記念の記事です。

Jakesmile

 画像がちょっと斜めになってしまいました。すみません。

 8ページにわたって紹介されていますので、今日、明日と二日に分けて、内容を紹介します。

 Fourmen

 記事の内容は、ドラマーが変更になって新しい人が加入したいきさつと、Voodoo Highwayの紹介です。

 ジェイクは、それぞれの曲についてコメントしてまして、ざっと紹介いたしますと・・・。(曲名は記事の中でカタカナ表記されていますので、それにそっています)

1.ラストタイム「これは、レイと僕が一緒に書いた3曲目の曲なんだ。まだグレッグもメンバーになってない頃のことで、初めてふたりでジャムった時にできたというわけさ。ベーシストのオーディションにこの曲を使ったんだけど、50人ものオーディションをやれば、もう聴きたくなくなってしまって、1stアルバムには入れなかったんだ。」

2.ショー・ミーザ・ウェイ「レイが僕の留守番電話にリフの部分をうたって吹き込んできたんだけど、結局この曲は電話越しに出来上がったって感じだね。彼はNYで、僕はLAにいたから、大陸を越えて生まれた曲ともいえるな。」

3.シャイン・オン「個人的にとても気に入っている曲だ。レイが歌詞を書いたんだけど、行き場をなくした思いが救いを求めているっていう内容は、もともと僕のアイディアだったんだ。」

4.ウィスキー・ダスト「僕はただリフを引いただけで曲に仕上げるつもりはなかったんだけど、レイがそうしろってさ。タイトルはNYにある店の名前で、レイの昔の彼女が勤めてたところでもあるんだ。で、曲の内容は、ストリッパーになってしまった、レイの別の昔の彼女に関するものなんだ。」

5.ジョーズ・ブルース「ジョーってのは、デイヴ・リー・ロスバンドのジョー・ホルムズのことなんだ。彼がセットアップしてくれたアンプから出たノイズをもとに書いたんだけど、一種のジョークさ。」

6.ソウル・スティーラー「僕たち風の味付けをした、ベーシックなブルース。これも気に入っている曲だね。」

7.3デイ・ファンク「タイトルと詞の内容に関連性はないよ。作業中、”あの曲”とか”新曲”という代わりにつけた題名をそのまま最終的なタイトルにしたんだ。」

8.シルヴァー・ホース「銀の馬っていうのが、曲の主人公の逃避のやり方なんだ。責任や義務からの逃避さ。つまり、車やバイク、金属でできた馬になる、みたいなね。」

9.ラヴ・ドント・ミーン・ア・シング「この曲と「3デイ・ファンク」はトラビーズ(グレン・ヒューズがディープ・パープル加入以前に在籍していたバンド)風のところがあるね。メンバー全員、グレン・ヒューズが大好きなんだ。」

10.ヴィードゥー・ハイウェイ「僕がスタジオでアコースティック・ギターを何気なく弾いていたらレイがそれに合わせて歌い始めて、それにジェフがタンバリンで拍子をつけて・・・。最初は”Crossroads Blues"っていうタイトルだったんだけど、アルバムのタイトル・ソングが必要だったもんで、これが「ヴィードゥー~」になったわけ。」

11.ファイアー・アンド・レイン「ツアー中のサウンド・チェックの曲がフリーの「「ファイアー・アンド・ウォーター」だったんだけど、ある日レイが言い間違えて「ファイアー・アンド・レイン」(ジェームス・テイラーの曲)をやろうって行ったんだ。で、賢明な僕は、その曲を弾き始めた。そうしたらけっこう良くてアルバムにも入れようってことになったんだ。

12.ヘヴンズ・トレイン「この曲の大部分はグレッグが書いたんだ。街で話題になっていた娘が突然姿を消すという内容なんだけどね。」

13.イン・ア・ドリーム「アルバムのエンディングに使える曲が欲しいなあって思ってたんだけど、そんな時、れがこの曲を僕の娘に子守唄代わりに歌っているのを聴いたんだ。これは一発録りだね」

Twomen

|

« ジェイク サンディエゴ物語、最終回 | トップページ | Guitar Magazine 1991年8月号 Jake特集パート2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

管理人さま。
ブログアップお疲れ様です。
私はバッドランズ疎いんですが、3day云々っていう曲のタイトルを見たとき、3 Day Crush で活動?している最近のjakeを思い出しました。
あと、ジョーズ・ブルースって言う曲の中でコメントしている”ジョーってのは、デイヴ・リー・ロスバンドのジョー・ホルムズ~”ってあるんですが、例のozzyバンドに加入するジョー・ホームズのことですよね。
彼はjakeのギターテクだったみたいですね。
Randyの教え子だったりとか、世間は狭い的な・・・
羨ましいです(笑

投稿: abuthankyou | 2011年8月17日 (水) 00時47分

abuthankyouさん、こんばんは。

コメントありがとうござます。

>”ジョーってのは、デイヴ・リー・ロスバンドのジョー・ホルムズ~”ってあるんですが、例のozzyバンドに加入するジョー・ホームズのことですよね。
彼はjakeのギターテクだったみたいですね。

詳しく教えていただいて、ありがとうございます。今回の記事は、人名とか曲名がアルファベット表示じゃなくて、カタカナだったので、ぴんとこなかったのですが、abuthankyou さんの仰る通りですよね。

今日も、また、新しく記事を掲載しましたので、機会がありましたら、ご覧ください。

いつまで、ジェイクネタを続けていくことができるのか。ちょっとだけ不安に思ったりする今日この頃です。

投稿: 管理人 | 2011年8月17日 (水) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/52485026

この記事へのトラックバック一覧です: Guitar Magazine 1991年8月号 Jake Voodoo Highway:

« ジェイク サンディエゴ物語、最終回 | トップページ | Guitar Magazine 1991年8月号 Jake特集パート2 »