« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

ギターいろいろ

 ギターと言えば・・・。

 きっとギターという言葉を聞けば、エレキギターや自分がファンのギターリストモデルを連想したり、好きな曲なんかを連想すると思います。

 私はギターリストという言葉を聴いたり、見たりすると自動的にジェイクを連想してしまうのですが、今でもジェイクモデルはabuthankyouさんもコメントで仰るように、人気がありますよね。

 少し前ですが、近畿エリアの某、楽器屋さんでESPのジェイクモデルを発見しました。

 Jakemodel

 おおお。という感じですね。

 男性が試奏していて、次の違うギターの試奏になった時にすかさず撮影したものです。すごく綺麗ですし、それにヘッドにはジェイクサインがロゴとして入っていました。

 お値段は二十万円弱。

 う~ん。(心は揺れ動く)

 しかし、この時は店員さんは試奏していた男性客に一生懸命、このジェイクモデルを売り込んでいましたので、あまり心惑わされずに楽器屋を後にすることができました。この時は、店員さんだけでなく、店長さん?らしき人まで登場してきて、複数で男性客の方は囲い込まれてましたが、その後、その人は無事に脱出できたのでしょうか? それともお買い上げされていたのでしょうか?

 それはさておき、私はあまりに綺麗すぎるギターはちょっと躊躇してしまうところがあります。たとえば、Paul Reed Smith。今は廉価版も出ていますが、ちょっとお値段の張るものはなかなか、美しいです。このシリーズには、やたらめったら、ボディが美しいものがありますよね。キルトトップが芸術的なほど綺麗なものは、傷をつけるのが怖くなって触れません。まあ、ギターは演奏する過程において、傷が入るものなのですが、あまりに綺麗なギターは傷をつけるのが怖いです。それゆえ、触れません。

 最近はこのPaul Reed Smithに迫る勢いで、綺麗さを全面に出していると私が感じてているのが、T's Guitarsです。

 T's Guitarsのギターのキルトトップの美しさは、もう芸術的ですね。

http://www.guitar-shop.co.jp/

 見ているだけで、ひゃあああ、とうっとりしておりますが、これも弾くのが怖くなるタイプのギターです。絶対に傷つけられないですからね。綺麗すぎるのも問題ですよね(こんなこと思うのは私だけか??)

 以前、東京でZEMATISの何百万円もするギターを見たことがありますが、ZEMAITISの場合は、綺麗というより、中世の身分の高い貴族の甲冑のような感じがします。まあ、ZEMAITIS自体、甲冑のように重いですが・・・。

 ただ、シェルをあのようにボディなどに装飾しているのはすごく美しいとは思います。大阪でも、東京ギターショーのようなショーはないのかな?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

Player 1986年6月号 Jake ジェイク 特集じゃなく・・・

 1986年6月号のPlyaerを手に入れました。

Player19866

 表紙にも「Jake E.Lee」の文字が一番上にあります。

 そこで、中身を見ずにブックオフで購入したのです。

 家に帰って中身を早速チェックしようと表紙をまじまじと見ると、「Jake E.Lee」の文字の上に「CALENDER」という文字があるじゃないですか。

 もしや!!!

 そう、確かに表紙はジェイクですが、ジェイクの特集記事の案内ではなく、カレンダーがジェイクってことなんですね。

 それも!!!

 中古雑誌の悲しさというか、よく確かめなかった私もいけないのですが、そのカレンダーはついてなく・・・うううう。何のために購入したのか。

 しかし、表紙にジェイクがいるだけでもいいのかもしれないと(悲しく)割り切り、中の記事を読んでいきました。

 するとギタープレゼントという記事がありました。

Present

 時はバブルの時代だったのでしょうか?

 今では絶対にないようなプレゼントですね。それもプレゼントは「Jake E.Lee」モデルという贅沢極まりないプレゼントです。当選者は一名です。

 しかし、どうしてギタープレゼントなのにカラー記事ではないのでしょうか?不思議だ。プレゼント記事には「(株)フェルナンデスの御協力により、ジェイク・E・リー・モデルを1名様に差し上げます。(ひゃあ、うらやましい)写真ではわかりにいけど、カラーはパープル・サンバースト。ブリッジに注目!!ちゃんと型を起こして作ったんだよ・・・」とあります。

 当選者の方はきっと家宝にされていることでしょう。それとも流れ流れて、今は当選者の方以外の人がお持ちなのかもしれませんが。いいなあ、いいなあ。

 このプレゼントページ以外には、ジェイクの画像が1つだけありました。

Jakewhiteandblack

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SUPER ROCK TUITARISTS ジェイクのページ Jake

YOUNG GUITARの「SUPTER ROCK GUITARISTS」を手に入れました。発行は2002年です。

Superrockguitarists

 ロックギタリスト特集ならジェイクは載っているはず! という確信のもと、ページをチェックしているとありました!

 66ページに下の画像のように掲載されています。

Jakespagemini

 まあ、内容は、毎度おなじみの小さいころから現在に至るまでの経歴がざっと紹介されています。

 現在に至ると言っても、この本の発行が2002年ですので、紹介は「A FINE PINK MIST」までです。

 小さな紹介ですが、ジェイクが掲載されていたということで、アップさせていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Player 1987年2月号 ジェイク Jake E.Lee特集記事

 Playerの1987年2月号を手に入れました。

Player19872

 ジェイクの特集記事が組まれているのですが、サウンド等のことで、へええ~と思うようなインタビュー記事でした。一部抜粋して(それでも、長くなりますが)、御紹介いたします。

まいどお馴染みだとは存じますが、インタビュアーはQ、ジェイクはJです。では…。

Jakeandozzy

--------------------------------------
Q:まず、ステージに上がっている時は、どんなことを考えているのか教えてほしい。ギターの交換とか曲ごとに変わるように思える君の役割とか…。オープニング・ナンバーは”月に吠える”だけど、これってサウンド・チェック用なのかな?

J:そういうふうに考えたことはなかったけど、確かにそうだね。そこでモニターを調整するから。僕たちの場合、サウンド・チェックをする暇がないんだ。ステージをセットアップするのにものすごく時間がかかるからさ。もちろん、あらかじめステージに上がって、ペダル・ボードのエコーのリピート・スピードのチェックはするけどね。

Q:前にインタビューした時、今回のツアーのボード・テープはあまり聴かなかったって言ってたけど…。

J:前回のツアーではいつも聴いていたんだけど、今回のサウンド・マンはボード・テープ(ミキサー卓からライン録りしたカセット・テープ)を作っていないんだ。以前は全部のショーを聴いていたよ。

Q:ボード・テープで何がわかるの?

J:ちょっとしたこと。バンドをもっとタイトにした方がいい部分とか、誰かがやっていることが決まっていないとかね。だいたいは自分のまずいプレイだね。そういうのは自分の部屋で練習する。自分でまずいと思っていたことがまずくなかったり、自分ではなかなかだと思っていたプレイがひどいサウンドだったりすることもあるんだ。ボード・テープが僕にとって唯一のガイド。でも、あまりそれを押し通そうと思わなかった。今回のショーは規模がすごく大きくて、ステージのセット・アップだけでみんな大忙しだったから、休む暇くらいあげたいでしょ。だからサウンド・チェックもなしにしたんだ。

Q:自分のモニターには何を入れているの?

J:あまり全員の音を入れることはないよ。僕たちみんな別のモニター・ミックスを持っているんだ。僕の場合、オジー、僕、バス・ドラムとスネア。そのくらいだね。オジーのヴォーカルが聴こえれば、曲がどの辺りにきているのかわかるし、バス・ドラムとスネアが聴こえれば、ビートがわかる。ステージではとてつもなく大きな音でプレイするから、たくさん入れれば入れるほど、歪んでしまうんだ。だから僕の場合、モニターは出来るだけ最小限に抑えるようにしてる。

Q:サウンドが良くないと、やりたいこと、やるべきことが上手く出来ないことってある?

J:まずいサウンドだと上手くプレイできないよ。プレイ出来ないことはないんだけど、まずいプレイになってしまう。

Q:ツアーでえらくひどいサウンドになってしまうなんてことは?

J:いつもそうだよ(笑)。いいサウンドが出ることより、そっちの方が多いね。

Q:どうしていいサウンドが出ないのかな?

J:スタジオで使ってるみたいな50Wのアンプを使いたいんんだけど、ステージだともたないかもね。ダーティかつクリーンなアンプがほしいんだけど…。50Wじゃどうもイカしたクリーン・サウンドが出ないんだ。それで100Wを使わなきゃなんないわけ。マーシャルの古い100Wはノイズが多いから、ステージでは新しいものを使ってる。要するに、ステージではサウンド的に妥協している訳さ。

Manycouler

Q:アンプを2種類使ってA/Bスイッチの操作でクリーン、ダーティを使い分けたら?

J:そうすると複雑になるでしょ。どっちかを選ぶってことになると、こんがらがってくるんだ。

Q:じゃあ、毎晩妥協しながらステージに上がっているわけだね。それなのにいいサウンドが出ることもあるっていうのはどうしてかな?

J:会場の音響特性のせいじゃないかな。いいサウンドが出る時ってほとんどの場合、ステージでアンプが熱くなった時なんだ。アンプって、動かして熱くなった時の方がいいサウンドが出るんじゃないかっていつも思うよ。寒い夜なんか、アンプがなかなか暖まらず、ちょっと薄いサウンドになりがち。

Q:屋内アリーナなのにどうしてそんなに寒暖の差があるのかな?

J:サポート・バンドのイクイップメントを運び出すために、バックドアが開けっぱなしになってることがあるからさ。バックドアの位置にもよるけど。ステージの真後ろだったりすると、冷たい風が吹き込んでくる。ステージの横だと風は入ってこないよ。

Q:そんなちょっとしたことで大きな差が出るんだね。

J:ギターのチューニングにも影響するんだよ。熱いステージから、ライトの当たらないアンプの所まで移動すると狂っちゃうことがある。バックドアの位置によって、その温度差も大きくなる。

Q:仮にバックドアが開いていて、アンプが暖まらに場合、どうやって調整するの?

J:普通はアンプのトーン・コントロールを使ってプレイする。少し余計にプレゼンスを出すようにするよ。トレブルはなし、ベースは7くらい、ミッド・レンジは8くらい。

Q:トレブル・コントロールは使わないの?

J:ほとんどの場合”0”にセットしてある。ワイアレスだとどうしても音が薄くなった感じがする。ワイアレスを使うと6K~10Kあたりが若干ブーストされる。それを補整するためにアンプのトレブルは使わないんだ。

Q:オーディエンスによく聴こえるようにするにはトレブルが必要だと思うけど?

J:とにかくトレブルはよく出るからいいんだよね。

Q:そう言えば、キーボード・プレイヤーがいるよね。

J:いるよ。モニターのそばに。すべての曲でプレイしている。

Q:「罪と罰」のすべての曲でプレイしていたっけ?

J:レコードで起用したのとは別人さ。レコードではすべての曲にキーボードがちょこちょこっと入っているけど、曲を通して入っているわけじゃない。

Q:エアロスミスが同じ形をとってる。彼らにもキーボード・プレイヤーがいて、必ずプレイしているけど、ステージでは姿を見せないんだ。

J:僕には理由はわからないよ。ほとんどシャロンのアイデアなんだ。ステージが見たところバランスがとれるようにしたいらしんだ。真ん中にオジーとドラム、その両側にベースとギターっていうの。それにキーボードが加わってしまうとデコボコになっちゃうでしょ。シャロンは視覚的に左右対称のステージが希望らしいんだ。

Q:ソロをプレイする時、コードをやってもらうっていう面で、キーボード・プレイヤーは助けになる?

J:なるよ。どの曲でもずっとプレイしててくれるから。たいていギターがプレイすることをリズムでプレイしてくれるんだ。スピーカーからはそれがどのくらい流れているかわかんないけど。ヘヴィ・メタルは基本的にはギター・プレイヤーの領域だからね。ロードに連れていくのはジョン・シンクレアだよ。ユーライア・ヒープでやっていた人さ。

Q:オープニングは”月に吠える”だけど、あのアルバムからの曲はこれだけだったね。どうして?

J:前回のツアーでも、あのレコードからの曲はあまりやってないんだ。オジーに問題があって、あのレコードの曲はあまりたくさん歌えないんだよ。”反逆のロックンロール”はプレイしたかったけどね。

Q:それ、最後のアンコールになるんじゃないかと期待していたのに。あのレコードにはそれほど満足していないってことなのかな?

J:オジーは気に入ってるんだけど、フレーズの中にはスタジオで一行ごとに歌って入れたっていうのがあるんだ。曲の大半がスタジオで作ったものだしね。それをライヴでやると息切れするらしいんだ。ライブでやる場合どうなるかってことを考えずに、いいサウンドにするってことだけで歌ってしまったんだよ。

Q:”反逆のロックンロール”にもそういう問題があったわけ?

J:うん。正直言って一音下げたにもかかわらず、まだちょっと彼には高すぎるらしい。

Q:コンサートの時、ブルー、ホワイト、パープルの3本のシャーべルを使ってたようだけど…。

J:3本とも違ったチューニングにしてあるんだ。ホワイトのは半音下げ。ブルーは1音下げ。”ネバー・ノウ・ホワイ”ではこれを使ってる。オジーにはちょっと難しくてね。オジーが歌いにくいって場合は、必ず一音下げてあるよ。

Q:スタジオでもそういうふうにしたの?

J:いや、しんぼうして最後まで歌いあげたよ。スタジオでは全曲半音チューニング・ダウンしてある。パープルのは”暗闇にどっきり!”だけで使ってる。基本的には半音下げてあるんだけど、5・6弦は1音下げてる。だからEはFに、AはB♭になってて、残りの弦のピッチはノーマル・チューニングより半音下げなわけ。こういうふうにしたのは、Aでプレイしようと思ったんだけど、オジーにはちょっと低すぎた。オジーに合ったキーをってことでBになったんだ。でも、僕の方はもう仕上げてあって、ボトム・ストリングがペダル・ノートだった。指使いを変えるよりもいいからっていうんだ、ただチェーン・アップすることにしたんだ。

47jake

------------------------------------

 ちょっと長くなってしまいましたが・・・。ではでは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「THE GUITAR 3」という雑誌 Jake ジェイク特集

 知り合いから、「THE GUITAR 3」という雑誌を借りました。

 「THE GUITAR 3」というからには、「THE GUITAR1」とか、「THE GUITAR2」とかがあるのかもしれませんが、詳細は不明です。

Theguitar3

 発行年月日は1984年10月20日で、YMM PLAYER別冊となっています。値段は1,200円。この当時では、結構、値段の張った雑誌だと思います。

 なぜ、この雑誌を借りたのか。

 ふふふふ。

 ジェイクが掲載されているからです。

 42page

 記事の文体が、はっきり言いまして好きではないのですが(ふざけた口調の文章がちりばめられているのです)、しかし、ここは割り切って、記事をご紹介します。(ふざけた感じのところは、ちょっと飛ばします。あしからずご了承ください)

------------------------------------------

Whiteandblue

「・・・左側の白いシャーベル・ストラト・モデルから。これがジェイクのメイン・ギターで、もう6~7年使っているそうです。ピックアップはフロント。ミドルがディマジオのSDS-1、リアはダンカンのアラン・ホールズワース・モデルです。フロント、ミドルのPUが斜めにマウントされていますが、これは低音弦をブリッジ寄りで、高音弦をネック寄りで拾うことによりクリアで硬目の低音とファットで柔らかい高音が得られるようにしたもの。・・・

・・・さて次はお隣のペール・ブルーのモデル。これはIハムバッカー仕様でPUはダンカンPAF。このギターは1音低くチューニングされていて、下のDが出てくる曲、例えばロックンロール・レベルとか用のギターです。こちらにはトレモロ・ユニットが付いていて、スプリング3ほん、いつでも使える状態ですが、ジェイクは使いません。サーキットはⅣのみでブリッジはディマジオを使用しています。

Metal

 ジャクソンのギターはオジーのもの。ステージにも登場するのですが、ほとんどいつも使われずに引っ込みます。ランディへのお供え? いや違います。これはDチューニングされたペール・ブルーのスペア。ジェイクはあまり好きじゃないと言っていました。・・・

Redone

 ・・・さて、最後は彼が一番嫌っているメタリック・レッドのシャーベル。「音が悪いから使いたくないけどスペアとして用意している」そうです。ピックアップはダンカンPAF。ボディの裏を見てください。ほら、傷だらけでしょ? これはナント彼が手裏剣を投げつけて開けた穴なのですよ。そういえば、はじめのページから手裏剣が一杯飛び回っているでしょ。これは全部彼のコレクションで持ち歩いているそうです。デカいんだ、この手裏剣が。直径20~25㎝あるんだもんね。そりゃ大穴が開くよ。本人曰く「穴を開けてから随分良いサウンドが出るようになった」とのことですが・・・。」

-------------------------------

 個人的に、ジェイクモデルで白タイプは見るのですが、このブルータイプのシャーベルは、実際に見たことがないので、いつか直接見たいなあと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Player 1986年10月号 ジェイク Jake E ピンナップだけ

 Playerの1986年10月号を手に入れました。

Player198610

 オジーのピンナップ特集が組まれているのですが、ジェイクも数ページにわたって掲載されていました。

 しか~し、画像だけ。文章は一行もないのです。

 でも、今回、初めて見た画像もあったので、掲載分をすべてご紹介させていただきます。

Station

 画像は、掲載順にアップしています。

Manyiro

Jakestands

 文章がないというのも、何とも言えない感じですが、でも、私の好きなジェイクギターを見ることができたので、そこは単純にうれしいです。

 次回は、文章付きの記事をご紹介させていただきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

THE OTHER SIDE OF OZZY OSBOURNE ジェイクのレコード!

 ふふふふ。

 とうとう手に入れました!(ちょっと自慢)

 以前、コメントを寄せていただいたMasaさんより、「THE OTHER SIDE OF OZZY OSBOURNE」というレコードが存在することを教えてもらいました。

 ジェイクものでレコードと言えば、前回紹介した「LA'S Hottest Unsigned Rock Band」かと思っていたので(BARK AT THE MOONとかのレコードは除いてです)この情報は新鮮でした。

 e-bayやヤフオクでも全然見たことがなかったのです。

 しかし、私が住んでいる近所には中古レコード店や、ちょっと趣向の変わった本屋や音楽専門学校などが集まっている地域。

 どこかにあるかもしれないと思って、捜しましたら、あったんです!! ひゃあ。

Theothersideomote

 最初は我が目を疑いましたね。こんなに早く見つかるとは思っていなかったのです。それも中古価格。(ありがたや~)

 保存状態もよくて新品同様に見えます。それに、カラー・ピンナップポスターも付属している状態でした。ご紹介しますと、まずオジーから・・・。

Ozzypinnap

 次はジェイク・・・。

Jakepinnap

そして、最後にランディです。

Randypinnap

 どこぞのアイドルスターっていう感じですね。

 そしてレコードですが、SIDE ONEがランディです。

Sidearandy

1.MR.CROWLEY(LIVE)

2.I DON'T KNOW(LIVE)

3.SUICIDE SOLUTION(LIVE)

4.YOU,LOOKING AT ME LOOKING AT YOU

5.YOU SAID IT ALL   です。

そして、SIDE TWOはジェイクでして、

Sidebjake

1.BARK AT THE MOON(LIVE)

2.ONE UP THE "B" SIDE

3.SPIDER

4.PARANOID(LIVE)

5.SUICIDE SOPUTION(LIVE)

です。

 しか~し、私はレコードプレイヤーを持っていません!(きっぱり) かくなる上は、このレコードを機にプレイヤーを買うことにして、昨日、購入したのです。たまたま近くの店が、この週末、なぜかファイルに変換できるレコードプレイヤーを販売するとチラシに掲載したのです。(神の御加護か!? またまたちょっと大げさ)

 amazonやヨドバシでプレイヤーをチェックしたり見に行ったりもしたのですが、いまいち、機能がピンとこないしそれに高い!で、その近くの店に買いに行きました。

 持ち帰って、早速セッティング。しかし、レコードの針って自分でレコードにのせないといけない、なあんて高度な事ができるのか? オートで針がレコードにのっかるものもあるのですが、私の購入したプレイヤーはそこんところは手動でしなくてはいけません。

 プレイヤーの盤にジェイクのSIDE TWOが上になるのようにのっけて、針を動かすと、レコードが回り出すっという、こういうことにも驚く私・・・。

 で、音ですが、レコードの音っていいですね。なんかライブ感覚で聞く事ができます。気がつくとフローリングの床の上で、正座してジェイクを聴いていました。わはは。

 次にレコードを録音しなくてはいけないのですが、マニュアルを見ると、「録音は自動で停止しません。1ファイルごとに区切りたい箇所で手動で録音を停止させてください。」とあります。つまり、1曲ごとに針を持ち上げて、そこで停止させ、次の曲を録音する時は、その曲の溝にレコードの針を落とさなくてはならないということ!? で、できるのか?

 (ふー・・・、一瞬、気が遠くなる・・・)

 この作業は、次の休みにするとして、今はシンプルにレコードを楽しんでいます。このレコードの音の良さにひきつけられて、ちょっと静かな曲(ジョン・コルトレーンなども中古のレコード屋で購入して、聞いてます)

 次は、録音だ!!

 そうそう、レコードの中に入っていた説明書です。

Wrighternote

 曲の一覧です。

Blacknote

 あっ!! 今、すごい事に気がついてしまった。すごい事というか、すごい間抜けですが、SIDE ONEのランディを全然聞いてない!! うひゃあ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »