« Tribute To Ozzy 「bat head soap」 | トップページ | JEFFLOGY Jake E.Lee トリビュートアルバムについて »

Kelly SIMONZ's BAD TRIBE ロックタウン大阪 ライブ

 先週の土曜日、4月14日、阿倍野のロックタウンで行われたケリーさんのライブに行ってきました。

Ticket

 島紀史さんのConcerto Moonとのダブルライブツアーで、ずいぶん前からチケットは予約していました。

 当日、早速、会場に行ったのですが、ツアーポスターが貼っていない。撮影するつもりだったのに。それに屋外で受け付けなどという貼り紙がしてありました。

Rocktown

 カフェのメニュー板じゃあるまいし・・・とぶちぶち思いながら外で並んでいますと(この時間帯は暖かかったです)、入口のところでスタッフらしき人がどうも何かを説明している様子。

 しかし、マイクなしで行列の先頭箇所で説明していたって、行列の中間にいる人達や、後方の人には、何を言っているのか全然聞こえません。それにそのスタッフは先頭箇所から移動して説明する様子はまったくなし。

 イライライライラ・・・・。

 しばらくすると、私の近くに並んでいた男性が、スタッフのところに向かいました。私と同じで、全然、説明が聞こえなかったようで、説明の内容を問い合わせしている様子。

 すると、なんと、戻ってきた男性が、スタッフの代わりに行列にならんている人たちに向かって説明をするじゃありませんか。どう見ても、その人はライブを見に来た人です。

 どうやら、アーティスト予約チケットを持っている人と、(アーティスト予約って???)、私のように一般的な手段でチケットを購入した一般チケットの人がいて、前方には、アーティスト予約の人達が並ぶ事ができ、一般チケットの人は中間から後方に並ぶという説明を、前方で(つまりアーティスト予約の人だけが説明を聞ける範囲で!!)していたとのこと。

 イライライライラ・・・

 説明を聞きにいった男性は、後方の人にも別途、説明しないと、みんなごっちゃに並んでるよ、とスタッフに言ったようなのですが、説明する様子がないので、代わりにみんなに言った、と連れの人に話していました。

 なっとらん!!

 つまり、一般チケットの私は、並び直しのはめになりました。う~。

 しばらくすると入場がはじまったのですが、これが遅々と進みません。何をしているのか、イライラしながら待っていると(すみません。実は私は短気です。)、どうやらたった1人のスタッフで、チケットの半券を切り、ドリンク代を徴収し、ドリンクチケットを渡し、ロックタウンのパンフレットを渡しているのです。

 イライライライライラ・・・・・

 並ぶこと25分、ようやく私の入場の順番が回ってきました。スタッフがもたもたしながら(私にはそう見えた)チケットを切り、ドリンク代を受け取り、ドリンクチケットを渡そうとした時、私に何かを聞きました。よく聞こえなかったので、質問内容を聞き返すと、「どっちのグループのライブが目的ですか?」と言うので、当然、きっぱり「ケリー・サイモンです」と言い切ると、兄ちゃんは、いや、失礼、スタッフの人は、「えっ?」と聞き返すじゃないですか! 何が「えっ」だ!! ふん! 「ケリー・サイモン」と繰り返すと、「あっ、はい」と言いますが、ボードか何かにチェックしている様子もなく、次の客のチケットを切ってます。

 イライライライライラ・・・・

 スタッフ!! 記録してないんなら聞くな!!

 このイライラを鎮めるため、ドリンクチケットをカウンターに差し出し、アルコールは止めて(これ以上、イライラすると精神的によくないので、というか、最近は全然飲まないのです)ミネラルウォーターをもらい、会場に入りました。

 早速、物販コーナーをチェック。ピックが欲しかったのですが、売っていませんでした。

 入場は待たされたのですが、(ふん!!)、結構前の方、三列目くらいの場所を確保できました。スタンディングです。

 周りを見まわしましたが、いやあ、女性客、少ないですね~。男性客ばっかり。

------------------------------------

 まあ、そんなこんなでライブは、はじめは島さんのコンチェルトムーンから始まりました。実は、わたし、島さんの名前は知っていますが、曲は知りません。しかし、知らないながらも、ずいぶん楽しめました。そして演奏が終わり、休憩タイム。お化粧室に行くと、男性側は行列ですが、女性側はガラ空き状態。

 いよいよ、待ちに待ったケリーさんの登場です。

 ここは、あれこれと私が説明するよりも、動画(期間限定らしいです)を見てもらった方が早いと思いますので、それをリンクします。

 「Time」や「Angel Eyes」、「Blue Monday」など、好きな曲が演奏されて、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

 ライブもしっかり堪能し、全身汗だくになった私は充実感とともに帰宅したのですが、どうも最近の大阪の日中と夜間の温度差にやられてしまいました。

 つまり、夜は結構冷えていたんですね~。そこに汗だく状態で帰ったもんですから、しっかりと身体を冷やしてしまい、風邪をひきました。自分で言うのもなんですが、久しぶりのしっかりとした風邪です(Kelly Cold なんちゃって、冗談ですよ)

 昨日まではつらかったのですが、今日はまだましです。しかし、頭がいまいちぼんやりモードですが、ケリーさんの動画がアップされましたので、ブログをアップしたくてたまらなくなり、今、作業していた状態です。この後、寝ます。

 皆様も、コンサート帰り、体を冷やさないようにしてくださいね(そんなのは私だけか? わはは)

|

« Tribute To Ozzy 「bat head soap」 | トップページ | JEFFLOGY Jake E.Lee トリビュートアルバムについて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/54504542

この記事へのトラックバック一覧です: Kelly SIMONZ's BAD TRIBE ロックタウン大阪 ライブ:

« Tribute To Ozzy 「bat head soap」 | トップページ | JEFFLOGY Jake E.Lee トリビュートアルバムについて »