« JEFFLOGY Jake E.Lee トリビュートアルバムについて | トップページ | 地獄のロック&ロール TRICK OR TREAT »

Songs & Guitar with Tablature from "THE ULTIMATE SIN" 楽譜

 借り物ではございますが、オジーのスコア、「Songs & Guitar with Tablature from "THE ULTIMATE SIN"」が手元にあります。

Scoreomote

 このスコアは、現在では少し値打ちもののようでございまして、このブログ用にと、借りてきたものです。コピーなんぞすると楽譜がばらけてしまうような感じで、取扱い、要注意です。

 私も時折、Yahoo!オクやe-bayをチェックしておりますが、このスコアは今まで見たことがありません。

 収録曲は、下の画像の通りです。

Contets

 どのように、紹介させていただいたらいいか、少し考えたのですが、各曲の見開きページの画像と、スコアに記載の演奏アドヴァイス(全文ではないです)とともに、順に紹介させていただきます。また特殊文字記号が多用されている文章は、飛ばしますので、御了承くださいなり。

まず、「The Ultimate Sin」

Theultimatesin

2小節目・3小節目の「G(ベース音がD音のためコードネームはG/D」、4小節目の「F」は、4弦をルートにしたコード・フォームである。6弦、あるいは5弦をルートにしたフォームは以前からお馴染みだが、最近、特にヘヴィ・メタル系にはこの”4弦ルート・コード”が増えてきた。中でもジェイクはこのフォームを使用することが多く、彼のフリークは”6弦ルート””5弦ルート”同様に覚えなくてはならない。

「Secret Loser」

Secretloser

オクターブ奏法。たとえば1小節目の「2/4・5/2」では、人差し指&小指でそれぞれを押さえ、次に中指&薬指を弦上に這わせる。つまり、1弦・3弦・5弦・6弦をミュート状態にするわけだ。そして、このままの状態を6弦から1弦まで一気にダウンン・ピッキング。これにより、オクターブの2音+ミュート音というこの演奏独特のサウンドが得られる。

「Never know why」

深めのロング・ディレイを掛けたヴォリューム奏法。4分音符に合わせて3回リフレインされているが、譜面に書いた”一発目”のみプレイ。後の2回はディレイによるものだ。

「Thank God For The Bomb」

Thankgodforthebomb

3/6のクォーター・チョークが感じを出すポイント。多少大きめに半音程上げてしまおう。なお、コード「G」での特殊効果はディレイ、パン・ポットを使ったミックス・ダウン時の”技”

「Never」

Never

ミュートを完全にし、弦深くに当てるパワフルなピッキングをしないとこの感じは難しい。指を立てたフォームは開放ノイズの元となる。出来るだけ指を寝かせ、またアクションの小さいプリングをするように心掛ける事。

「Lightning Strikes」

Lightningstrikes

2小節目最後の「2/4・2/3」は、前の音(2/6)を押さえる人差し指の中腹あたりを使う。この際、もちろん指を”置き直す”感じではなく、”寝かせる”形がスムーズ。

「Killer of Giants」

Killerofgiants

「Fool Like You」

Foollikeyou

ハーモニクス・ポイントとしては出しにくい箇所が多い。指先の微妙なニュアンスをしっかりとマスターしておく事はもちろんだが、ピッキングを強めにし、またアンプから音を出す場合は若干多めにディストーションを掛けるように。なお、ピッキングは当然、オール・ダウン・ストローク。

「Shot in the dark」

Shotinthedark

とにかく綺麗なハーモニクス・トーンを出すことである。ハーモニクスのポジションとしえてゃ大変難しい場所だが、これを綺麗に出さないとアーミングの幅が大きいだけに途中で消えかねない。まずはハーモニクス!である。なお、このブラッド・ギルスを彷彿させるアーム・アップは、当然の事ながらフローティング状態のアーム・ユニットがマウントされていなければ不可能。

ピッキング・トリルでは、ピックを柔らかく持った軽めのストロークが効果的である。また、ピックを弦深くに当てず、先端が辛うじて触れる程度がスムーズ。

---------------------------------

Scoreura

|

« JEFFLOGY Jake E.Lee トリビュートアルバムについて | トップページ | 地獄のロック&ロール TRICK OR TREAT »

音楽」カテゴリの記事

コメント

管理人様

この楽譜、僕も持ってるんですが、今となってはレアもの扱いですね。オークションにもたまーに出ることがありますが、8,000円以上じゃないでしょうか。

こういったスコアや雑誌の特集もの、教則本系のいいものは出た時に買わないと、手に入りにくくなりますので、最近はすぐつかわないものでもとにかく買っておくようにしてます。
必要なくなったらオークションで売れば、大体もとは取れますし(笑)

投稿: 音法 | 2012年5月 4日 (金) 13時16分

管理人様。こんばんわ。
これまたレアな物ですね。アップありがとうございます。(羨ましいなぁ)

記事を読んでいると、youtube映像と採譜とは結構違うようですね。
ディレイはグリスディレイ(JAKE FAKE)だったり、アームアップはペグ~ナット余弦ベンドだったり・・・
映像をみてると、こんな弾き方するなんてって驚きです。当時のギターキッズはとりこになるはずですよね。

どんな弾き方をしてるんだろうって耳コピ&youtubeみて(目コピ?)してる自分も、今になってすっかりトリコです(笑

投稿: abythankyou | 2012年5月 5日 (土) 01時14分

音法さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

音法さんも仰るように、スコアや雑誌は、その時に購入しないと、あとで結局見つからなくてすごく後悔しますよね。

しかし、私はジェイクをリアル時代で知らなかったので、今、ジェイクネタを探すのが大変だったりします。

投稿: 管理人 | 2012年5月 5日 (土) 10時07分

abythankyouさん、おはようございます。コメントありがとうございます。

採譜については、abythankyouさんの仰るとおりですよね。いくらスコアを見てもわからないのが、動画を見ると「おおおおお~」というのが結構あったりします。

しかし、ジェイクの動画は何度見ても見飽きないです。

投稿: 管理人 | 2012年5月 5日 (土) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/54616986

この記事へのトラックバック一覧です: Songs & Guitar with Tablature from "THE ULTIMATE SIN" 楽譜:

« JEFFLOGY Jake E.Lee トリビュートアルバムについて | トップページ | 地獄のロック&ロール TRICK OR TREAT »