« BADLANDS "VOODOO HIGYWAY"のCD紹介 | トップページ | OZZY OSBOURNE 中野サンプラザ 1984 CD »

BADLANDS "DUSK"CD のご紹介

 大阪は曇り時々雨です。

 今日は一昨日からご紹介しているBADLANDSのアルバム"DUSK"をご紹介します。

 このアルバムにはジェイクのインタビューも掲載されていますので、それも併せてご紹介しますね。

Duskomote

------------------------------------------------

(1998年12月14日 酒井 康)氏

…それはさておき、本作のレコーディングは余りにも短時間で終わったという。ジェイクが説明する。

「スタジオに入って、セット・アップして、チューニングして、曲を弾いて終わり。何もやり直しはしていない。2回弾いた曲は1曲もない。そういう意味ではスタジオ。ライヴ・アルバムかもしれないね。すべてを録音するのに1時間から1時間半くらいで終わった」

「DUSK」とは”夕暮れ”という意味だが、作品の内容とは裏腹に随分とロマンティックではなる。

「面白い話しがあればいいんだけど…正直、その言葉しか思いつかなかったんだ。本当は「DEMO」というタイトルでも良かったんだけど、さすがに反対されてね。(笑) だから、他のタイトルを焦って考えなければいけなくて、目に飛び込んでくるものすべてを挙げてみた。「コンピューター」…いや違う…「モニター」…これも違う。「壁」、「窓」…違う違う。「椰子の木」なんてのも出てきた。(爆笑) で「空」…ウ~ン、違うなあ…「DUSK」(夕暮れ)、これだ!!って感じで決まった。窓の外を眺めながら何気なくと多くの空を見て閃いたんだ。これが真相だよ」(苦笑)

Duskpop

楽曲について、歌詞はレイが書いたからコメントするのは難しいというジェイクだが、各楽曲に対するちょっとしたエピソードやコメントを披露する。

「"Healer"を書いている時、隣のスタジオでMETALLICAがリハーサルをやっていたんだ。で、お互いの休憩時間に彼らと話すチャンスがあって、この曲を聴いて貰ったんだけど、凄く気に入ってくれたよ」

"Sun Red Sun"はBADLANDSの曲の中で最も気に入っている曲で、たった10分間で書き上げた"Tribal Moon"は余り気に入ってないという。

Duskcd

「"The River"は好きな曲だね。プレイするのも難しくなかった。BADLANDSはブルーズ・ロック・バンドと思われていた節もあるみたいだけど、その割には余りブルージーな曲は書かなかったと自分では思う。でも、この曲はまさにみんながBADLANDSに持っているイメージの曲で、俺も好きな曲の一つだよ。このアルバムには、俺達が書いた曲の中でも一番いい曲が収録されていると思うし、その中でもこの曲はメンバー全員が気に入っていたようだ」

"Walking Attitude"はレイ・ギランが「グレッグ・チェイソンのことを歌った歌詞だ」と言っていたのを記憶しているという。ジェイクによれが、歌詞の一部にある♪Stnad alone, Stay alive, chances, Walking Attitude…♪が、グレッグのタフ・ガイ・イメージを歌っているそうだ。また、"The Fire Lasts Forever"はゴスペルに影響を受けており、"Dog"のリフはレイが考えたもので、「当時、例はディープ・パープルをよく聴いていたのでそういったヴァイヴが感じられるかもしれない」とジェイクは語っている。
例えば、他のミュージシャンや音楽の影響を受けているのは"The Fire Lasts Forever"や"Dog"だけではないと、ジェイクは言う。"Fat Cat"は故トミー・ボーリンの影響があり、それはギター・プレイにも如実に表れていると、彼は正直に告白し、ついでに大胆にもこんな説明を加えた。「"Ride The Jack"はヘロイン中毒のことを歌っていて、レイがリフを考え、俺がアレンジしたんだ」

寡黙なジェイクが一番長い説明をした曲、それは、"Lord Knows"である。

Duskura

「この曲は歴史があるんだ。俺達が最初に、あるいは3番目か4番目に書いた曲だよ。本当は1stアルバムに収録されるはずだったんだけど、何曲も書いていいく内に省かれてしまった曲の一つになってしまった。で、2ndアルバムに収録しようとしたんだけれど、これまた何だがんだいっているうちに再び省かれてね…だから、今回発表できる事になって本当に嬉しいんだ。それと、もう一つエピソードがあって、実はある時、この曲をエリック・クラプトンが聴いてカヴァーしたいと言ってきたんだ。でも、余りにもいい曲だったんで、自分たちのために取っておくことにして断ったんだ。でも、結局は勿体ないことをしたと思っているよ。だって、今の今までリリースされなかったんだからね。クラプトンが認めてくれた事を自慢するわけではないけど、素晴らしいブルーズだと思っているよ」…。

(1998年12月14日 酒井 康)

----------------------------------

Duskの"The Last Time"を聴きながら・・・。

|

« BADLANDS "VOODOO HIGYWAY"のCD紹介 | トップページ | OZZY OSBOURNE 中野サンプラザ 1984 CD »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/55093030

この記事へのトラックバック一覧です: BADLANDS "DUSK"CD のご紹介:

« BADLANDS "VOODOO HIGYWAY"のCD紹介 | トップページ | OZZY OSBOURNE 中野サンプラザ 1984 CD »