« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

BURRN! 2013年5月号 ジェイクの記事とエリック・シンガー

 少し前になるのですが、BURRN!の2013年5月号にジェイクとBADLANDSのことが少し、触れられていましたので、ご紹介します。

Burrn20135

 KISSの特集記事があるなあ、と思いつつ紙面をめくりますと、ERICK SINGER」のインタビュー記事でした。この人のインタビュー記事は今まで読んだことがなかったので、結構興味がありました。

 ちなみに、彼はBADLANDSに在籍していた人です。

Ericksinger

 

 インタビュー記事の中で、少しですがBADLANDSのこと、というか名称が出てきています。

 これは14ページの記事です。

Erick1

 もうひとつは、19ページに掲載されています。

Erick2

 この記事を読んで思いだしたのが、ボン・ジョビの発言です。彼もシチュエーションは違いますが、同じ発言をしていましたね。「音楽といえども、ビジネスなんだ。これはビジネスなんだ」と・・・。

 http://www.eric-singer.com/

 上記はエリックの公式サイトです。サイトの「レコーディング」のページにBADLANDSのCDが掲載されています。

------------------------------

 話しは変わりまして、同じ号の93ページにジェイクの記事が掲載されています(画像なし)。

 内容はすでにこのブログで既出ですが、バーンに掲載ということで、ご紹介いたします。

93page

-------------------------------

 かつては同じバンドにいた二人ですが、その後の人生は・・・・、と思うとなにやら言葉に出せないものがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この2冊の雑誌の表紙って・・・

 手元にジェイク・E・リーの特集記事がある雑誌が2冊あります。

 しかし、1冊はアメリカのもの。もう1冊は日本のもの。

 最初、間違えて同じ雑誌を2冊購入してしまったかと思いました。

 でも、これって、ちょっとなあ・・・。背景の色が違うだけじゃん。まあポーズも違うけど。

 「gutar FOR THE PRACTICING MUSICIAN」1989年12月号

Guitar198912

 「Player」 1990年1月号

Player19901

 それぞれの記事は、後日、ご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GUITAR FOR THE PRACTICING MUSICIAN 1986年2月 パート2

 前日の続きです。

Teeth

 次の画像は有名ですね。

Famos

次の画像も、この雑誌で始めた見たものです(と、いいつつ、このブログでこの画像だけは随分前に紹介してますが(笑))

59pageblackwhite

 インタビューの最後に機材の質問について、ジェイクが答えていますでのご紹介します。といっても、ヤングギターやバーンとかで出ているものと重複しているかもしれませんが・・・。

-----------------------------------------

JAKE: My main baby is a white Charvel with some kind of Duncan prototype pickup tha Seymour gave me. It looks like what ended up being the Allan Holdsworth model. That's in the bridge. The other two are DiMarzio SDS-1 single coil pickups. I don't have a tremolo arm. There's too many people doing that now. I think Eddie started a whole new wave of players tha like starting and ending solos with a G or E string dive bomb. It sounds cool but it's too easy. If you're lacking any ideas for a solo it seems all you have to do is grab the bar. I donn't things too easy. For strings I use 9's, but I used to use 10's or 11's because it was harder. Now I need a bit of a break because I'm doing it in front of so many people. The action is still higher than most people have it. With amps I prefer late 60's or early 70's Marshall 100 watt tops wiht 4*2 cabs with EV soeakers. My pedalboard is a Boss computerized model. It's got an overdrive which is on all the time except for the soft parts. The delay is also pretty much on all the time for rhythm as well. For leads I punch in a graphic EQ with some of the mids boosted. Then there's a chorus and flanger for special bits. I've got a Lexicon PCM 41 for stereo DDL. It's set to a 35 mil. second delay with a slight pitch shift. I also use a wireless on stage.

-----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GUITAR FOR THE PRACTICING MUSICIAN 1986年2月号 パート1

 随分前にGUITAR FOR THE PRACTICING MUSICIAN 1986年2月号の記事を紹介させていただくといいながら、長らく時間が経過してしまい、申し訳ありません。

 2日にわけて記事を掲載させていただきますが、英文のままの紹介となります。

 また、全文は掲載していないので、あらかじめご了承ください。

Guitar198622

 この雑誌はe-BAYで手に入れたものです。

 ちょっと表紙が傷んでいますが、ご愛嬌ということで。なんせ27年も前の雑誌でございます。

56page

 ロック界のシンデレラボーイ、ジェイク・・・・みたいなノリで記事がスタートしています。

 この画像も雑誌を手に入れるまでは見たことがない画像です。

 Hair

 インタビューの出だしも、ウォーレン絡みですね。

-----------------------------------------

GUITAR:Warren DeMartini of Ratt speaks of you as his mentor with great affection. At what point in your career did you teach him and what did you teach him?

Jake:It was about six years ago, I was 21 when I first me him. I was playing in a popular San Diego club band. He came up after the show and said, "Hi, I'm Warren. I think you're great. Can I come over and get a lesson from you? I said I didn't give lesson. I didn't hear from him for a couple of weeks and then one day he called and said, "I'm coming down; where do you live?" So hie came over and started asking me all kinds of questions. He was there all day and all night asking how I hold the pick and what fingers I used to play what chords. He asked a lot about my vibrato and rhythm playing..

 その後のインタビューは、誰かのカバーバンドだったのか?とか、オーディエンスはどれくらいのところで演奏していたの?とか、ジェイクのピアノの経歴とかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »