« BURRN! 2014年2月号 ジェイク E.LEE特集~!!!! | トップページ | Guitar "Jake E.Lee モデル »

Guitar Magazine 2014年2月号 Jake E.Lee インタビュー記事

 最近、本屋さんに出向くのが楽しいです。ギター雑誌の発売のたびに、ジェイクの記事があるかも・・・と思いつつ本屋さんに通っている管理人です。

 ギターマガジン2月号に、ジェイクのインタビュー記事がありましたのでご紹介いたします。表紙にはジェイクの文字はありませんが。

Guitar_magazine_214_2

 目次には、ジェイクの記事があることが記載されています。

Guitar_magazine_214_2_topic

 ちょっとわかりにくいですが(すみません。部分拡大すればよかったですね)、184ページからインタビュー記事が掲載されています。

 インタビューの冒頭は、オジーのところをやめてから、今までどうしていたか?っていうお話ですが、後半部分で、今回のニューアルバムの機材や音作りに言及している部分がありますので、その部分を抜粋してご紹介いたします。なおインタビュアーは「質問」という形で置き換えています。ジェイクの発言部分は、「Jake」と表現しておりますので、ご了承ください。少し長いです。

-----------------------------------------

質問:「フィーダー」のソロではフュージョンっぽいフレーズを垣間みられて、そこにもあなたらしさを感じました。

Jake:最初のアイディアの時点ではキーボードでコードをプレイしていただけで、ギター・ソロはなかったんだ。だけどさっき言ったように、キーボードからギターに置き換えていく作業をしている中で、キーボードと同じくらいビッグなサウンドのものを入れたいと思った。パッと弾いた割には俺らしいプレイだと思うね。フュージョンっぽさでいうと、LAに来る前はカントリーのバンドでギターを弾いたこともあったし、高校の時はファンクやフュージョン・バンドでもプレイしていた。73年にマハヴィシュヌ・オーケストラでプレイするジョン・マクラフリンを観た時の感動は忘れられないよ。そういったプレイはDNAに埋め込まれているんだ。

質問:この曲のソロでは音が潰れる直前ぐらいのきわどい歪みが聴けますが、どんなエフェクターを使ったんですか?

Jake:Jo Basikという聞いたこともないメーカーの70s Fuzzを使ってみたんだ(笑)。アウトロのソロではZ.Vexのジョニー・オクターヴを使っている。今回はほかにもいろんなペダルを使ったな。「ビッグ・マウス」ではグレッチのエクスパンダファズという60年代のペダルを使った。発振しているグチャグチャな音がそれさ(笑)。二つの電池で駆動するんだけど、ソロを弾いていたらたまたま片方が死んでノイズを作り始めたんだ。だけど録り直すんじゃなくて、そのままツマミをいじってノイズを発振させてみた(笑)。ハッピーなアクシデントから生まれたノイズさ。あと、「リディーム・ミー」では、よく覚えていないけど変な名前のメーカーのワウを使ったな(笑)。

質問:「フォール・フロム・ザ・スカイ」のソロではディレイのようなフレーズが出てきますが、これはエフェクターによるトリックですか?

Jake:導入部のエコーっぽいところを指摘しているんだろう? これは昔、”ジェイコ”とか”フェイコ”(編注:日本では”ジェイク・フェイク”と呼ばれている)と呼ばれていたトリックさ! 左手でプリング・オフを弾いてkらスライド・ダウンし、今度は右手のたっぴんぐでまったく同じ音を弾いてスライド・ダウンさせているんだ。

質問:今作を振り返ってみて、一番印象に残っているギター・プレイは?

Jake:今話した「フォール・フロム・ザ・スカイ」のソロは気に入っている。練り上げたものではなくワンテイクでプレイしたものがそのまま採用されているからね。これからライブなどで何回プレイしても飽きることはないと思うくらいお気に入りさ。

質問:使用したギターについても教えてもらえますか?

Jake:詳しくはあまり覚えてないけど、たくさんのギターをプレイしたよ。「フィーダー」のソロは58年のレス・ポール・スペシャルで弾いたかな。ギブソンやグレッチを中心に、それなりのギターをコレクションしていてね(笑)。リズムのほとんどは68年のSGスタンダードで、ソロの多くは63年製のSG Jr.でプレイしたな。

質問:SG Jr.といえば、ポラリス・ホワイトのものを昔使っていましたよね?

Jake:オジーの時に使っていたやつだね? あれはもう手放したけど、似たやつをまた手に入れたんだ。SGはずっと大好きなんだ。オジーのバンドに参加した時、”好きなギターを弾いて良いんだぞ”と言われたけど、SGだとあまりにもトニー・アイオミ風だから避けていた。ランディはギブソンのギターが好きだったから、それらを避けてシャーベルを使うことにしたんだ。最近またシャーベルと組むようになり、昔使っていた白いギターに似たものを作ってくれた。「ディスイヴド」のソロはそれだね。

質問:今作の中で、そのギターじゃないと生まれなかったと思うフレーズはありますか?

Jake:まさに「ディセイヴド」のソロはストラト・タイプのギターじゃないとプレイできないね。最初の4音はペグとナット間のベンドによってプレイしている。普段やるような2弦と3弦のダブル・ベンドに加えて、ペグとナットの間を右手で押して急な上昇と下降する音を出しているんだ。ほかにもトレモロ・アームによるビブラートとかベンドはギターありきだよね。グレッチのビグスビーやSGスタンダードのヴァイブローラーは役だってくれた。フロイド・ローズみたいな爆撃音は無理だけど、コードにオールド・スクールなきらびやかさを与えてくれたね。

質問:あなたのサウンドを出す上で、絶対必要な機材はありますか?

Jake:多くのギタリストたちはへヴィなサウンドを出そうとしているけど、俺はオールドの機材を使っていることが根本的な違いじゃないかな。俺はマーシャルが一世を風靡した時代に育ったから、いまだにそれを求めてしまう。アンプは12台持っていて目的によって使い分けているんだ。リズムの多くは50Wの68年製のプレキシでプレイしているし、69年製のレイニーのヘッドは100Wのプレキシっぽいサウンドが気に入ってよく使っている。キャビネットは25Wのものを2台持っているよ。グリーンバックのセレッションが2発入ったものとセレッションゴールドのアルニコが2発入ったものさ。それと、30Wのグリーンバックが入ったものをそれぞれ曲によって使い分けている。キャビネットもアンプ・ヘッドもギターもすべてオールド・スクールなものばかりで、これらで作り出すサウンドが俺は大好きなのさ。ミドル・レンジ溢れるギター・トーンがたまらないんだ。ギターはそもそもミドル・レンジに位置する楽器で、豊かなミドルはサウンドの個性となってくれる。

現代のへヴィメタルはハイとローが強すぎる気がするんだ。個人的にはへヴィなサウンドはベースが担当するという感覚があるんだけど、最近のメタルじゃギターだけが存在感を放って、ベース・サウンドをしっかりと聴くことすら難しくなっている。俺は昔ながらのサウンドが好きなんだ。ブラック・サバスだってそこまでへヴィだったわけでもないと感じているよ。

質問:”まさにジェイク!”というようなリフやプレイが並ぶ中、「シャウト・イット・アウト」はへヴィなテイストが強くて少し意外でした。

Jake:この曲は俺のパソコンにずっと入っていたものの一つさ。最初はロンと一緒にパソコンのデータを発掘していたんだけど、それも面倒くさくなってきて、最後の俺のファイルをまとめて渡したんだ。そしたらあとになって、”こんなリフがあるのに、どうして今まで教えてくれなかったんだ!”って怒られたから曲にしたんだ(笑)。俺にとっては単なるリフだったけど、彼にはビビッとくるものがあったようでね。

質問:この曲は一つのリフだけで曲を展開していますが、今までにはあまりやらなかった手法ですよね? ロンという相棒がいたからこそ達成できたんですか?

Jake:そんなわけ……(ロンがにらむ)いやいや、その通りだよ(笑)。このリフだけで押し通そうと言ってくれたのはロンで、曲中にブレイクを挟むことでさらに盛り上げようと提案してくれた。俺は最初は変だと思ったけど、ずっと鳴りっぱなしも耳障りだし、今思えばよかったともうね。

ロン:最初は歌詞やメロディがなくて、寄せ集めて作った感じがあったんだけど、エフェクトやアレンジを詰め込んでいくうちにどんどん良くなっていった。ギターのリフがとにかく強烈で、そこからどんどんインスピレーションが湧いてきて、最終的にはほかの曲に負けないようなものになったんだ。

Jake:ソロの裏でもメインのリフが鳴っていて、コード進行の上でソロを弾くのとは一味違う。サビ、ヴァース、ソロのすべてがリフという曲はやったことがなかったよ。ロンはそこに一歩踏み入れる機械をくれたんだ。

質問:ラストの「エクスクイジット・テンダネス」はピアノを使ったインストですが、どうして作品の最後をこの曲で飾ろうと思ったんですか?

Jake:ネタ切れだったから……というのは嘘で(笑)、この曲は俺が初めて書いた曲なんだ。15歳くらいの時にピアノで作ってからずっと気にいっていたけど、どうしてよいかわからず手つかずのままだった。ラットやオジー、バッドランズ向けの曲ではなかったし、ボーカルが入る余地すらなかった。いつか(スティーブン)スピルバーグみたいな人から、”映画用に曲を書いてくれ”と言われれば使ったかもしれないけどね(笑)。これをみんなの前で弾いたら、”これでアルバムを締めればいいじゃないか”と言われた。ずっと気になっていたし、これで心おきなく明日死ねるよ(笑)。俺にピアニストになって欲しいと願っていた母に聞かせられないのが唯一の心残りかな。

G2

質問:今作を聴いて、”ジェイク・E・リー、ここに完全復活!”という印象を受けたのですが、また突然シーンから姿を消す……なんてことはないですよね?

Jake:俺がまた25年くらい音信不通になるかもって…? それはないね(笑)! 俺らはプレイし続けるし、来月にはウォームアップのギグを西海岸でやるよ。次の夏にはヨーロッパのフェストをブッキングしているし、日本の話がまだきてないけど、ツアーでは絶対に訪れたいよ。アイディアは20年分もあるし、ツアーに出られるくらいのしっかりとした土台も組めたんだから、新曲に取り組むこともできる。ツアーに出て、その収穫で次のアルバムを作り、そのあとはまた何もしないという流れは考えていないよ(笑)。ここからの数年間はアクティブにやっていきたいと思っているんだ。

Guitar_magazine_214_2_last_page

質問:それは楽しみです。最後に、長らくあなたの復活を待っていた日本のファンに向けてメッセージをお願いします!

Jake:俺がやっていることに興味を持ってくれている人がまだたくさんいるということに驚いているし、俺もベストを尽くさなきゃという気持ちになる。注目してもらえているということに、ハッピーな気持ちになれるんだ。20年もたった今でも誰かがブログで”ジェイク・E・リーは今何をしている?”なんて書いてくれていて、俺から何かが発せられるのを待ってくれていると知ると心があたたまるよ。感謝の気持ちとともにインスピレーションが湧いてくる。ツアー先ではそんな人たちにぜひ会ってみたいんだ。

-------------------------------------------

 購入前に本屋さんで、このインタビュー記事を立ち読みしていたのですが、音作りや機材の部分は「ほうほうほう・・・・・」と思いつつ、冷静に読んでいたのですが、最後の「日本のファンに向けてメッセージを・・・」の部分を読んで、急にテンションが急上昇した管理人です。

もちろん、ジェイクがこのブログを見るなんてことはありえないのですが、でも、このブログをはじめいろいろな方がジェイクのことをブログに掲載したり、またブログにコメントに残したり、youtubeなどにもメッセージを書いて、ジェイクを応援したり、待っていたりして、それを書かれたりしている・・・・そんなたくさんの方の想いがジェイクに伝わったのかなあ、と思い、ひとり本屋さんで感動していた管理人でした。

Guitar_magazine_214_2_laset_sentenc

|

« BURRN! 2014年2月号 ジェイク E.LEE特集~!!!! | トップページ | Guitar "Jake E.Lee モデル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

そぉなんですよ!、管理人様!!!
私達のアクションがJakeに伝わったんですよ!!!
だから私、何度も何度も管理人様にお礼を伝えたじゃないですか!管理人様がこういう場所を作ってくれたからこそです!


私も最近、Jakeのインタビューを読んで、JakeがあのBeggars & ThievesのYouTubeのコメントを全部読んだって言ってたじゃないですか、あれを見て驚いたって!私も書いてたんですよ、あそこにPlease come back!って。どわぁ〜私のメッセージも直接Jakeの心を動かす一部になってたんだって、すご〜い感動したんです!!!o(≧▽≦)o


もうアリーナになんか戻らないで、自分のこと好きだって言ってくれる20人くらいの人達の前でやり続けたいって、言ってましたよね。何かもうね、ホントすごーい遠かったのに、すごーく近くに来てくれましたね!!


いやいやちょっと興奮気味なのよ、(シツレイ)
車が調子悪くて修理に出したら、代車がCD聴けなくて、気が狂いそうになって、今はiPadに落として聴いてるんだけど、家のスピーカーがやたら中音域、つまりミドルレンジ強調されてて、めちゃめちゃギターがフィーチャーされて聞こえるわけ。いやぁ、Jakeのギターはやっぱ最高!!って感動を新たにして、この記事のアップがなくても書きに来ようと思ってたところ、Jakeが丁度ミドルレンジについて語ってる記事を見てキャーッってo(≧▽≦)o


今回も長いのたくさん載せて下さり、ありがとうございました!この曲はこうとか言われてるの、聴きながらなるほど〜と読めて楽しかったです!


しかし、このアルバム、ホント最高!!
Jakeのギターやっぱ最高!!
復活してくれて本当に良かった(つД`)


BURRN!買いました!すごい良かった\(^o^)/
あの表紙、すごい!ロブ・ハルフォード全然変わってない!って感動したら、当時の写真だった・・・ひどい。

投稿: アゲハ | 2014年1月12日 (日) 22時36分

管理人様こんばんわ。
フォール・フロム・ザ・スカイいいですよね。
ソロはやっぱりワンテイク!!
それにしてもとっても印象に残るソロですね。
早速コピーして毎日弾くのが日課です。
グリスディレイって言って、左手から始めるのがキモです。
昔の曲なんかでは右手から始めるのが多いので、
最初はこんがらがりました。

あと、いろんな雑誌でもコメントやブログの話題をしていて、繋がっているんだなーって感じますよね。
私もBeggars & ThievesのYouTubeコメント入れましたし(笑
読まれているのであれば光栄ですね(笑

投稿: abuthankyou | 2014年1月13日 (月) 01時45分

管理人様

僕もこのギターマガジン買いました!!

結局のところ、Beggars & Thievesの動画が決め手になったみたいですね。

僕もあの動画にはコメントしましたので、思わずガッツポーズしました(笑)

ちなみにギターの話ですが、楽器店の店長さん情報では、ジェイクモデルの22フレット版が出るようです。

初回発売分はの様子を見ていたのかどうかわかりませんが、ともかく、楽器店で早く実物を手にしてみたいと思います。

投稿: 音法 | 2014年1月13日 (月) 15時57分

abuthankyouさん、コメントありがとうございます。


>フォール・フロム・ザ・スカイいいですよね。
>ソロはやっぱりワンテイク!!
>それにしてもとっても印象に残るソロですね

ほんと!!abuthankyouさんのおっしゃる通りです。

>早速コピーして毎日弾くのが日課です。
youtube拝見しております。abuthankyouさん、すごいよ!!!!と思い、拝聴しております。

>グリスディレイって言って、
>左手から始めるのがキモです。
>昔の曲なんかでは右手から始めるのが
>多いので、最初はこんがらがりました。


これは、貴重な情報、ありがとうございます。


>私もBeggars & ThievesのYouTubeコメント入れましたし

そう仰ってましたね。ジェイクもロニーもコメントを全部見たようですので、とてもうれしいですよね。

>いろんな雑誌でもコメントやブログの話題を
>していて、繋がっているんだなーって
>感じますよね。


これぞ、インターネットの醍醐味でしょうね。ネットだからこそ、双方向のやりとりやつながりができるのだと思います。

投稿: 管理人 | 2014年1月13日 (月) 17時50分

アゲハさん、いつもコメント、ありがとうございます。


アゲハさんをはじめ、abuthankyouさんや音法さんやたくさんの方があのyoutubeの動画にコメントを入れたっていうその行動が、ジェイク復活の後押しになったんですよ!!


ところで車は直りました?

私もBURRN!の表紙には騙されました。中の写真との違いにびっくり!!


投稿: 管理人 | 2014年1月13日 (月) 17時52分

音法さん、コメントありがとうございます。


音法さんもyoutubeの動画にコメントを入れられたのですね。音法さん、アゲハさん、abuthankyouさん・・・たくさんの方のコメントの力がジェイク復活の原動力になったんだと思います。


ジェイクモデル情報ありがとうございます。

きっとシャーベル側もいったいどれだけの人がジェイクモデルを購入するのか、具体的に判断できないため初回生産は数を少なく限定したのかもしれませんね。確かに20年以上も第一線から姿を消しているギターリストをどれほどのファンが待っているかなんて、なかなかマーケティングはできないでしょうしね。

投稿: 管理人 | 2014年1月13日 (月) 17時55分

管理人様、みなさま、こんにちは!
車はまだ見積も上がって来てないです(´Д` )テンションだだ下がり。


私もフォール・フロム・ザ・スカイ(も)好きです!!
あの曲は、初めて聴いた時から絵が浮かぶのです、外国のヨットハーバーと、曇り空から覗く空の水色、こげ茶色のレンガの壁・・
ダレンのヴォーカルもとっても良い(^v^)


あのギターソロは、特に最初の方ですけど、カモメの鳴き声をイメージしてるんじゃないかと疑わないんですけど、そんな風に感じたのは私だけなのでしょうか?
タイトルにSEAGULLっ付いてるので・・

投稿: アゲハ | 2014年1月14日 (火) 13時31分

アゲハさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

車の件、大変そうですね。

かもめについては気がついてなかったです。さすがアゲハさん!

投稿: 管理人 | 2014年1月14日 (火) 21時17分

こんにちは、管理人様。
そうでしたか、あのギターソロをカモメと感じてたのは意外と少数派の様ですね・・


ところで!
最近、Jake個人のオフィシャルのFBが動き出してますね!(今まで音符のイラストだったページです)
実際には去年の11月に動き出してたみたいですけど
今までJake関連のサイトは、Red Dragon Cartelも含めJake本人が発信してるものを見たことがなかったので、ちょっと寂しいなと思っていましたが(あ、あのアルバム“Long Night's Journey Back To Sanityのメッセージは本人でしたね)


この個人のオフィシャルFBは、my bandとかっていう表現をしてるので「おぉっ、Jake本人だ!」っとびっくりした次第です(^o^)


しかしね。
日本ではアルバムが発売されて1ヶ月以上経ちますが・・
Jakeにゴリゴリのアルバムの感想を伝えられたJapaneseがいてくれてるでしょうか(>人<)
Jake、日本ではリリースされてるはずなのに、反応ないなぁって思ってないかな。
せっかくJake本人にアルバムの感想を伝えられる機会が整っているのに・・英語が公用語でない上にシャイな気質の日本人・・すごくすごく盛り上がってること伝えたいのに〜英語話せたらなぁ(´Д` )私。

投稿: アゲハ | 2014年1月20日 (月) 13時11分

おはようございます!、管理人様!
朝起きたら、こんなものが!!!♪(≧∇≦)♪

http://www.youtube.com/watch?v=C1zPls_cYc0&feature=youtube_gdata_player


7月の来日スケジュールも出てます!!!
4days全部クアトロです!!!

投稿: アゲハ | 2014年1月22日 (水) 08時49分

管理人様、アゲハ様
私も今朝起きて感動しました!もう何度も繰り返し見てます!
でも、大阪には来てくてないんでしょうか、、

投稿: ジェジェジェイク | 2014年1月22日 (水) 23時30分

ジェジェジェイク様、おはようございます!


梅田は大阪ではない?初日7月7日は梅田のクアトロってなってます。
あと名古屋のクアトロ、それから東京のクアトロ2days。


2日とも行きたいなぁ〜
ダンナさんが許してくれないかな( ´▽`;)
ていうか、チケットちゃんと手に入れられるかなぁ〜


渋谷のクアトロ、フィッシュ・ボーン以来だなぁ。(何十年前ぢゃ)

投稿: | 2014年1月23日 (木) 10時27分

めっちゃ大阪です‼︎

投稿: ジェジェジェイク | 2014年1月23日 (木) 20時28分

アゲハさん、いつもコメントありがとうございます。


また、貴重な情報をいつもぼんやりしている管理人にかわって、ピンポイントでお寄せいただきまして、本当にありがとうございまする!!!!

youtube、かっこよすぎる!!!!

ライブチケット、逃さないようにしなげれば!!


お車、まだかかりそうですか?修理・・・

投稿: 管理人 | 2014年1月24日 (金) 00時27分

ジェジェジェイクさん、コメントありがとうございます。

梅田にジェイクが・・・・(じ~ん 感動)

梅田のクアトロだと、スタンディングの可能性大ですね。当日券でるかな?

去年のスティーブ・ヴァイの時は当日券が出てましたが・・・。


ライブが月曜日かあ・・・金曜日だったら・・・いやいや、そんな贅沢はいえませぬ

投稿: 管理人 | 2014年1月24日 (金) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/58926248

この記事へのトラックバック一覧です: Guitar Magazine 2014年2月号 Jake E.Lee インタビュー記事:

« BURRN! 2014年2月号 ジェイク E.LEE特集~!!!! | トップページ | Guitar "Jake E.Lee モデル »