« Guitar "Jake E.Lee モデル | トップページ | Red Dragon Cartel - Deceived (Official Video / Jake E. Lee / 2014) »

Player 1987年3月号 JakeとWarrenの特集

 寒い日々が続いていますね。今日は久しぶりにいつものように昔、ジェイクについて掲載していた雑誌をひとつ、ご紹介したいと思います。

 Plyaerの1987年3月号です。

Player_1987_3

 いやあ、表紙の画像、いいですよねえ。

 次は目次の画像です。

Mokuji


 この号は特集が組まれていることもあって、二人の画像が多いです。

Top2page

 では、いつものように記事の抜粋をば・・・もうご存知の内容とは思うのですが・・・。

---------------------------------------

ウォーレン、ジェイクにギターのアイデアを教えてもらおうとした時期があったんだってね。ジェイクのプレイのどんなところに魅かれたの?

Warren:ジェイクはすごく洗練されていた。彼のプレイにはすべてのエレメントがあると思ったんだ。僕はまだ始めたばかりだったからね。知り合った時、ジェイクはあらゆる手を持っていたんだけど、僕はその時、何もなかったんだ。

Next2page

ウォーレンのプレイの第一印象は?

Jake:びっくりしたよ。すごい早くてね。始めた時から早弾きだったんだろうな。そういうテクニックをもう持っていたんだ。アドバイスしたことっていうと、ヴィブラートくらいなもの。今だに、キッズにきかれるよ。”本当にウォーレンに弾き方を教えたの?”って。

Warren:尾ひれがついちゃったんだよ。ジェイクも僕も弾き方くらいは知ってたさ。

Jake:プレイ全体についてのアドバイスって感じ。ウォーレンはヴィヴラートにあまり関心なかったみたいなんだ。だから”ヴィヴラートって僕にはすごく重要なんだ。君も勉強してみたら?スピードはあるんだから、何か別の事を勉強したらいいんじゃないかな。ヴィブラートなんかどう?これを身に付け、自分のものにしたら、ためになると思うよ。ものにするのはなかなか大変なものだけどね。”って言っただけ。

Warren:やっぱり、ものにするには、一番難しいテクニックのひとつだよね。ヴィヴラートには気をつけないと。

Nextnextpage

同じバンドでプレイしたことある?

Jake:同じバンドにいたことはないんだ。

しばらくルームメイトだったんでしょ?

Jake:サンディエゴで一緒に住んでた。僕、住むところがなかったんだ。ウォーレンがL.A.に引っ越して来た時も一緒に住んでいた。いつもギターをプレイするか、TVを見ていたよ。

Warren:何をするのも一緒だったね。朝の5:30まで起きてて、"Eye Spy"っていうTV番組を見たり。

Warren

どんな曲でジャムったの?

Warren:僕たち以外の人がきいたら狂っちゃいそうな奇妙なもの。

Jake:ものすごく難しいものか、ものすごくバカバカしいものだったな。

Warren:ハーモニーつけたりしてね。

Jake:マジにやったものなんて全くなかったよ。

Warren:でも、"Round And Round"のリフを思いついた。

Jake:"You're In Trouble"だろ。

Warren:"You're In Trouble"と"Round And Round"の両方さ。

Jake:その頃は一緒に住んでいなかったよ。

Warren:住んでいたよ。ちょうどその頃、"You're In Trouble"と"Morning After"を書いたんだ。でも"Round And Round"のヴァースはできなかったんだよ。

Jake:そうだったっけ?シリアスなものもいくつかやったね。

Warren:"Round And Round"を書き上げようとしたんだけど、ヴァースができなかった。ロビンと取り組んで、やっと出来上がったんだ。コーラス・パートが複雑だったんだけど、さらに複雑にしちゃったよ。

Jake:途方もなく速いリズム・パートがあったんだけど、へんてこなキーに変えてしまった。2人で小節ごとにリードをやったり、リズムをやったりしてね。かなりうまくいったよ。これをステージでやれたら、みんなぶっ飛ぶそ!なんて話したりしてた。ジャズっていう悪夢を見ていたんだな。どんなスケールでプレイしたらいいのか考えぬかなきゃなんなかったんだ。普通のコードじゃないからね。

Jakes_page_2

その頃、2人ともバンドに入ってたの?

Warren:2人とも週20ドルのギャラだった。僕はラットに入ったばかりで、ジェイクは他のバンド。

Jake:2人でギターを半音階ずらしてチューニングし、同じ曲をプレイするっていうバカげたことをやったりしたよ。ほとんどが"You've Got It"とかラットの曲。何時間もそういうことをやったりしたもんだから、家に来る人、みんなおかしくなっちゃったみたい。誰も理解できなかったらしいよ。

Warren:ジェイクが大きな犬を飼ってて、そいつが来る人、来る人に飛びかかるもんだから、みんな長居できなかったのさ。

Ratt

ジェイク、ウォーレンのスピードに刺激されて、自分も頑張ろうなんて思わなかった?

Jake:速弾きしても絶対まずいプレイにはならないように練習したいっていつも思ってた。ウォーレンは速弾きしても必ずクリーンなんだ。自分よりそれがうまくできるってのが気にくわなかったな。

Warren:そういう面でお互いにためになったよ。ジェイクはどこをとっても全体的にクリーンだったよ。僕は得意な部分もあったけど、不得意な部分もあったんだ。ギター・プレイを始めたばかりの頃なら、速弾きって簡単にできた。だから、そういう部分はのばしていこうと思ったんだ。結局、すごい速弾きはできるようになったものの、スピードを緩めることとか、実際に曲をプレイするってこととかになると勉強しなきゃなんなかったよ。

Jakes_page2

ヴァン・ヘイレンのリフはプレイできても、E♭maj7コードって言われるとどうしていいかわからなかったみたいなこと?

Warren:そう。他人の曲のリフはわかるんだけど、リズムがわからなかった。

そういう面が欠けているってわかったのはいつ頃?

Warren:バンドに入ったとたん、地獄だった。ちょうどジェイクと知り合った頃だったな。ジェイクに代わって言わせてもらうけど、彼、僕より経験豊富なミュージシャンだったんだ。ピアノを随分長くやってたらしいからね。僕はピアノは全然長続きしなかった。だから、彼、僕が最初からやらなきゃなんなかったことを全部、ギターを始める前に身につけてたわけなんだ。

Jake:ピアノをやっていたことで、プレイにはいろんな面があって、それを全部カバーしなきゃいけないんだってわかってたんだ。

Warren:すでに鍛えられてたってことさ。

--------------------------------

と、まだまだ記事は続きますが、ここで入力を挫折してしまった管理人。お許しくだされ。

|

« Guitar "Jake E.Lee モデル | トップページ | Red Dragon Cartel - Deceived (Official Video / Jake E. Lee / 2014) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは!
とっても楽しい記事のアップ、ご苦労様でした、ありがとうございます!丁度クリニックで話してた頃のインタビューで(^o^)
余裕がある時に続きが読めればとっても嬉しいです☆うふ。


ところでところで、いてもたってもいられず来ましたぞ。
なななんと、アメリカで発売されるアルバムには、日本盤には入ってないボーナストラック“American Dream"という曲が入ってるらしい。Feederのアコースティック・ヴァージョンがボーナストラックってなってるけど、更に1曲多いの!


私は今、Amazonで輸入盤予約してるけど、それに入ってるのかしら???
何で日本盤には入ってないの?日本で発売した後にでも録音したのかしらー?!


あと、1つ訂正です。
JakeのオフィシャルFBは、別に立ち上げられたものの様です。
間違えちゃってゴメンナサイ。あの音符のイラストのページは、そのままちゃんと残ってるの。
なぜ勘違いしたかというと、オフィシャルのサイトの存在なんか知らなかったのに、ある日突然、私のFBのタイムラインに登場し出したのです。RDCのFBをフォローしてる人には自動でリンクされるのかな?

投稿: アゲハ | 2014年1月24日 (金) 20時20分

ち、違うっっ!(焦)
アメリカのアルバムにはFeederのアコースティックヴァージョンは収録されてないです!重ね重ね失礼いたしました(;´Д`A ```

投稿: アゲハ | 2014年1月24日 (金) 20時24分

アゲハさん、おはようございます。いつも楽しいコメントありがとうございます。

FBのページの件、了承いたしました。

投稿: 管理人 | 2014年1月28日 (火) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/58998360

この記事へのトラックバック一覧です: Player 1987年3月号 JakeとWarrenの特集:

« Guitar "Jake E.Lee モデル | トップページ | Red Dragon Cartel - Deceived (Official Video / Jake E. Lee / 2014) »