« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

チケットは確保できるか?!!

 今日は7月に予定されているRED DRAGON CARTELの大阪ライブのチケット販売日です。

 もともとe-plusの会員でしたが、ちゃんと会員登録が生きているかどうか確認し、手元にクレジットカードも用意して(セキュリティ番号を聞いてきますからね)、12時からの予約開始に万全の用意をしてパソコンもサイトの画面を表示して、待っていました。

 さて、12時に販売が開始され、さくさくと予約画面を進んでいたのですが、途中で進まず。恐怖の「ただいま混み合っております」という世にも恐ろしい画面が表示され、なかなか予約できず。

 なんどもアクセスして、というか大阪市内からアクセスしているのに回線が混み合うなんて!!!そんなにみんな、殺到しているのか???

 画像認証の画面に行くも、肝心の画像が表示されず、どんな数字を入れていいのかわからない、焦る管理人。

 なんとかかんとか、ようやくまずスペシャルチケットの予約を入れたところで、またもや画面が表示されず。

 抽選予約はなんとかできたのですが、抽選に当たるかどうかが不明。うううう。

 こうなったら、次の手段、抽選に外れた場合に備えて、ローソンチケットのサイトに行くと、抽選予約のボタンはもうクリックできない状態。そんなに注文が殺到したのか????

 もし抽選に外れていたらどうしよう。Yahoo!オク?

 でも、こんなに大阪のチケット、殺到していたらヤフオクも高額になりそう。ううう。

 どうかどうか当たりますように。

 29日に一般販売があるからそれにかけるしかないのか???

 ちなみに抽選結果は25日にメールで通知です。

 どうか当たりますように(汗;汗)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ULTIMATE LIVE OZZY LIMITED PICTURE EDITION

中古のレコード屋さんを巡回していますと、オジーとジェイクが印刷されているレコードを見つけました。値段もお得だったので試しに購入してみました。

 表面が・・・

Ozzy

 なんだか呪われそうな・・・・というのは冗談ですが

 そして裏面が

Ozzy_jake_female

 収録されいてるのは

Ultimate_edition

 試聴してみましたが、音的には・・・う~ん。

 まあ、 聞くというよりは観賞用かな・・・

 ほかにランディー・ローズの生写真入りレコードも販売されていましたが、それは高額だったので購入せずです。ステッカーも入っていたかな???

 まあ、こういう商品もあるということで・・・

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

BURRN! 2014年4月号 その他のジェイク関連記事(ヴァンデンバーグ以外で)

 昨日は、ヴァンデンバーグが語るジェイク、という記事と彼のアルバムをご紹介したのですが、今月号のBURRN!にはほかにもジェイクについて触れている記事がいくつかあるので、それをご紹介します。

 今月号ではヴァンデンバーグ以外に、Motley Crueの特集が組まれています(特殊文字が出せなくて、きちんとしたバンド名称を記載できないことをご了承ください)そこでなぜかジェイクのことに触れている部分があります。

Motler_crue

画像から内容が読めなかった時のために、下記に内容を記載します。

-------------------------------------

質問:最近聞いた話なんですが、あなたとトミーとヴィンスは、ある日、ある若いギター・プレイヤーのところに行って、MOTLEY CRUEに入らないかといったそうですね。ジェイク・E・リーという名前の若者にです。それは事実ですか?

ニッキー:いや

質問:事実ではない?

ニッキー:俺は、そんな噂は聞いたこともないよ。俺が耳にした最新の噂はなんだったかな? 奇妙な噂は山ほど聞くが、俺がMOTLEYを始めた頃のジェイク・Eかい?

質問:そうです。

ニッキー:彼が? 俺はその噂は知らなかったよ。俺たちは、「BARK AT THE MOON」のツアーでオジーのオープニングを務めた時に、初めて彼に会ったんだ。あれが俺たちが最初に会った時で、俺たちはその時に友達になった。

-----------------------------

次にジェイクのことが紹介されているのは、BURRN!の特集記事「GREAT GUITAR HEROES」というところの41ページです。

41page

 

 そして、次は「HEAVY METAL CHANMPIONSHIP 2013 RESULTS」のコーナーでして、そこでジェイクが取り上げられています。

133page

----------------------------------------

 話は変わりますが、7月のライブ、大阪でも特別チケットが発売されるようです。抽選になるようですが、取ることができるかな??

 もし、特別チケットでリハ観戦等された方がいらっしゃったら、コメントで詳細を教えていただければ・・・・お願いいたします!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

BURRN! 2014年4月号 Vandenbergが語るJakeについて

 今月の5日ですが、毎度おなじみBURRN!を購入しました。店頭でざっとみたところ、ジェイク関連の記事はなさそうだったので、購入したものの、読んでいなかったのですが、この週末につらつらと読んでいくと、あちこちにジェイクの記事が散開しているじゃないですか!!

Burrn_2014_4

 表紙にもあるのですが、Adrian Vandenbergの特集記事があります。彼といえば、ホワイトスネークを連想される方が多いと思います。

 4ページにわたって特集記事が組まれているのですが、そこにジェイクについて語っている部分がありましたので、ご紹介します。

 以前、ダグ・アルドリッチがジェイクについて語っている記事をご紹介したのですが、同じような時期に活躍されいてた人たちってどこかでつながりがあるんですね。

76page

 読まますでしょうか?画像が少しきれいに処理できなかったので、念のため、下記に文章をご案内します。

-----------------------------------

質問:今回のアルバムの音楽には、ジェイク・E・リーのBADLANDSにも似た雰囲気を感じましたが、意識をしましたか?

エイドリアン:彼の名前が出るとは、とても興味深いね。実は、昨夜インターネットでジェイクのインタビュー記事を読んだばかりです。ジェイクとは、1983年にアメリカでVANDENBERGがOZZY OSBOURNEのサポートをやった時に、よく一緒に過ごしたんだ。3~4か月一緒にツアーをしていたけど、僕たちはすごく気が合った。それに、彼は素晴らしいプレイヤーだと思う。昨夜偶然に読んだインタビューでも、君が指摘するように、類似点を沢山見つけたよ。彼が今の自分がやっていることをどう感じているかも、僕の感じ方に凄く近いんだ。彼のほうが僕よりも長くシーンから離れていたけれどね(笑)

質問:彼が今やっているRED DRAGON CARTELの音楽は聴きましたか?

エイドリアン:まだなんだ。でも、素晴らしいと確信しているよ。彼は最高のギター・プレイヤーだし、凄く良いヤツだからね。人間としてもすごく誠実だし、素晴らしいギター・プレイヤーだ。だから、絶対にチェックするよ。でも彼がアルバムをリリースしているなんて、昨夜まで知らなかったんだ。僕もずっと自分のアルバム作りに専念していたからさ。ぜひ、彼に連絡を取って、近況を知りたいよ。彼が戻ってきたことを本当にうれしく思う。

Vandenberg

---------------------------------------------

実は、彼のアルバムはすでに手に入れてまして(先月あたりから、ギター雑誌系では特集が組まれていましたしね)聞いていたのですが、確かにBADLANDSを連想させるような曲がありました(まあ、管理人の個人的主観です)。ということもあり、この記事を読んだときは、同じように感じる人がほかにもいるんだなあって思ったしだいです。

Moonkings

 アルバムの13曲目「Sailing Ships」はなんとヴォーカルがカヴァーデイルです。(この曲がまたいいんですよ!!)

 80年代ロックファンには個人的におすすめのアルバムです。youtubeでも見ることができますよ。その映像もまた、いいんですよ~

 

 以前、もしジェイクがホワイトスネークからオファーがあったとき、加入していれば・・・・なあんてことを記事にしたことがあったのですが、もし、いつの日か、ヴァンデンバーグとジェイクの共演なんて見れたら最高だろうなあ・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »