« BURRN! 2014年 7月号 ジェイクの記事というか広告 | トップページ | YOUNG GUITAR 2014年7月号 創刊45周年記念特別増大号 »

BURRN! 2014年7月号 メタルとクラシックの共演の裏側

  昨日に引き続き、BURRN! 2014年7月号の記事についてご紹介させていただきます。

 特集記事として、

「BURRN!創刊30周年に向けてのカウントダウン企画 大10弾

編集長特別対談第10回 広瀬和生 × 安江正也(元 新日本フィルハーモニー事業部長)」

と、いう記事がありまして、以前、このブログでもご紹介させていただいたのですが、イングヴェイと新日本フィルハーモニーとの共演について、紙面で語られています。

Burrn_2014_7_yngwie

 イングヴェイと新日本フィルとの共演を企画・実行された方なので、裏話もなかなかお面白く、イングヴェイの本と読み比べてみると一層、内容は面白いです。イングヴェイと交響楽団との間で、この安江という方はすっごく本当に大変だったと思います。記事にも、この期間だけで5~6kg痩せた・・・という個所があります。ちょっと微妙な著作権関連の話も掲載されています。

同じ特集記事の中に、新日本フィルと、ジョー・リン・ターナーが2006年に共演コンサートをしたという記載があるのですが、アルバム化されていないみたいで、youtubeもざっと検索をかけてみたのですが、見つかりません。記事の内容からすごくいいコンサートだったようなので、ぜひ、聞いてみたいのですが・・・・現状では厳しそうですね。

|

« BURRN! 2014年 7月号 ジェイクの記事というか広告 | トップページ | YOUNG GUITAR 2014年7月号 創刊45周年記念特別増大号 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/59816237

この記事へのトラックバック一覧です: BURRN! 2014年7月号 メタルとクラシックの共演の裏側:

« BURRN! 2014年 7月号 ジェイクの記事というか広告 | トップページ | YOUNG GUITAR 2014年7月号 創刊45周年記念特別増大号 »