« BURRN! 2014年7月号 メタルとクラシックの共演の裏側 | トップページ | TOKYO GUITAR SHOW 2014 »

YOUNG GUITAR 2014年7月号 創刊45周年記念特別増大号



  YOUNG GUITARの今月号を手に入れましたが、創刊45周年記念特別増大号ということで、雑誌が厚い。普段の月の2倍近い厚さです。

Young_guitar_2014_7

 表紙もなかなか刺激的ですね。

 表紙にも「総勢45アーティスト、計450個超の伝説的リックをここに復刻」とありましたのでジェイクもあるに違いないと、この雑誌を購入しました。

 普段の2倍近い厚さがあるから重い~。

 さっそくジェイクの記事を探しますと特集記事「ギター英雄列伝」の1980年代のページに掲載されています。

Young_guitar_2014_7_jake1

 期間限定で、YOUNG GUITARサイト内で一部公開されていますので、ご興味のある方はこちらへ

http://youngguitar.jp/45th-archive

Young_guitar_2014_7_jake2


-------------------------------------

 その他の記事として、「総勢45アーティスト 計450個超の伝説的リックをここに復刻」ということで創刊45周年記念特別増大号 特別付録DVD2枚が付いているのですが、ここにはジェイクはいません。ただ、この特集で取り上げられているギタリストのうち、何人かをご紹介させていただきます。ただ~し、人選は管理人の独断で決めていますのでご了承を・・・。(画像中心のご紹介です~)

Young_guitar_2014_7_warren

Young_guitar_2014_7daugh


Young_guitar_2014_7gas_g

Young_guitar_2014_7joe_satriani_2



Young_guitar_2014_steve_vai

-------------------------------------

ちょっと名言集的にまとめてみました。

|

« BURRN! 2014年7月号 メタルとクラシックの共演の裏側 | トップページ | TOKYO GUITAR SHOW 2014 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

6月4日に、ラウドネスのニューアルバムを買いましたよ。聴いた感想としては、さすがに高崎さんですね。やはり、世の中、実力なんだな、と思いましたよ。日本のバンドで、これだけのレベルのバンドなんて、なかなかいませんよ。


バーンでは、ラウドネスの取材は、前田さんがやっていますけど、広瀬さんのラウドネス嫌いは有名ですね。これは、かなり昔から読者にバレテいましたよ。広瀬さんは大学を卒業した後、レコード会社に入社した人なんですよ。当時は日本のメタルバンドでラウドネスのセールスに勝るバンドはいませんでした。広瀬さんがかかわっていたウルフというバンドなんか、とてもじゃないけど、ラウドネスには、敵いませんでしたからね。だから、ラウドネスな対する僻みは、凄かったですね。


酒井さんのラウドネス嫌いも有名でした。酒井さんは、あれでも元プロのミュージャンでしたからね。全く売れなかったそうなので、日本のバンドに対する僻みが凄かったですね。だから、日本のバンドが嫌いなんですよ。

投稿: オジー | 2014年6月15日 (日) 19時43分

バーンで、日本のバンドの扱いで、いつも決まって高い評価をされているのが、アンセム、アウトレイジ。これらのバンドは、かつて、伊藤政則さんの事務所の所属だったからですよ。伊藤さんの息がかかっているバンドですからね。編集部の人達も商売上、下手な事は書けないんですよ。伊藤さんに見捨てられたら、バーンなんか、間違いなく廃刊だと思いますよ。


僕自身は、個人的に、アウトレイジは好きなんですけどね。何度もライヴを観に行きましたよ。

投稿: オジー | 2014年6月15日 (日) 19時56分

オジーさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます。


>さすがに高崎さんですね。やはり、世の中、
>実力なんだな、と思いましたよ。日本の
>バンドで、これだけのレベルのバンドなんて、
>なかなかいませんよ。


確かにオジーさんの仰る通りですね。ギター雑誌の表紙を飾っている日本人ってそうそういませんもの。私、まだ新しアルバムを聴いてなかったので、オジーさんのご意見、参考になります。ありがとうございます(≧∇≦)


日本のメタルバンド、たくさんあるのですが、海外の方々と肩を並べられる方はそういらっしゃるわけでもないようで・・・、でも、伊藤さんの事務所の件は初めて知りました。つまるところ、人間関係というか、ビジネス関係は紙面の構成にも大きく影響しているということなんですね。さすがオジーさん、情報通でらっしゃいますね。いろいろなことを教えていただきまして、とても参考になります。ありがとうございます。

実はラウドネスのライブは行ったことがないのです。DVDを視聴したりしているのですが・・・・youtubeで見ればいいのでしょうが、個人的にはやはりCDかライブで見たいという気持ちの方が大きいですね。

投稿: 管理人 | 2014年6月15日 (日) 22時51分

かつて、アースシェイカーも伊藤さんの事務所の所属でした。その当時は、当然、バーンもインタビューも記載していました。アルバムレビューでも酒井さんが絶賛して高得点をつけていました。ところが、このバンドが事務所に移籍してから、バーンは取材をやらなくなりました。酒井さんからすれば、セイキマツと同じ事務所になったのが気に入らなかったんじゃないか、と想像している人達がかなり、いましたね。正直なところ、僕自身も同じように想像していました。0点事件の一件もありましたからね。それからは、レビューで高得点が付かなくなりました。それこそ、酒井さんにレビューされたら、ボロクソに叩かれて、低い点数を付けられるのが、オチでしたね。

投稿: オジー | 2014年6月22日 (日) 14時10分

ミスタービッグの来日が決まりましたね。昔、何度か、観に行った事がありました。今、思い出すと懐かしいな、と思いますよ。だけど、90年代に、ポール・ギルバートが脱退してから全く観に行かなくなっちゃいました。ポールやビリーシーンがいるバンドですから、デビュー当時のファンは、バンドをやっている人達が多かった様な気がします。だけど、その後、ファンの客層が本当に幅広くなりましたね。
ポール・ギルバートがヤングギターの表紙になったのもミスタービッグがデビューしてからですよ。

投稿: オジー | 2014年6月22日 (日) 14時25分

イングヴェイの2013年のライヴ・アルバムが8月に発売が決まりました。これは楽しみですね。だけどヴォーカルは誰なんだろう。キーボードかベースの人が歌っているのかな。

2013年という事であれば、ラウドパークの時のメンバーなんですかね。

投稿: オジー | 2014年6月22日 (日) 17時04分

オジーさん、いつもコメントありがとうございます。


イングヴェイ御大のライブアルバムが出るのですか?!情報、ありがとうございます。去年のライブだとすると、オジーさんの推察通り、ラウドパークの時のメンバーの方々でしょうか?


ライブアルバムもいいけれど、ライブに来日(できれば関西方面)してくれないかなあと思う今日この頃です。

投稿: 管理人 | 2014年7月 2日 (水) 03時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/59816500

この記事へのトラックバック一覧です: YOUNG GUITAR 2014年7月号 創刊45周年記念特別増大号:

« BURRN! 2014年7月号 メタルとクラシックの共演の裏側 | トップページ | TOKYO GUITAR SHOW 2014 »