« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

RED DRAGON CARTEL Japan Tour 2014 当日!!!

 いよいよ待ちに待ったジェイク、もといRED DRAGON CARTELのライブの日がやってきました。遅刻なんぞすることを防ぐため、有休を取りこの日に備えました。大阪は雨だったのですが、午後から曇ってはいましたが雨もやみました。

 会場に行く直前まで、何を持っていこうかとあれこれと悩んでいた管理人。何を持って行ったのかは後述しますね。

 さてさて、会場に着きますと入口にはこんな案内掲示が。

Todays_guide

 いやあ、ますますテンションが上がる管理人。スペシャルチケットを握りしめ、スタッフの案内を待ちました。

Ticket

 なんと10階の会場をエレベーターで上がるのも、番号順で、一人ひとり番号を確かめられた上でエレベーターにのって10階に行きます。

 10階に行きますと、なにやら遠くからドラムの音が!!ますますヒートアップする管理人。そして確保したライブチラシがこちらです。

Paper

裏面はこちらです。

Pater2

 ふむふむとチラシを読んでいますと、スタッフからミート&グリートに際しての説明が始まりました。(これは梅田クラブクアトロでの注意事項です。他会場では案内が異なったり、変更される場合もあると思うので、ミート&グリートに参加される方は、参考程度にお読みくださいね)

 けっこうルールは厳格で・・・。まず、

1.リハーサルは客席から見学。撮影は一切不可。

2.リハの見学時、荷物の持ち込みは不可。

3.リハの見学前に一人一人に袋を渡すので、それに荷物を全部入れて、番号札をスタッフから引き換えにもらって荷物を預ける

4.リハの見学後に、写真撮影とサイン会。この時に荷物をいったん返すけれど、持ち出していいのはサインしてもらうものと撮影のデジカメとか携帯電話だけ

5.出演者にプレゼントを直接渡すのはダメ。渡したい人はプレゼントをスタッフに渡せば、スタッフ経由で出演者に渡すとのこと。

6.サインしてもらえるものは一人2個まで。

7.写真撮影はスタッフがする。一人2枚まで。

8.何かにサインしている様子とか、友達が写真撮影してもらっているのを横から撮影したりするのはダメ。

 等々。ほかにも何か説明していたかもしれませんが、ちょっと記憶に残っていません。ミート&グリートの参加は初めてなのでほかのアーティストの場合はどうなのか知らないのですが、ほかの方々の場合もこんな感じで厳格なのかな?

 とかなんとか言いながら、受付で、まずTシャツが一枚もらえます。サイズは、LとMと160というサイズの3種類です。普通の来場の場合、価格は一枚に付き3,500円です。アメリカンサイズのようなので、Mだとふつう体系の女性では大きいのですが、管理人はMをもらいました。

T_shirt

 上は表面です。中央の白いタグがサイズ記載のタグです。背中は・・・。

T_shirt2_2


 ちなみにTシャツは1種類でした。

 そしていよいよ荷物を預けまして、リハーサル見学に向かいます。ドアの向こうからはギターの音も聞こえます。客席に向かう階段の途中で、私の前を歩いていたお兄さんは、「ジェ、ジェイクがいる・・・」とか呻いて、階段にくずれるように座り込みます。だ、大丈夫かい? どうやら緊張と興奮のあまり・・・ということみたいでした。

 客席に横一列になって見学開始です。ダレンが「Welcome」なんて言ってくれたりしています。ジェイクはスタッフと話たり演奏したりして、リハをしています。ひゃあ。

 目の前でFeederのリハをしているのを見ていますが、なんか現実感がないというか。しかし、扇風機をジェイクの足元にセットしているスタッフを見たり、エフェクターをいじっている姿を見て、ようやくジェイクを目にしているという実感がわいてきました。

 ウォーレンとのギタークリニックの頃よりも体も絞れて、それにギターの演奏も乗っている感が伝わってきます。ちなみに使っているギターはジェイクモデルでした。

 あっという間にリハ見学が終わり、(そういえば何分見ていたんだろう? トリップしていた管理人です(汗))スタッフの誘導で、いったん客席から出ます。そして預けていた荷物を受け取り、中からサインしてもらう雑誌2冊とデジカメを取り出して、また荷物を預けます。どうやら去年のギタークリニックのように、「質問コーナー」とかはない感じです。

 そして、また一列に並んで、いよいよサインと写真撮影です。待っている間に、ほかの人が用意しているものを見たり、教えてもらったりしてました。ギターを持ってきている男性や、ピックガードをもってきている男性もいました。バッドランズのアルバムや、もちろんRED DRAGON CARTELのアルバムを持ってきている人、いただいたTシャツを用意している人もいました。しかし列は遅々として進みません。

 しばらくするとスタッフがやってきて、列を2列に分けました。どう分けたかと言いますと、バンドメンバー全員と一緒に写真を希望の人と個別に誰かと写真と取りたい人の列を作ったのです。まあ、当然と言えば当然なのですが、ジェイクとだけ一緒に撮りたい人が、バンドメンバー全員と一緒に・・・という方よりも多めの感じでした。

 管理人はせっかくの機会なので、バンドメンバー全員と一緒に・・・・の列に入りました。そしてこちらの列の方が先に中に入ることになりました。あっという間に管理人の順番が来まして、しかし、緊張のあまり片言の英語もぶっとんでしまう管理人。お会いできてうれしいことを伝えながら、ロニー、ダレン、ヨナス、ジェイクの順番にあいさつし、握手をしてもらい、その後スタッフの方に写真を撮ってもらいました。

Phot1

 ダレンとロニー

Phot2

 ヨナスとジェイク。

 これは1枚の写真を2分割したものです。管理人を真ん中にして撮影してもらったのですが、管理人入りの写真をアップなんぞすると、このブログの評価が急転直下急落し、皆様のアクセスがぱったりなくなること間違いなしなので、管理人の姿は削除させていただきました(笑)!

 そしてジェイクにサインしてもらったのはこの2冊。

Sign1

 

Sign2

 サインの時、いきなり隣に座っているヨナスに日本語の説明をしだすジェイク。どういう時に「どういたしまして」というか、文字に表しながら説明。もちろん、文字は日本語ではなく「Do! ITASHIMASHITE」とか書いてましたが。そして、私がサインのお礼を言うと、この時に、「どういたしまして、と言うんだ」と説明するジェイク。あの~・・・・。

 そして「ULTRA Extraってなんの本?」と聞いてくるので、ギター・スコアの本だというと、「こんな本があるんだ」と言ってるジェイク。まあ、ずいぶん前に発行されたし、本人自身は見たことなかったのかな?と思ったりしました。

 写真撮影が終わると、ほかの人の写真を見せてもらったり、サインを見せてもらったりしましたが、終わると、客席から出て荷物のところにもどるように指示されました。荷物のところに戻ると、ライブの時に払う飲み物代とチケットを手元に用意して、荷物はロッカーに入れて、いったん会場を出るようにとまた指示されました。

 この時、サインしてもらったTシャツを着たいので、お手洗いを借りたいという女性もいましたが、この会場のトイレは閉鎖したといわれ、Tシャツを着るのをあきらめてました。警備員も何人もいて、けっこうセキュリティは厳しい感じ。AKBの事件の影響なのか、それとも何かあったのか? 管理人自身の引っ越しでここ最近、全然ネットをチェックしていないのですが、何か事件とかあったのかも・・・と思ったりしました。それとも、警備ってこれが普通なのかな?

 あっという間にミート&グリートは終わったのですが、なかなか得難い体験をして面白かったです。(8日は出張で早起きしないといけないので、今日はこの辺で失礼します~)

| | コメント (58) | トラックバック (0)

RED DRAGON CARTEL Japan Tour 2014 いよいよ大阪公演!

 おはようございます。

 本日は、待ちに待ったJakeのライブを迎えました。オジーさん、来日情報、ありがとうございます。また、アゲハさん、コメントありがとうございます。

 管理人は、引っ越しの荷物の中から、さきほど、ようやくデジカメを探し当てたところです。本日は午前は会社ですが、午後からは半日有休。本日のライブに備えます。

 大阪は雨。ギターを持って行ってサインしてもらう、なあんて考えも浮かびましたが、サインしてもらうとそのギターを使うとサインが消える、となるとギターが使えない。ひゃあ、それでは困るということで、まだ何を持っていくか決めていないとほほの管理人。

 主催者側から来た注意事項メールによりますと、入場が15時30分から。リハ観賞開始がその15分後から。ミート&グリートがリハ終了後から、となってまして、ライブ開始前にいったん、会場の外に出るようです。

 サインしてもらうものが決まらない~!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »