« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

ポール・スタンレー自伝

 こんばんは。先週末、ポール・スタンレーの自伝を購入しました。

 先週、金曜日、実は大阪では、伊藤政則さんのトークショー「目撃証言2 へヴィメタル 魂の旅路」が夜からあったのですが、仕事で間に合わず(せっかくいつもコメントをいただいているオジーさんに日程を教えていただいていたのですが・・・・役立てられず申し訳ありません!!)、とぼとぼと家に帰っていると、不意にKISSのポール・スタンレーの自伝の発売日だったことを思い出し、閉店間際のジュンク堂梅田本店に駆け込んで購入しました。

Book

 値段も高いのですが(税抜2,800円)、本も分厚い。表紙込で4センチ弱も厚みがあります。読み応えたっぷり!!

 とはいえ、金曜日は疲れ果てていたので、読めず。そのまま爆睡。そして昨日から読み始めました。写真も豊富で・・・。

Open1

 カラー写真やモノクロも写真も掲載されています。(この二つの画像はカラー写真ですが・・・)

Open2

身体的なことや家庭のこと等で苦労されたことや、ジーンとの出会い、他のミュージシャンとのかかわりなど、赤裸々につづられています。

 ほうほうほう・・・と読み進めていますと、なんと、ジェイクも出てきました。と、言ってもジェイク個人のことではなくて、ドラムのエリック・シンガー絡みなのですが、でも、ジェイクが出てくるとは思わなかったので、少しびっくり。365ページの上段の箇所です。あともう一か所が323ページです。エースの変わりのギタリストがランディ・ローズやジェイク・E・リーに激しいい嫉妬の炎を燃やしていた・・・というくだりです。

あと、以前、ネットでポールが「オペラ座の怪人」のファントムを演じたことがあるという記事を見たことがあって、詳細を知りたいと思っていたのですが、ファントムのオーディションを受けたこと。公園の様子が記述されていて、すごく面白かったです。1999年10月まで演じていたそうですが、実際に見たかったなあ。これは422ページから記載されています。

 私は「オペラ座の怪人」がすごく好きで、ロンドンで1回、大阪で劇団四季のものを2回、見ています。ポールが演じるファントムを、生で見たかったです。

KISSファンのみならず、80年代のロックファンにも面白い本だと思います。去年のkISSのライブ、行っててよかったあとつくづく思いました。

| | コメント (36) | トラックバック (0)

YOUNG GUITAR 2014年9月号 Jake E.Lee/RED DRAGON CARTEL特集記事

 今月号、2014年9月号のYOUNG GUITARにジェイクの記事の特集が掲載されていましたので、ご紹介いたします。

Young_guitar_2014_9

Young_guitar_2014_9_2page1

 ジェイク自身がライブについて点数で評価している箇所がありまして、10点満点で評価すると、大阪が7点、名古屋が9点、東京初日が8点・・・・とか。大阪が一番点数が低いじゃん、と思いつつそれでも本当に良いライブでしたよ!!

Young_guitar_2014_9_2page2


記事を一部、ご紹介しますと・・・・

YG:そう言えば、ライヴ中はネック・ベンドを何度もやっていましたよね?

JL:まあね。でもやっぱりチューニングの問題は常につきまとうよ。やった後にどの弦の音程が上がってどの弦の音が下がるか、把握しておく必要があるんだ。1回ネックを押し曲げた後に、微調整してピッチを直さないと・・・。

YG:ライヴで使っていたギターは1本だけでしたよね?

JL:メインのこれはシャーベルのカスタム・モデルでスケールが短いんだよ。いわゆるギブソン・スケールというやつだな。本当なら長いフェンダー・スケールの方がネック・ベンドをしやすいんだがね。その分、ネックの材は今までのモデルとは違っていて、メイプルの変わりにマホガニーを使うようにした。これだとちょっとベンドも楽なんだ。

Guitar2

Guitar1

YG:昨年日本先行で発売されたシャーベルのシグネチュア・モデルとはかなりの違いがありますね。あちらの指板はローズウッドでしたが、このギターはエボニーが使われていますし。

JL:そうそう、あのモデルのネックはメイプルで、しかもフェンダー・スケール。コントロールはヴォリューム・ノブ1つしか付いていなかったよね。オジー時代に使っていたギターの仕様に近いな。今使っているこれは、バッドランズ時代の仕様にも若干似ている。

-------------------------------

 今回の号には、スコア「Secret Loser」がついています。

Secret_loser

セットは・・・。

Setting

 ちなみに、YOUNG GUITAR EXTRA13に掲載のセットは、下記の感じ

Extra_setting

 今月号のBURRN!をはじめ、インタビュー記事を読んでいますと、RED DRAGONは実験的な感じなのかな、と思ったりします。このバンドで新しいアルバムを出してもらいたいものですが、たびたび話題に出るウォーレンとの話も興味深いし・・・・う~ん。





| | コメント (17) | トラックバック (0)

WE ROCK 2014年9月号 Jake E.Lee 対談 特集記事 DAITA

 引っ越しもようやく落ち着きまして、ギターを弦を買いに三木楽器に行きました。当然のごとく書籍コーナーをチェック。YOUNG GUITARの最新号を手に取りながらも、別の雑誌に「Jake E.Lee」の文字が視界に入った気がしまして、他の雑誌をチェックしますと、あるじゃないですか!! Jakeが掲載されている雑誌が。

We_rock_2014_9

 さっそく中身をチェックしますと・・・。

We_rock_2014_9_topicks


 なんと冒頭にJake E.Leeの文字が。さっそくYOUNG GUITAR最新号とともに購入しました。

We_rock_2014_9_2page

 

DAITAとの対談記事です。

中身を少し紹介いたしますと・・・

DAITA : ところで、ジェイクの新バンド、レッド・ドラゴン・カーテルの構想というのはいつ頃持ち上がったんですか?

Jake : 去年までは何もやっておらず、ほとんど引退したような状態だったので、もう自分のことなど誰も憶えてすらいないと思っていたんだ。そんなある日、ロンから彼がやっているベガーズ&シーヴスというバンドのPVを撮影するので、ゲスト出演してほしいと頼まれて出たんだ。後日、完成したビデオをyoutubeで公開したらものすごい反響があったとロンが言うのね。”とにかくPVに対するコメントを見ろ”と。みんなジェイク E リーが帰ってきた”、”いったいどこに行っていたんだ?”、”新しいバンドをやるのか?”と興奮気味に書き込んでもらえていることがとてもうれしかったよ。

・・・・・・・・

DAITA : あの曲のピアノ(エクスクイジット・テンダーネス)は、ジェイクがギターで弾くコードのテンションに似ていて、それがすごいなと思って。ジェイクのギターって、ピアノっぽいんだなと思いました。

Jake : それは自分でも気づかなかったな。そうかもしれないね。モードでいうとリディアン。すごく好きなんだ。

We_rock_2014_9_jake2

DAITA : 俺もピアノからギターに入ったので、すごくジェイクの感覚がわかるんです。アルペジオとかもかなり個性的で、すごくギタリストらしくないコードの音を使うところとか。

Jake : ピアノでコードを弾いた後にギターで弾くと、どうしても足りないと感じる部分が出てきてしまうんだ。それを無意識のうちに補っているのかもしれないね。

We_rock_2014_9_jake

・・・・・・

ジェイクが使用しているギターの画像が掲載されていましたのでご紹介します。

We_rock_2014_9_guitar_parts

とか・・・・

We_rock_2014_9_guitar_parts2

とか・・・。

We_rock_2014_9_guitar_parts3

市販のジェイクモデルは21フレットですが、ジェイクが使用しているのは22フレットとかとか。

実は回答は、YOUNG GUITARの記事の中にありました。こちらも近々ご紹介しますね。

最後に、DAITAさんのBREAKING ARROWSのご紹介を。実は氷室京介さんが、オリックス劇場(旧大阪厚生年金会館)でライブをされたときに、DAITAさんの演奏を2回ほど、拝見したことがありました。このPVけっこう好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jake E Leeモデルエフェクター 「Majik Box Body Blow Jake E Lee Mod」

 ひさびさにネットをいろいろと見ていますと、秋ごろに発売されるのかなあ、なあんてのんきに見ていましたジェイクモデルのエフェクターがすでに、発売されているじゃないですか!!!

デジマーとや・・・。

http://www.digimart.net/

イケベ楽器で・・・

http://www.ikebe-gakki.com/ec/cmShopTopPage1.html

値段は税込で、37,800円です。(今日時点です)

Majick_box

 詳しくは上記のホームページを見てくださいね。紹介しているYOUTUBEも貼っておきます。(これは以前にもご紹介したYOUTUBEです)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BURRN!2014年 9月号 JakeとRED DRAGON CARTELの特集記事

 今月号、2014年9月号のBURRN!を購入しました!!

Burrn_2014_9

 さっそく目次を見ますと、RED DRAGON CARTELの特集記事が掲載されています。(ページの下の方です)

Burrn_2014_9_topicks

 記事は2か所に分かれて掲載されていまして、見開きカラーページは、146ページに・・・。

Jake2_burrn_201409

 そして、ジェイクとダレンのインタビュー記事は、モノクロで60ページから掲載されています。

Jake1_burrn_201409

 上はジェイクの記事でして、下はダレンの記事です。

Jake3_burrn_201409


 ジェイクはインタビューの中で、引退は否定しているので、これからはニューアルバムが出るのか、バンドが続行するのか、一部変更等あるのかは不明なのですが、でも引退はしないという点では一安心ですね。

・・・・インタビュー記事より・・・・・

「インタビュアー : 今後も音楽を続けるとしたら、こういう音楽をやりたいといったヴィジョンはありますか?

Jake : もしもRED DRAGON CARTELが今後も続くとしたらBADLANDS時代の仲間のグレッグ・チェイソンに加入してもらいたいと思っている。彼のようなベーシストと一緒にやる方が俺は好きなんだ。バンド自体続くかどうか判らないけど、何かはやるよ。グレッグと一緒にやりたいね。ほかの人になるかもしれないけど・・・。あと、俺とRATTのウォーレンで一緒に何かやるという話も出た。だから、何かを続けることになるだろう。でも、それがRED DRAGON CARTELになるかどうかはまだ判らない。」

他にもいろいろとインタビューは掲載されていますので、詳しくは紙面をチェックしてみてください。

今回のBURRN!は。個人的にですが、他にも面白い記事がいろいろと掲載されていまして、KISSのポールの自叙伝の話とか(8月下旬に発売予定です)、下記のような特集記事もありました。

Rock_phot

 この特集記事の中でも、思い出に残る話として、ジェイクのことに少し触れている箇所があります。

また、アルバムレビューも掲載されていました。

Runnin_with_the_devil

「RUNNIN' WITH THE DEVIL」のアルバムレビューです。154ページに掲載されています。77点というは、個人的に少し低めの点数のような気もするのですが・・・。

結構、今月号のBURRN!は読みごたえがあって面白いです。スペシャルCDもついてますしね。(ただしJakeではないですよ)

| | コメント (25) | トラックバック (0)

「Super Rock Guitarists」シンコー・ミュージック・ムックより

 久々のお休みにレコード屋さんや中古の本屋さんめぐりをしていますと、下記の本を発見しました。

Super_rock_guitarists

 版を見ますと、1994年発行となっています。ということはジェイクが掲載されている(はず)。ということで中身をチェックしますと、きちんと59ページに掲載されていました。

Super_rock_guitarists_jake_e

 きちんと1頁にわたって掲載されています。記事の内容はジェイクファンなら周知のプロフィールなのですが、この本が出版されたのが1994年ということもあり、ジェイクのページの末尾の文章は「・・・現在はソウルフルなバンドで再起の時期を図っているという情報もあるが、いずれにしても早くシーンに復帰してほしいギタリストだ。」とあります。

 ふふふふ。まさかその復帰のシーンを今年、見れるとは思っていなかったです!!!

 しかし、この本、ジェイクをはじめ、この時期に活躍していたロック・ギタリストがもれなく網羅されていまして、どのページも興味深いです。

Guitarists_list

 ううう、画像が小さい。100人のギタリストが紹介されています。ジェイクのように1頁で扱っているギタリストから、イングヴェイ御大のように3ページ(カラー写真付き)というギタリストや、ダグのように1頁の三分の一という掲載のギタリストもいます。

Daugh_page

 しかし、この二人が同じページに掲載というのも何やら縁を感じますね。

 ダグはホワイストスネーク後、どうするのかな?それにホワイトスネークのギタリストは誰になるのか? 等々、興味も尽きないのですが、なかなか面白い雑誌を見つけたということもあり、今回ご紹介させていただきました。

 明日はBURRN!の発売日。ジェイクの記事が楽しみです。2日発売のプレイヤーには掲載されていなkったので(ジェイクモデルの広告記事は掲載されていたのですが・・・)




| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »