« YOUNG GUITAR 2014年9月号 Jake E.Lee/RED DRAGON CARTEL特集記事 | トップページ | RED DRAGONCARTEL ベースにGreg Chaisson »

ポール・スタンレー自伝

 こんばんは。先週末、ポール・スタンレーの自伝を購入しました。

 先週、金曜日、実は大阪では、伊藤政則さんのトークショー「目撃証言2 へヴィメタル 魂の旅路」が夜からあったのですが、仕事で間に合わず(せっかくいつもコメントをいただいているオジーさんに日程を教えていただいていたのですが・・・・役立てられず申し訳ありません!!)、とぼとぼと家に帰っていると、不意にKISSのポール・スタンレーの自伝の発売日だったことを思い出し、閉店間際のジュンク堂梅田本店に駆け込んで購入しました。

Book

 値段も高いのですが(税抜2,800円)、本も分厚い。表紙込で4センチ弱も厚みがあります。読み応えたっぷり!!

 とはいえ、金曜日は疲れ果てていたので、読めず。そのまま爆睡。そして昨日から読み始めました。写真も豊富で・・・。

Open1

 カラー写真やモノクロも写真も掲載されています。(この二つの画像はカラー写真ですが・・・)

Open2

身体的なことや家庭のこと等で苦労されたことや、ジーンとの出会い、他のミュージシャンとのかかわりなど、赤裸々につづられています。

 ほうほうほう・・・と読み進めていますと、なんと、ジェイクも出てきました。と、言ってもジェイク個人のことではなくて、ドラムのエリック・シンガー絡みなのですが、でも、ジェイクが出てくるとは思わなかったので、少しびっくり。365ページの上段の箇所です。あともう一か所が323ページです。エースの変わりのギタリストがランディ・ローズやジェイク・E・リーに激しいい嫉妬の炎を燃やしていた・・・というくだりです。

あと、以前、ネットでポールが「オペラ座の怪人」のファントムを演じたことがあるという記事を見たことがあって、詳細を知りたいと思っていたのですが、ファントムのオーディションを受けたこと。公園の様子が記述されていて、すごく面白かったです。1999年10月まで演じていたそうですが、実際に見たかったなあ。これは422ページから記載されています。

 私は「オペラ座の怪人」がすごく好きで、ロンドンで1回、大阪で劇団四季のものを2回、見ています。ポールが演じるファントムを、生で見たかったです。

KISSファンのみならず、80年代のロックファンにも面白い本だと思います。去年のkISSのライブ、行っててよかったあとつくづく思いました。

|

« YOUNG GUITAR 2014年9月号 Jake E.Lee/RED DRAGON CARTEL特集記事 | トップページ | RED DRAGONCARTEL ベースにGreg Chaisson »

音楽」カテゴリの記事

コメント

エースの後任ギタリストというとヴィニー・ヴィンセントの事ですか。

キッスの歴代メンバーで、この人程、ポールとジーンに嫌われている人はいないんじゃないですか。

ジーン・シモンズの自伝でも、この人の事は、ボロクソに書かれていましたね。


ギタリストとしての才能があった人だっただけに勿体無かったですね。

投稿: オジー | 2014年9月 1日 (月) 19時21分

ポールが、演じた、オペラ座の怪人は、昔、ブートレッグDVDが売られていた事がありましたよ。今は、売っているのかどうか判りませんけど。

投稿: オジー | 2014年9月 1日 (月) 19時31分

オジーさん、おはようございます。コメント、ありがとうございます。

>ヴィニー・ヴィンセントの事ですか。


ご明察!!その通りです。機材を盗まれていたとか等々、自伝に書いてありました。

オペラ座はブートが存在するのですね。見てみたいのですが、音はどうなのかな?ポールのあの伸びのある歌声を聴いてみたいのですが・・・e-bayかな?ちょっと探してみます。情報、ありがとうございます。

投稿: 管理人 | 2014年9月 2日 (火) 07時54分

キッスの80年代のライヴビデオ、アニマライズ・アンセンサードをDVD化してもらいたいですよ。84年のアニマライズ・ツアーの映像で、85年か86年に発売されたんですよ。ノーメイクの頃の映像ですけど、80年代ですからね。ハデな演出がカッコよかったですよ。ちなみに、この時のジーン・シモンズの頭はカツラです。


90年代に、僕は、レンタルビデオ店で借りて自宅でダビングをしまして、その時のビデオをDVD-Rにコピーしたんですよ。当時は、キッスのオフィシャルなライヴビデオこれだけしかなかったんですよ。だから、キッスは、ブートレッグのライヴビデオが売れたんですよ。

投稿: オジー | 2014年9月 3日 (水) 01時35分

オジーさん、おはようございます(^O^)/


KISSのノーメイク時代はあまり知らないんですよ。でもポールの自伝を読んで、聞いてみようかと思っていたところです。


カツラの件は知らなかったです。どうしてカツラなのかなぁ?ユダヤ教のキッパの関係なのでしょうか?はて?

投稿: 管理人 | 2014年9月 3日 (水) 09時09分

キッスのツアーが始まる直前まで映画の撮影をしていたので、髪を短く切っていたんですよ。その為、カツラをかぶっていたんですよ。かなり昔、バーンで読みましたよ。


当時のジーンは、俳優の仕事をやっていまして、そちらの方も忙しかったようです。

投稿: オジー | 2014年9月 3日 (水) 12時49分

96年にエースとピーターがバンドの戻り、再びメイクをしてから、かなり経ちますから、ノーメイク時代を知らない人も多いようですね。


83年にメイクを落とした時は、キッスの人気がすっかり落ちていた時期でした。メイクを落とした事について、話題作りの為に素顔を見せた、と口の悪い人達は言ってましたね。


メイクを落としても80年代であれば、その時代のアメリカのへヴィメタルブームを意識したようなアルバムでしたよ。個人的には、どのアルバムも好きでしたよ。


92年のアルバム、リヴェンジでは、これまた、時代を意識したのかへヴィーでダークな音作りになっていました。これもいいアルバムだったと思いますよ。


ノーメイクでもいいアルバムを創っていたと思います。だけど70年代からのファンは、ピーターやエースが脱退した後、もしくはメイクを落とした後、ファンを辞めてしまった人が多かったみたいですね。だから、自分なんかは、新しい世代のファンだったんですよ。

投稿: オジー | 2014年9月 4日 (木) 01時22分

オジーさん、おはようございます(^O^)/ コメント、ありがとうございます。


映画の撮影だったんですね。私もジーン御大が出演している映画を、何本か見てます。一番すきなのは、ルトガー•ハウワー主演のウォンテッドです。御大は、適役のテロリストの役でした。テロリスト役がめちゃくちゃ似合ってました(≧∇≦)


確かにその映画では、ショートカットでしたね。

投稿: 管理人 | 2014年9月 4日 (木) 08時41分

オジーさん、おはようございます。コメント、ありがとうございます。

KISSのノーメイク時代の曲は聞いたことがなかったのですが、好きとか嫌いとかではなく、なんとなく聞いてなかったんです。でもオジーさんのお話で、すごく興味がわきました。週末に探してみます!ありがとうございます(^O^)/

投稿: 管理人 | 2014年9月 4日 (木) 08時43分

82年に発売されたメイク時代の最後のアルバム、クリーチャーズ・オブ・ザナイトから、本格的なへヴィメタルのアルバムを作るようになりました。簡単に言えばノーメイク時代のアルバムは、音楽的には、このアルバムの延長のような印象です。

クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイトのアルバムカヴァーに、既にバンドを脱退したエースが、写っています。この理由も、黄金期キッスの全貌を読めば、よく分かりますよ。


キッスのアルバムは、70年代は、ロックンロール。82年から、いきなりへヴィメタルになったと言う印象です。その為、70年代のファンの人達の中には、このアルバムに違和感を感じた人もいたようです。
僕自身は、さすがに70年代はリアルタイムではないので、ラジオで、このアルバムの曲を聴いて、これはカッコイイな、と思ったんですけどね。

投稿: オジー | 2014年9月 4日 (木) 14時20分

今日、タワーレコードで、バーンの今月号を買いました。この30年を振り返った内容には、僕自身も懐かしくなりました。


そういえば、この当時は、こんな事もあったな、とまるで、自分のアルバムを見ている様な気分になりました。

投稿: オジー | 2014年9月 4日 (木) 18時38分

オジーさん、おはようございます(^O^)/ コメント、ありがとうございます。


KISSのアルバムについて、詳しく教えていただきまして、ありがとうございます。近くにTSUTAYAがあるので、ノーメイク時代のアルバムをレンタルして聞いてみます。幸いにも、明日から週末なので、週末の楽しみにしました!(≧∇≦)


昨日、バーンが買えずじまいだったので、今日は是非とも、と思っているのですが、仕事の関係で移動、移動なので、本屋さんが開いてる時間に店に行くことが微妙です(~_~;)

投稿: 管理人 | 2014年9月 5日 (金) 06時39分

キッスの2009年のアルバム、ソニック・ブームは、聴きましたか。残念ながら、日本盤が発売されませんでしたけど、もし聴いていないのなら、タワーレコードのオンラインで、まだ、買うことが出来ますよ。

勿論、現メンバーになってからの最初のアルバムですよ。

投稿: オジー | 2014年9月 5日 (金) 20時53分

訂正します。ソニック・ブームは、アマゾンで、まだ買うことが出来ます。

投稿: オジー | 2014年9月 5日 (金) 20時59分

オジーさん、おはようございます。コメント、ありがとうございます(^O^)/

ソニック•ブームは買ってたんです。販売された時、ひゃあ、新作が出たんだ!と思ってためらわず購入した次第です。ポールの自伝を読むと、このアルバムに対するポールの思い入れがよくわかりました。もしオジーさんが自伝を読む機会がありましたら、478ページ以降のくだりです。

投稿: 管理人 | 2014年9月 6日 (土) 09時51分

87年に、ジーン・シモンズのプロデュースで、アメリカで、デビューした日本のバンド、EZOをご存知でしょうか。当時は、ラウドネスがアメリカの大手、アトランティック・レコードと契約していた時期であり、日本のバンドが海外を目指している頃でもありました。

そこで、日本のフラットバッカーというバンドがEZO仁改名してジーンのプロデュースでゲフィン・レコードから、デビューしました。僕自身も好きなバンドで、とても評価の高いバンドでしたが、ラウドネスのような成功をする事はできず、残念ながら90年に解散してしまいました。解散の話を聞いた時、勿体無いな、と思った人も多かったと思います。アメリカのミュージャンでも、このバンドが好きだった人は、多かったですよ。


ちなみに、ヴォーカルのマサキは、ラウドネスに加入して92年から、2000年の日本でのツアーまで活動しました。この頃のラウドネスは高崎さんが、特にライヴで凄い音を出していた事は、今でもよく覚えています。

投稿: オジー | 2014年9月 7日 (日) 13時51分

ラウドネスの95年のライヴアルバムに、このツアーで、ライヴを観に来たお客さんの全員の名前がCDのブックレットに、クレジットされたんですよ。勿論、自分の名前も記載されていました。残念ながら、このライヴアルバムは、現時点では、日本盤が廃盤なんですよ。

投稿: オジー | 2014年9月 7日 (日) 14時04分

オジーさん、こんにちは。コメント、ありがとうございます。

昨日から、ずっと今月号のBURRN!の特集記事を何度も読み返しています(笑)


>ジーン・シモンズのプロデュースで、
>アメリカで、デビューした日本のバンド、
>EZOをご存知でしょうか。


知識としては知っているというレベルなんです。ジェイクの記事を探して、中古のBURRN!を買い集めていいた時、ジーン御大関連の記事の中で紹介されちました。でも、確か1年か1年半くらいでプロデュースもジーン御大から別の人に代わったんですよね。


アルバムは聞いたことがないんです。


ただ、今回のポールの自伝で、ジーンと一緒に写っている写真が何枚か掲載されていますが、その中にEZOのTシャツを着ているジーン御大が写っていました。

>ラウドネスの95年のライヴアルバムに、
>このツアーで、ライヴを観に来たお客さんの
>全員の名前がCDのブックレットに、
>クレジットされたんですよ。勿論、
>自分の名前も記載されていました。


うわぁ、オジーさん、すごい!!!
でもラウドネスも粋で素敵ですね。名前入りかあ。すごいですね。


>ヴォーカルのマサキは、ラウドネスに加入して
>92年から、2000年の日本でのツアーまで
>活動しました。


そうだったんですね。EZO解散後、紆余曲折があったんですね。ちなみに今、調べてみたらドラムの人もいっとき、ラウドネスに在籍されていたんですね。


投稿: 管理人 | 2014年9月 7日 (日) 18時03分

93年にラウドネスから、ドラムの樋口さんが脱退。後任が元EZO本間さんに加入しました。この後、ベースに現アンセムの柴田さんが加入しました。それにしても凄い顔ぶれですよ。
マサキ、高崎、柴田、本間の4人ですからね。
まさに実力者の集まりですよ。当時の音楽性には、とても賛否がありましたが僕自身は好きでしたよ。
本間さんは、ラウドネスに参加する前に浜田麻里のバックバンドをやっていました。


それにしても、樋口さんと柴田さんは、仲が悪かったですね。これは有名な話ですよ。

投稿: オジー | 2014年9月 7日 (日) 19時54分

オジーさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます(^O^)/

その時のラウドネスのメンバー、すごいですね。オールスターキャストというか。でもバンドを組む関係上、人間関係は不可欠なんですが、いろいろとあるんですね。音楽性や方向性、個人の価値観が絡み出すと、なかなか難しいものがあるのでしょうか。


オジーさん、いろいろと教えていただきまして、ありがとうございます(≧∇≦)

投稿: 管理人 | 2014年9月 7日 (日) 23時42分

今日、楽器店で、ポールの自伝を読みましたけど、面白かったですね。これだったら、是非、買いたいですね。

投稿: オジー | 2014年9月21日 (日) 19時21分

オジーさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます。


ポールの自伝。なかなか面白いです。しかし厚い。また末尾にインデックスがついているので、辞書引きできますよ。


厚いというせいもありますが、値段もなかなかですよね。でも、読みごたえはあります。

投稿: 管理人 | 2014年9月21日 (日) 23時11分

オジーさん、見つけました!!


youtubeでポールのファントム(オペラ座の怪人)を見つけました!!!

動画の画像はよくないのですが、ポールの声が聴けるので十分。


いやあ、感動で涙が出そうになりました。


教えてくださってありがとうございます。DVDでちゃんとしたきれいな動画で発売されないかなあ。ほしいです。

投稿: 管理人 | 2014年9月21日 (日) 23時16分

今日、新宿のエアーズに電話をして聴きましたが、ポール・スタンレーのオペラ座の怪人のブートレッグDVDが、今でも売っているそうです。

発売されたのは、99年だそうです。おそらく、この当時はビデオで発売されたんでしょう。
それが、その後、DVD化されて、今でも売っているんだと思われます。


ネット販売もしているそうです。
電話をすれば、商品の事について説明してくれると思います。


エアーズ、03-3369-6613


僕自身も、まだ、売っているお店があるんだな、と思いました。最近は、このDVDの話を全く聞いていなかったので。
現時点では、このお店だったら確実に買えると思います。


電話をすればで、画像の事など、詳しい事を教えてくれると思います。

廃盤になる前に買っておいた方が確実に手に入れることが出来ると思います。

投稿: オジー | 2014年9月23日 (火) 21時20分

オジーさん、こんばんは。


わざわざお電話までしていただきまして、ありがとうございます!!感激です。


オジーさんのコメントを読んですぐにサイトに行ったのですが、電話受付時間は終了していたので、さっそく、値段と画像について問い合わせのメールをしました。


まあ、画像はいまいちでもよいです。「見る」というより「聴く」方が主なので。いやあ、うれしいなあ。

東京ってこういうお店があるんですね。面白くていろんなページを見ました。ギタリストの区分けは面白いですね。一度、行ってみたいなあ。いや、今度東京に行くことがあれば、絶対に行く店の一つになりました!!

オジーさん、教えてくださって。それにお電話で確認までしていただいて本当にありがとうございます。


楽しみです~!!!!また詳細が判明しだい、ご連絡しますね。

投稿: 管理人 | 2014年9月23日 (火) 21時58分

今日、原宿アストロホールに、マーティ・フリードマンのライヴを観に行ってきました。


ライヴ会場に行く前に、新宿のエアーズに行きました。
オペラ座の怪人のDVDは、売っていましたよ。
カメラワークは、Ⅹです。つまり、オーディエンス・ショットでは、一番、カメラ・ワークがいいレベルです。
少なくとも、カメラワークについては、観やすい、という事です。
廃盤になっていなくて良かったですね。

投稿: オジー | 2014年9月26日 (金) 00時03分

エアーズに、89年のポール・スタンレーのソロ・ツアーのDVDも売っていました。これも懐かしいですね。この時、ポールとエリック・シンガーが、初めて、一緒の仕事をしたんですね。
これも、ビデオの時代から売っていましたね。
ポールの自伝によると、エリック・カーが、この時、自分がクビなると思っていたんですね。
ジーン・シモンズの自伝にも、同じような事が書かれていました。

だけど、ポールの自伝は、ジーンが読んだら、どう、思うんだろうね。
ポールもよく、ここまで書きましたね。
昨日、渋谷のタワーレコードで立ち読みをしました。やっぱり読んでいて面白かったですね。
これは、買わなくてはいけませんね。

投稿: オジー | 2014年9月26日 (金) 13時54分

ポールのオペラ座の怪人のDVDは、2980円でした。税込みだったか、税抜きだったか、覚えていないんですけど。


2000年の何月号だったか覚えていないんですけど、プレイヤーが、フェアウェルツアーをやっていた時のキッスを取材しています。
この時、ポールが、オペラ座の怪人をやったときのことを話していましたよ。あれから、10年以上が経ったなんて、早いものだな、と思います。
なんか、つい、この間の事の様に感じるんですよ。

エアーズに行く前には、神保町のブンケンロックサイドにも行ってきました。
伊藤さんのラジオでも有名な、あのお店ですよ。
店長の山田さんにお会いするのは、4月以来でした。昨日は、2009年のラウドパーク特集号を買ってきました。

投稿: オジー | 2014年9月26日 (金) 14時11分

オジーさん、こんばんは。いつもコメント、本当にありがとうございます!!!

先日、オジーさんの返信コメントに、エアーズに問い合わせメールを送ったって件を書いたと思うのですが、まだ返信がないのです(フリメは使ってないのですが)でも、問い合わせた内容はオジーさんからいただいた情報ですべて判明しました!!!ありがとうございます。


今日は仕事でエアーズに電話できなかったのですが、明日、営業時間帯に電話して注文予定です。


ネットから注文しようと思ったのですが、アーティスト一覧の「ポール・スタンレー」のところをクリックしても何も表示されないんです。それで問い合わせメールを送ったのですが・・・。

でも、オジーさんからの情報で知りたいことが分かったので、明日、電話注文します!!


早く見たいです。というか聴きたいです。

ポールの自伝は結構繊細な部分まで書かれていますよね。読み応えはあるし、ジーン御大が自伝を読んだ感想を聞いてみたいです(怖いかも~)


>プレイヤーが、フェアウェルツアーを
>やっていた時のキッスを取材しています。
>この時、ポールが、オペラ座の怪人を
>やったときのことを話していましたよ

わあ、読みたいなあ。プレイヤーを探す楽しみがまたできました。東京ならすぐに見つかるかもしれないですが、大阪はなかなか雑誌は見つからないです。でも探す楽しみはありますけどね(笑)

>神保町のブンケンロックサイドにも
>行ってきました。
>伊藤さんのラジオでも有名な、あのお店ですよ。

ううう。今度、東京に行くときは、スケジュールをしっかり組んであちこちじっくりまわりたいです。はっ!!!そのためには貯金だ!!

そうだ!!オジーさん、マーティのライブはどうでしたか?オーディエンス、盛り上がりました?


だんだん涼しく(というか夜は肌寒いかな)なってきましたので、風邪に気を付けてくださいね。朝夕と日中の気温差で風邪をひいてる人がおおいそうですよ。

投稿: 管理人 | 2014年9月26日 (金) 23時17分

やはり、直接、電話をして聞いた方がいいと思いますよ。今週、電話をした時にも、オペラ座の怪人は、売っているという事、それからネット販売もしていることは、お店の人が言っていたんですよ。


ただ、以前から疑問だったのは、ホームページを見てもキッスの商品が、紹介されていないんですよ。他のバンドであれば、簡単にネットで買える様になっているんですけどね。
お店に行けば、キッスのDVDは、いっぱい売っていますよ。


ちなみに、自分は、東京に出掛けた時に、直接、お店で買っちゃうんですよ。その為、このお店に限っては、インターネットで買ったことは、無いんですよ。
かつては、このお店の常連客でしたよ。当時の店員さんは、今は、全く姿を見ないので、一体、どこに行ったんだろう、と思う事がよくあります。

投稿: オジー | 2014年9月27日 (土) 13時26分

オジーさん、こんばんは。

さっきまでメールを待ったのですが、問い合わせメールに返信が来なかったので、先ほど電話して注文しました。すぐに指定金額を振り込んだので、来週にはDVDが到着すると思います。楽しみだなあ。


>ただ、以前から疑問だったのは、ホームページを
>見てもキッスの商品が、紹介されて
>いないんですよ。他のバンドであれば、
>簡単にネットで買える様に
>なっているんですけどね。

そうそう、そうなんですよ。ポール・スタンレーのところをクリックしても何も表示されないので、キッスから検索してみうと思ったんですが、そもそもキッスのカテゴリーがないんですよね。おかしいなあ、とは思っていたんです。


でも、オジーさんのおかげで購入することができました。ありがとうございます。早く届かないかなあ。

投稿: 管理人 | 2014年9月27日 (土) 19時18分

なんとか購入する事ができてよかったですね。
新宿には、ブートレッグの専門店が他にも、いくつかあるんですが、お店によっては、インターネットによる販売は全くやっていないお店もあるんですよ。やはり、万が一の事を考えているようなんですよ。
それから思えば、エアーズは堂々とやっていますね。
これは、何年か前にライヴ会場で雑談していた人から聞いた話なんですが、バンド側から、クレームが付いた商品は、生産中止になってしまう事もあるらしいんですよ。エアーズだって裁判になっちゃったら商売が出来なくなりますからね。
自分も過去に、買おうと思っていたDVDが、いつの間にか廃盤になっていた事はありましたよ。
ちなみにその時のバンドはキッスですよ。
あくまでも想像ですが、エアーズは、キッスからのクレームを警戒しているのではないか、と思ってしまいますよ。

投稿: オジー | 2014年9月27日 (土) 19時59分

オジーさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます。

おかげ様でなんとか購入できました。さっきエアーズからメールがありまして、週明け入金確認でき次第、送付します。とのことでした。ひゃほー。


いつ廃盤になるかわからないので、ほしいのものは押さえておく方が無難ですよね。

>あくまでも想像ですが、エアーズは、
>キッスからのクレームを警戒しているのでは
>ないか、と思ってしまいますよ。

確かに、ジーン御大とかは商標権や権利等に厳しそうですものね。ポールの自伝にもエースとピーターはそういうことに無頓着だったので、自分たちがキャットマンとスペースマンの権利を買い取ったというくだりがありました。

投稿: 管理人 | 2014年9月27日 (土) 23時17分

マーティ・フリードマンのライヴは楽しかったです。全曲、ギターのインストの曲ばかりのライヴは、おそらく、スティーヴ・ヴァイ以来ですよ。
ニューアルバムからは、ヴォーカル入りの曲はやりませんでした。
前座は、ガールズ・メタルバンドのメアリーズ・ブラッド。今月号のバーンでアルバムレビューがされていたバンドですよ。
このバンドのギターの人が、マーティのステージに飛び入りして、一曲だけ、一緒にギターを弾いていました。
お客の反応はそれなりによかったと思います。
それにしても、予想以上に狭い会場でした。


だけど、マーティさんは、本当に上手いギタープレイヤーだと思いました。

投稿: オジー | 2014年9月28日 (日) 05時22分

オジーさん、こんばんは。マーティのライブ情報、ありがとうございます!!

>それにしても、予想以上に狭い会場でした。
原宿アストロホールというところですね。そうなんですか。マーティクラスならある程度大きなところでするのかなあって思ってました。


メアリーズ・ブラッド、ギターのSAKIという方はアルバムレビューでも評価が良い感じですね。ベイビーメタルといい、ガールズバンドも目立ってきましたね。

投稿: 管理人 | 2014年9月29日 (月) 01時21分

オジーさん、おはようございます。コメント、ありがとうございます(^O^)/

届きましたよ!ポールのDVD!!ひゃっほー。昨日は疲れててとても見れなかったなですが、楽しみです!!


オジーさんのおかげで手に入りました!!ありがとうございます(≧∇≦)

投稿: 管理人 | 2014年10月 2日 (木) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/60240225

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・スタンレー自伝:

« YOUNG GUITAR 2014年9月号 Jake E.Lee/RED DRAGON CARTEL特集記事 | トップページ | RED DRAGONCARTEL ベースにGreg Chaisson »