« KISS秘法館に行ってきました | トップページ | YOUNG GUITAR 2014年12月号 Steve Stevens特集記事 »

BURRN! 2015年1月号 亡くなった人の特集記事について

 発売からずいぶん遅くなってしまいましたが、BURRN!の2015年1月号の特集記事について思うことがあったので、ブログ記事にしました。

Burrn_2015_1

 表紙はカヴァーデイルです。冒頭に特集記事が掲載されていますが、新しいギタリストに関する発言は載っていないです(ここのところが一番知りたいのですが・・・)

 さてさて、ご紹介したい特集記事というのは、

「創刊30周年記念スペシャル企画 特別座談会:編集部員が語るBYRRN!の30年」の中の、「PART3:亡くなったミュージシャンの思い出」です。

 この記事のラストの部分でRATTに触れているところがあるのですが、そこにちらっとジェイクの発言が紹介されています。

Burrn_2015_1_1

 本誌、38ページの真ん中の段落の部分です。

 上の画像では、見づらいと思いますので、下に一部分を掲載しています。

-------------------------------------------------

「スティーブンって、最近のインタビューではいつも「RATTは俺とロビンのバンドだったし、ロビンがいなくなって変わってしまった」ってことを強調しているけど、だからこそ、当時ロビンがアルコールとドラッグでボロボロになって自分でダメになっていったことに対して、多分、物凄く怒ってたんだと思う。

「なんでお前はもっと自分を大事にしないんだ」って。あのツアーの時もボロボロだったらしいね。

ジェイク・E・リーも言ってたけど、そもそもスティーブンがロビンを入れたくて、ジェイクはそれが嫌で辞めたわけじゃない? 

スティーヴンはロビンが大事と思ってたわけで、ウォーレンに乗っ取られていくのが嫌だと思っていたのは、スティーヴンもロビンも一緒だったはずだと思う。でも、ロビンはもうバンドを続けられる状態じゃなかったんだよね。

---------------------------------------

とまあ、ある意味では興味深いお話なんですが・・・・。管理人が亡くなった人について座談会っぽい記事でいつもちょっと違和感に感じるのは(事実を項目的にたんたんと掲載しているものは別として)、亡くなった方についての座談会っていうのは、結局、生きている人が言いたいことをあーだこーだ言ってるだけで、真実はご本人にとか当事者にしかわらかないと思うのです。

もっとも時間が経過すればするほど、当事者の記憶や考えも変化するとも思います。

ただ、一つ言えるのは、座談会であーだこーだ言われても、亡くなった人はそれに対して意見を言うことも弁解も何もできないのですね(まあ、亡くなっているのですから当たり前といえば当たり前なんですけど)。一切弁解できない相手に対して、自分はこう思う。きっと、彼らもこう思っていたはず等々ってちょっとな・・・、と管理人はそこに違和感を感じるわけなんです。

とまあ、ちょっと感じたことを羅列してみました。もちろん、この特集記事についてはいろいろな考えや意見はあると思います。それは人それぞれでしょうし・・・。

|

« KISS秘法館に行ってきました | トップページ | YOUNG GUITAR 2014年12月号 Steve Stevens特集記事 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

12月21日、千葉ルックで、ユナイテッドのライヴを久しぶりに観てきました。
今年の5月に、ベースの横山さんが亡くなってしまったのは、残念でなりません。
しかし、このバンドのライヴは、相変わらず、凄かった。
12月29日の渋谷サイクロンでのライヴも今から楽しみです。

投稿: オジー | 2014年12月25日 (木) 10時05分

AC/DCのニューアルバムは、前作に続き最高でした。これは来日公演が楽しみです。
来日公演の実現が難しいバンドなので個人的には、2001年の来日しか観に行っていないんですよ。2010年の来日は都合が悪く、観に行く事ができませんでした。

投稿: オジー | 2014年12月25日 (木) 10時17分

オジーさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます!!!


AC/DCってBURRN!にもあまり記事が掲載されないですよね(わたしが見てないだけかもしれませんが・・・一度くらいしか記事を読んだことがないです。その時はアンガス・ヤングのインタビュー記事でしたが)。確かにオジーさんが仰るように来日回数が少ない感じですよね。

殺人依頼とか、スキャンダルが先行している感じですが、ぜひ、聴いてみたいものです。


アルバム、ちょっとi-tuneかタワレコで聴いてみます!

投稿: 管理人 | 2014年12月25日 (木) 22時50分

12月29日に、渋谷サイクロンで、ユナイテッドのライヴを観て来ました。
このバンドのツインギターは、本当に最高です。
バンドの実力は、ライヴを観れば分かりますね。

それから、ダグ・アルドリッジのニューバンドのビデオもネット上で観る事ができますよ。
なかなか、いい曲でした。

投稿: オジー | 2014年12月31日 (水) 16時37分

オジーさん、こんばんは。


コメント、ありがとうございます。


>バンドの実力は、ライヴを観れば分かりますね


そうそうそう!!!ほんと、オジーさんの仰る通りですよ。いくらyoutubeとかの画像はかっこよくっても、ライブですべてがはっきりしますよね!!

ダグの情報、ありがとうございます。最近、ダグの件は全然ネットチェックしてなかったです。


ダグ、来年、来日してくれないかなあ(2月以外で(笑))

投稿: 管理人 | 2014年12月31日 (水) 20時15分

広瀬氏のライトブリンガーのレビューには、吹き出してしまった。
アマチュア・レベルのバンドに93点とは笑ってしまいましたよ。
こんなの誰が信用するんだ、と思いましたよ。
高い広告費を貰っているバンドには気を使って大変ですね。

投稿: オジー | 2015年1月11日 (日) 20時28分

オジーさん、おはようございます(^O^)/ コメント、ありがとうございます(^O^)/

最近のBURRN!のレビュー点数は、全然あてにならないですよね。今月号もほとんどが80点以上で、コメントも当たり障りのないものばかり。コメントは、どうしてもアルバムを聴いた人の主観になるとは思うのですが、点数をつける以上、購入の判断の材料になるように、きちんとした点数にしてほしいです。

投稿: 管理人 | 2015年1月13日 (火) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/60861410

この記事へのトラックバック一覧です: BURRN! 2015年1月号 亡くなった人の特集記事について:

« KISS秘法館に行ってきました | トップページ | YOUNG GUITAR 2014年12月号 Steve Stevens特集記事 »