« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

Jake E Leeが説明 ジェイクモデルのエフェクター パート2

 今回の記事は、以前、2014年11月28日にご紹介しましたジェイクモデルのエフェクターのパート2です。

Jakes_model_2

 おや、管理人、とうとう購入か! 違うのです。まだというか購入していません。このブログにコメントをくださっている音法さんが、購入されて、使い勝手についてブログをアップされていますので、それのご紹介です。(音法さん、記事引用許可、ありがとうございます。)

 アンプとの兼ね合いとか、掲載されていますので、購入をお考えの方は一読の価値ありと思います。ちなみに音法さんは、大阪のESPで購入とか。

音法さんの当該記事のアドレスです。

http://ameblo.jp/soundillusion/entry-11971672823.html

2015年1月1日の記事です。

それと念のため、ジェイクの説明動画も貼っておきます。(以前掲載したものと同じです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

John Sykes 新ニュース

 コメントをいただいております四谷さんから、John Sykesについての新しいニュースを教えていただきました。

 ここでご紹介したいと思います。

John_news

 記事のアドレスは下記です。

 音のサンプル付きです。CDのタイトルはまだ未決定のようですが・・・。

http://www.blabbermouth.net/news/john-sykes-audio-samples-of-upcoming-solo-album/

四谷さん、教えていただきましてありがとうございます!!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

YOUNG GUITAR 1997年 8月号 Jake E.Lee編

 昨日に引き続きまして、YOUNG GUITAR1997年8月号の中身についてご紹介したいと思います。

Young_guitar_1997_8_2


 表紙を飾っているのが、Warren DeMartiniとなれば、それもこの年代となりますと、Jake について語っているに違いない(根拠のない確信(笑)!!! ということで、目を皿のようにして記事を読みますと、(記事の内容はRATTの再結成についてなんですが)、二か所だけ、ジェイクについて語っているところがありましたので、ご紹介いたします。

Young_guitar_1997_8_jake1


本誌9ページで、「バンドの創始者でもあるフロントマン:スティーヴンがリズム・ギター・プレイヤーとしての己を語る!」という記事にジェイクのことがちょっとだけ載ってます。

Young_guitar_1997_8_jake2

 う~ん、まあ、何とも言えない内容なんですが・・・・。

 ほかには、10ページにもあります。

Young_guitar_1997_8_jake3

 BIOGRAPHYのところなんですが・・・・。

Young_guitar_1997_8_jake4


 ラットは、スティーブンとジェイクが中心となって、云々というファンなら既知のことなんですが、でも、ジェイクのことが掲載されていたということで、ご紹介いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YOUNG GUITAR 1997年 8月号 John Sykes編

 休みの日、毎度恒例の中古レコード屋ショップや楽器屋さんめぐりをしました。大阪にありますアメリカ村の中古レコード、CDショップに行きますと、John SykesのバラードCDを見つけました。

 私が知っているJohn Sykesの知識と言えば、ホワイトスネークのギターをしていた、その後、ブルー・マーダーというバンドを結成したとき、レイ・ギランがヴォーカルに入っていたが、マネージメントの関係でレイが解雇された・・・・ぐらいなんですが、興味がありまして、CDを購入しました。

 その足で、近くにあります石橋楽器心斎橋店に行きますと、中古雑誌のコーナーがありまして(期間限定かもしれませんが)、何気に手に取った、ウォーレンが表紙の号にまさしく先ほど購入したJohn SykesのCDの特集記事が載っているではありませんか!!!

Young_guitar_1997_8


 

 さっそく216円で購入(笑)しまして、CDを聞きながら記事を読んでいる次第です。

Young_guitar_1997_8_jhon1


 John Sykesのことはあまり存じないのですが、どうして彼は”殿”と呼ばれているのでしょう? 貴族階級出身???と思い、ざっとウィキーを見ましたがそんなことは書いてないし????

 CDさっそく、聴きましたがレスポールの音がいいんですよ~!!!! Sykesの歌も初めて聴きましたが、これもなかなかいいんです。でも曲調は全体にバラードバラードしているというよりは、メロディアス的で、ややポップ系という感じ。聴きやすいです。譜面とかないんだろうなあ・・・・。

Young_guitar_1997_8_jhon2

Young_guitar_1997_8_jhon4


 個人的には、"DIDN'T WE SAY! や、"DON'T HURT ME THIS WAY"が好きです。

 

 この号は、結構興味深い記事がありして、表紙を飾っているのがウォーレンということは、当然、ジェイクに触れている部分もありまして(少しだけですが)、次回はジェイク Eについてご紹介します。また、ダグの特集記事もあります。そういえば、来週、ダグのアルバム発売予定だ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新年 楽器屋さんめぐり 福袋 惨敗(しくしくしく)

 お正月もあっという間に終わり、もう明日は月曜日。休みが終わるのは本当に早いですね。大晦日・お正月もお仕事の方もいらっしゃると思います。お疲れ様でございます。

 そんななか、管理人は毎年恒例、楽器屋さんめぐり。福袋を探せ~を昨日、行ってきました。諸事情がありまして、スタート時間は、午後からです。さっそく、大阪市北区は梅田の楽器屋さんから攻めました。

Loft_shimamura1

 一軒目はロフトの8階にあります島村楽器です。

http://www.shimamura.co.jp/umeda/

福袋はなかったのですが、スコアやエフェクターを安売りしていました。

Loft_shimamura2

Loft_shimamura3




 商品を購入すると、おみくじをひかせてくれました。

Omikuji

 管理人は「末吉」を引きました。スタッフの方に尋ねますと「大吉」なら当たりとのこと。「何が当たるんですか?ギターとか?」と聞きますと、500円のクーポンとのこと。管理人は当たりとかはなかったのですが、面白いおみくじなので、あとでスケジュール帳に貼っておくことにしました。

 書かれていることは、ちなみに(かっこ)内は管理人のつぶやき

「学問・・・・皆より三倍励めば成就する」(た、確かに・・・)

「願事・・・・・多くの望めば願い叶わず」(え~!!!)

「音楽・・・・・基礎練習を徹底すべし」(仰る通りでございまする)

-------------------------------------------

次は、すぐ近くのNU茶屋町の石橋に移動

Ishibashi


結構にぎわっていましたが、福袋なし~。

http://www.ishibashi.co.jp/store/umeda.html

---------------------------------------------

梅田のESP

福袋なし~

http://www.espguitars.co.jp/shop/customshop/access.html

---------------------------------------------

梅田のナカイ楽器

福袋なし~

Nakai

-----------------------------------------------

次は楽器屋さんではなくて、スコアとかが充実している紀伊国屋バンドスコアに向かいました。ここは梅田ナカイ楽器から徒歩10mくらい。

昨年、1月2日に来たときは、まだお正月休みで、営業開始が3日だったので、今年は3日は開いているだろうと思ってたんです。が!!!!!!

Bandscorehouse


閉まってるじゃないですか!!!! うき~~!!!!! ひどい~!!!

http://www.kinokuniya.co.jp/c/store/#osaka

--------------------------------------

何やら幸先の悪いものを感じつつ、大阪市営地下鉄御堂筋線で梅田から心斎橋に移動。MIKI楽器に入る前に、少し、近くのドトールで休憩してからMIKI楽器にGO!!

Mikigakki


MIKI楽器は、昨年は2日に来たときは閉まっていたということもあり、今年は3日に楽器屋さんめぐりをすることにしたのですが、今年は3日にオープンしていました。地下1階がエレキギターやベース、ドラム等の売り場で、1階がピアノ等、2階が書籍やグッズ等、あと教室かな?という広いお店です。

電子ピアノをお買い上げの方には、という感じで小さな福袋はあったのですが、ギターやベース関連では福袋はなかったです。

実は、このあたり(心斎橋)では、「WE ROCK」という雑誌を置いているのは、この店舗だけなんですよね。この雑誌をチェックするために、MIKI楽器心斎橋店にはよく来ます。去年の8月号にはジェイクが掲載されてました!!

http://www.mikigakki.com/shinsaibashi/

--------------------------------------------

次は、アメリカ村、ミュージックランドKEYです。毎年、この店舗は福袋を置いていますね。

Key1

ビルの2階にお店があるのですが、衝撃の事実が!!!!

Key2


すでに完売(涙!!!) お店の人に聞くと、残っているのは「ドラムの福袋」だけで、ギターの福袋はすべて完売とのこと!!!

気落ちする管理人。ふと、レジを見ると、毎年恒例のピックおみくじをしていました。1回100円。当たりにはピックの裏に数字が書いてあるとのこと。

Key3

1位は、もちろん、ギターとのこと。管理人、5回クジにチャレンジしましたが、完敗。

Five_picks



 お店のスタッフの方が気落ちする管理人を見て「昨日は3000円(つまり30回)分、ピックくじにトライした人がいましたけど、その人も外れてましたから」そ、そうなのか。でもスタッフの方の話は続きます。「でね、次に女の子が来たんですけど、その子、100円で4等を当てたんですよ。(4等はエフェクター)」ますます気落ちする管理人。

http://www.musicland.co.jp/store/shinsaibashi/

---------------------------------------------

かくなる上は、すぐ向かいの店舗、石橋楽器 心斎橋店

Ishibashi_shinnsaibashi


ここは、福袋なし~

でも、実は、この店舗、管理人が数か月前から目を付けているギターがありまして、それが売れてしまっていないかチェック!!

http://www.ishibashi.co.jp/store/shinsaibashi.html

---------------------------------------------------

次は、歩いて1分以内のプレミアムギターズへ!!!

Pg_guitars


 店舗に入ろうと、自動ドアを見た途端、いやな予感が!!!!

 昨年は、入り口のところに置いてあった福袋が全然ない。

 もしや!!!!

 完売~!!!!

 お店の人に聞くと、2日の午前で完売したとのこと。涙!!!!

http://www.premium-g.jp/

去年も一昨年も、その前も余裕で買えていた福袋が~!!!!

これ以上、動くことができない管理人(大げさ~!)

あと、思い浮かぶ楽器屋さんと言えば、難波にあるロックイン難波 山野楽器。しかし、難波に行くとなると、またもや電車で移動。時刻はすでに夕方~!!

ということで、電話して福袋を聞いてみると、福袋はない、とのことでした。

http://www.rockinn.co.jp/shoplist/namba/

----------------------------------

というわけで、今年は福袋の中身をご紹介することができません(すみません!!!!)ギターの福袋なんてそうそう、買う人はいないさ、と状況を管理人が甘くみていたことが原因です。

来年は2日の朝いちばんから、動くぞ!!!

と決意を新たにする管理人でした。ちなみに、東京とかだと福袋を扱っている楽器屋さんって多いのかな? どうなんだろう?

福袋は買えなかったけど、いろいろなお店でギターを見ることができるのと、楽器屋さんを巡るのは楽しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

新年、あけましておめでとうございます!!!

 新年、あけましておめでとうございます。

Happy_new_year

 今年も、どうぞ、「きた来たギター」ブログを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 新年用に撮影したのですが、お正月の飾りがいまいちうまく撮れていないですね(汗)

 ジェイクが表紙を飾っている雑誌やスコア、けっこうありますよね。管理人、実は今、一番怖いのが「火事」でございます。ギターや雑誌が燃えてしまったら~、なんて考えてしまうと恐ろしいです。ジェイク関連の雑誌はストッカーに入れているのですが、大火事だと燃えてしまうでしょう・・・・ひゃあ。

--- 閑話休題----

さて、明後日は、毎年恒例、楽器屋めぐり「福袋を探せ!!!」を行う予定です。去年は2日に動いて、オープンしていない楽器屋さんがありましたので、今年は3日に行ってきま~す!!

| | コメント (36) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »