« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

KISS JAPAN TOUR 2015 パート2

 記事は昨日の続き、KISSのJAPAN TOURのパート2です。

Poal1

おおお、ここにポールは移動してくるのだな、と思いつつ撮影しました。

Poal2

ミニステージの上にあるフック。これにつかまってポールが移動します。

Poal3
ミニステージです。

Poal4

ジーン御大が血を吐いているシーンですが、ミニステージではスタッフがあわただしく動き始めてます。

Poal5

脚立を立てたり・・・。

Poal6
調整したりして・・・。



Poal7

ミニステージが少し上に上昇したところです。

Poal8

あっ、ポールがフックにつかまって移動してきます!!



Poal9


ギターを背負ったまま移動しているとは思えないほどの軽やかな移動です。




Poal10




Poal11

このステージ、ゆっくりと時計まわりに回転します。2013年の時もそうだったのかな?あまり記憶にありません。(汗)

Poal12

Poal13






Poal14



Poal15

途中でギターを交代。

Poal16

Poal17
二曲目の途中でステージに戻るポール

--------------------

そしてラスト・・・・・

2013年のライブと同じように紙吹雪が舞います!


Poal18


Poal19
紙吹雪の中、ギターを壊すポール。

ラストの曲は「サムライ・ソン」です。ももクロとのコラボで2バージョンあるうちの1つらしいです。結構、この曲が好きになった管理人。実はももクロとの曲は聴いてなかったんですね。アルバムはTSUTAYAで見たりしていたのですが・・・・。

Finish

予定曲リストは知らないのですが、(管理人の推測ですが)予定曲より、1~2曲、今日は少なかったのではないかと思いました。ポールの調子なのか理由はわからないのですが・・・。時間も2013年のライブより少し短めでした。

ただ、ポールが、来年も来る!!と言ってましたので、とてもうれしいです。ミート アンド グリート 行けたらな・・・・。

今回のツアー、東京からスタートだと思っていたら、名古屋スタートで東京はラストなんですね。グッズ販売開始を待っている時、東京のチケットを売りますよ~と声をかけていた女性がいました。あのチケット、売れたのかなあ?

| | コメント (14) | トラックバック (0)

KISS JAPAN TOUR 2015 パート1

 KISSのJAPAN TOURの大阪ライブに行ってきました!! 前回の2013年のライブの時は、出遅れて、と言っても開始時間前に会場にはついたのですが、余裕をもって到着しなかったのでグッズ類はすべて完売していた(涙~)ということもあり、今日は、開場の3時間前に到着。

 すると、川沿いに長い長い行列ができています。はて?何の行列と思っていると・・・・。

Goods_sell_noon3


ちょっと画像からはわかりにくいと思いますが、手間から川の奥(画像の右奥)まで、ずらっとグッズを買うための行列が!!!!

きゃあー!!! 

メガホンをもったスタッフの方が16時から(つまり1時間後ですね)グッズの販売を開始すると何度も言っています。寒い中、ずっと立ったまま待っている管理人(雨じゃなくてよかったです。いや、雨なら買うのをあきらめていた可能性が高いです)

ようやく、16時になり、グッズ販売が開始されました。混乱を避けるため人数を分けて販売コーナーに案内されます。

Goods_sell_noon

はやく入口まで案内してくれないかなあ~と思いつつ撮影。

Goods_sell_noon2

ようやく管理人の順番が来ました!!!

しかし、皆様お金持ち~。二万円とか三万円とか五万円以上とかすごい金額をお買い上げ。まあ、友人とかに頼まれているのかもしれませんが。

ちなみに管理人はTシャツは買わず(今までいろいろなライブでTシャツを購入しているので、ものすごい数のTシャツを持ってます)、ツアーパンフも興奮して購入してもあとから読み返すことってあまりないので、実用重視で買ったのは!

Towel1

マフラータオル? タオルマフラーだったかな?まあ、それです。長いので半分に折って撮影してますが反対側は・・・

Towel2


こんな感じ。ちなみに、管理人の家、キッチンタオルはホワイトスネークやほかの洋楽バンドのマフラータオルが大活躍。バスタオルもハードロックカフェのバスタオルや洋楽バンドのバスタオルが大活躍という、ロックが嫌いな人が見ると、えっと思うような家かもしれません。水栽培のアイビーはこれまたハードロックカフェでもらったグラスで栽培しています。わはは。

Pickset


ピックセットです。確か1,500円。ただし、ギターを弾くには実用性はちょっとかもかも。このピック以外に、トミー・セイヤーのフォト付きピックも販売されてました。それは4,000円だったかな?(購入せず)

Neckless


つい勢い余って購入したネックレス(どこでつけるんだ、どこで!と自分に問いかける管理人)。

Bless


マグネットで固定するブレスレットです。重いですよ。


とまあ、こんな感じで今年のライブはグッズをゲット。何やらテレビの取材クルーも着てまして、KISSメイクをしたファンの方にインタビューを取ってました。

Tv_crue

入場口の様子。時間が早いのでこの時はこんな感じです。

Entrance




そして横を見ますと・・・・。

Vip

おおおお、VIPの方ようですね。つい、ジェイクのライブの時のミート アンド グリートを思い出す管理人。

Vip2

ジェイクの時は2万円でしたが、KISSは10万円くらいしたような・・・。

開場が18時からなので、ひとまず近くでお茶しながら時間をつぶすことに。しかし、晴れているとはいえ、寒かったです(涙)。グッズ購入まで時間がかかったので結構体が冷えました。

そして18時。いよいよ。会場に戻ります。これは会場すぐ近くの大阪城。

Osaka_castel




グッズ販売、まだ皆様ならんでお買いもの中。

Night1


Night2


ライブ看板を撮影するファンの方々。だんだんにぎわってきてまして、管理人も人知れずわくわくモードになってます。

Night3


そして管理人がグッズを購入した16時過ぎには閑散としていた会場入口は満員に!!

Night4


開演前です。会場内、デジカメとか高機能、高性能カメラおよび動画撮影は禁止ですが、携帯カメラ、スマホの撮影は2013年の時と同じく可能です。前回のライブの時は管理人は2階席でしたが、今年は!!

Tickets


アリーナ!!!

うれしいですが、ちょっと不安が。もし前の方ががたいのいい背の高い男の人だと見えなくなる可能性を少し考えながら座席を探すと、なんと、いつもポールがライブ途中で移動するミニステージの前!!!

きゃあー!!! 一人興奮する管理人。このミニステージの時の様子は、明日のブログにアップいたします。

開演予定時刻19時を過ぎますと、場内から手拍子が!!!! いやあ、テンションあがります。

そして!!!

Night5

はじまりましたよ!!!

Night6

けっこうKISS クラシックと言われる曲を演奏してくれました。

Night7

ただ気になったのが、ポールの調子。

体調が悪いのか、喉の調子がいまひとつなのか。いつものパワフルヴォイスではなかったです。でも、スキヤキソングのアカペラはさすがです。聞き惚れました。

Night8

アリーナ、正面なので、ギターの音がすごくよく聞こえてうれしかったです。

Night9


まいどおなじみ、ジーン御大が血を吐いているところです。


毎度おなじみのシーンだけど、毎回新鮮に感じる演出なんですよね。もう、何度も見ているけど、見飽きるということが、KISSのライブはこのシーンに限らずありません。そこが世界の第一線でそれこを何十年もトップを走ってきた実力なんだと思います。

この続きは明日のブログにアップしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAMMショー 2015 シャーベルブース

 NAMMショーでのシャーベルブースの映像がyoutubeにアップされていたのでご紹介します。

 一度は行ってみたいと思っていますが(遠い目)、行ける日がくるでしょうか? 

Charvel_booth_2015
 

時間的には1分弱です。

Charvel_booth_2015_2jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jake E.Lee "Happy Birthday!" Part2

 アメリカ(たとえばラスベガスとか)と日本では時差が17時間ぐらいありますので、アメリカでは今日、ジェイクの誕生日を祝ったりしているのかな??  と思って、RED DRAGON CARELのフェイスブックをチェックしてみたのですが、今のところ、あまりメッセージとか掲載されていない感じですね。

 実は、昨年のようにこのブログにコメントをよせてくださっている皆様からジェイク宛てのメッセージを募集して、記事にしようかと思ったりもしたのですが、なんだが強制みたいな感じもしたので、今回はケーキ画像を(昨日の記事です)掲載した次第でした。

 そんな中でも、コメント欄にジェイク宛のメッセージをよせてくださった方々(本当に感謝です)がいらっしゃり、コメント欄にバースデーメッセージを埋もれさせるのはもったいないという思いがわきまして、メッセージを本文にあげさせていただきました。

 きょう以降も日が過ぎたとしてもジェイク宛誕生日メッセージ(セカンドアルバム出して~とか、また来日待ってるよ等々でも)をお寄せいただけるようでしたら、しばらくはこのページにメッセージを掲載させていただきます。

 音法さん、ジェジェジェイクさん、Pちゃんさんからのジェイク宛、誕生日メッセージをお伝えさせていただきます。ありがとうございます!!!!!!!!

 また、エースさとるさんからもジェイク宛のメッセージ、お預かりさせていただきました。ありがとうございます!!

------------------------------------------------

音法さんからのメッセージ・・・・・このコメントがJakeに届くと信じて、僕もここでおめでとうメッセージを書かせてもらいますね~

Jake!!  Happy Birthday!! 

 I'm looking forward to next Album and live in Japan.

1022_2

ジェジェジェイクさんからのメッセージ・・・・Jake Happy birthday!

これからも皆でジェイクの活躍に期待しましょうね!

Sign2

Pちゃんさんからのメッセージ・・・・JAKE!Happy birthday!!!

Jake9



管理人:Jake Happy Birthday!

日本からたくさんのあなたのファンが、これからの活動を応援しています!!! ぜひ、また来日してライブをお願いいたします!!!

Jake7800

エースさとるさんからのメッセージ・・・

*Jake*
Happy Birthdey!!!

Thank you very much for much guitar play!
I also want you to support Japanese guitar and effect.

Because somehow Japanese feels the place the definition to which an overseas thing is preferred can't finish being missing where.
It's a question.
You even do guitar play even here and come, and how do you think of a guitar once more?
What changes by repeating the year?
What became new?
I'll be paying attention to a body and be also supporting now!

Ace Satoru

Jake2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Happy Birthday!! Jake E.Lee!

 2月15日は、このブログにとっては極めて重要な日です。

 すなわち、ジェイク E.Leeの誕生日!!

 前回の誕生日の時には、いつもコメントをいただいたり、ブログをご覧いただいている皆様にご協力いただきまして、たくさんのメッセージを掲載することができました。

 ありがとうございます。

 で、今年も同じようにして、メッセージ募集を・・・と思ったのですが、昨年と同じ趣向というのもちょっと面白味がかけると思いまして、そこで、誕生日といえば、誕生日ケーキ!!!

 用意しましたぜ、ジェイクのために、そしてジェイクの誕生日を祝ってくださっている方々のために!!!

1022




 (あまり画像が大きくないなあ~)ヴァレンタインデーで店内が混み合っているケーキ屋さんにはせ参じまして、誕生日ケーキを手に入れました。

 

 実は管理人、甘いのは苦手です。辛党なんです・・・。勢い余ってケーキを買ってきたのはいいのですが、これ、一人で食べるのかい?と思うと(汗)、無理~。ということで、一切れはジェイク用に切り分けまして、

Jake_birth2

 残りは皆様で、画面からでもご賞味いただければと幸いでございます。

 

 掲載記事を確認しまして、2013年からこのブログにコメントいただいている皆様へ~

(掲載順は、最新でコメントをお寄せいただいた方から、2013年1月1日の間にコメントを書いてくださった方順で、ご紹介させていただきます)

 オジーさん、音法さん、四谷さん、HASEさん、エースさとるさん、ジェジェジェイクさん、Pちゃんさん、アゲハさん、Masaさん、abuthankyouさん、violetさん、ぴゅあさん、がらさん、りっちさん、kumaさん、通りすがりですさん、JMRさん、にゃんこ先生☆、ゆさん、ヒロシックスさん・・・・。

 いつもコメントありがとうございます。そしてブログをご覧いただいている方々にも感謝申し上げます。

Jake!! Happy Birthday!!

ジェイク、誕生日、おめでとう!!!

 Hoping you have a wonderful day!

 We wait for you to make a live again in Japan and next ALBUM to be released.

 

Jake1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

マルコメ味噌の気になるCM「ロックを聴かせた味噌汁」

 この前たまたまテレビをつけますと、どこかの工場で演奏しているバンドがうつっていました。「あれ?MTV JAPANが放送してたっけ?と思いつつロック系だったのでそのまま見ていますと、なんとマルコメ味噌のCMでした。

 正直、なんなんだこれは??????

 まさかのまさか、お味噌汁のCMとは思ってもみなかったのですが、昨日、会社近くのファミリーマートで見つけたのが「ロックを聴かせた味噌汁」

Marukome1

 思わず三つも購入してしまいました。ちなみに中身はこんな感じ

Marukome2

 つらつらとホームページに行ってみますと、

http://www.marukome.co.jp/misoshirus/index.html

味噌汁'Sとマルコメの共同プロジェクト、とあります。

?????

そもそもこの味噌汁'Sというのがけっこう有名なバンドなのか、それともこのCM用に誕生したバンドなのか全然知らないで、ただ、「ロック」という文字が入っているだけで商品を購入した管理人。邦楽バンドはちょっとよくわからないです・・・。

今日のお昼休み、食べてみたのですが、味は、たぶん、ふつう。

いやあ、こういう色のパッケージなので、辛いとか、ガツンとした味とか、つまりロックという単語がネーミングに使用されているくらいなので、ハードな味を期待したのですが、それほどでもなく・・・・。

こだわっているのはカロリー表示? ロックにこだわって69kcalとのこと。

いやあ、こだわるならもっとロックという単語にふさわしく中身にこだわってほしかったなあ。パッケージを見ても、何味なのかわからないんですよ。原材料を見ても、米みそ、次に砂糖が書いてあるし・・・。

マルコメさんは、食シーン、いつを想定しているんでしょうね? まあ、単純にお昼とかの食事時なんでしょうけど、もっとほかのカップお味噌汁とは違う価値観(ネーミング以外に)を出してほしかったなあ。たとえばマルコメ味噌だからこそできる大豆のがっつり感とか・・・・。

あえてロックにこだわった理由がわからない。カップの中に曲のダウンロードの用紙が入っているけど、いっそ、ピックとか、入れてほしいよなあ。バーコード何枚か集めたら当たるとかでもいいけど。(子供の頃にあった菓子メーカーのおもちゃの缶詰みたいな、今もあるのかな?)

これ、購入ターゲットはどんな人を想定しているんだろう??

普段の管理人には珍しく辛口コメントですが、まあ、それだけ「ロック」という期待値が高かったんですよ。

バンドも使って、Tシャツとかの専用アイテム等も制作して、CM流すのなら、他の味噌メーカーにはないぎゅっと凝縮された明確な価値観もしくはブランド感を出してほしかったなあ。期待してたから三つも買っちゃったぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BURRN! 2015年3月号 Jake E.Lee関連の記事

 BURRN!の3月号を購入しました。表紙は今月来日予定のKISSのポールです。

Burrn_2015_3

 いやあ、かっこいいですよね。ライブが今から楽しみです。と、まあKISSの特集が組まれているのですが、他の特集記事として「鋼鉄名盤徹底ガイド、”裏街道編” 1996~1998 独自の発展を遂げるシーンの隙間」というすごいタイトルの記事が39ページから掲載されています。

 そこにジェイクのソロアルバムが紹介されています。ファンの方なら既知の”A FINE PINK MIST"です。

Burrn_2015_3_jake1
 42ページに掲載されています。

 紹介文は、「BADLANDS解散後に結成したWICKED ALLIANCEも短期間で解散し、しばらくバンド活動はしたくないという思いから制作したジェイク・E・リー<g>の1stソロ・アルバム。インスト・ナンバーが中心となったこの作品は、アナログのペダル・エフェクター66個を駆使した、ムーディーな楽曲が並んでおり、オジー・オズボーンやBADLANDS時代のギター・プレイとは全く違うスタイルが披露されている。リード・プレイよりリズム・ギターに力を入れており、ロカビリー風のリフなど様々なスタイルのプレイが聴けるという部分では、ジェイクの新たな一面が垣間見られた作品(Kawai)

です。ほかには、今月はKISSの特集が組まれているということもあり、エリック・シンガーの記事があります。


 それは112ページの「早わかり 1頁でわかった気になる有名HM/HRバンドの歴史 ERIC SINGER 数々のバンドでプレイし、現KISSを支える名ドラマー」です。

 Burrn_2015_3_jake2

 三段組の真ん中あたりから、ジェイクとの関係が書かれています。

「・・・・・・ゲイリーのツアー終了後、BLACK SABBATH脱退後にBLUE MUEDERの初期メンバーとしてセッションを行った後、新たにジェイク・E・リー<g>と曲つくりを行っていたレイ・ギランを自宅に居候させていたエリックは、彼らがベーシストのオーディションを行う際に助っ人として参加する機会を得る。このオーディションではグレッグ・チェイソン<b>が合格したのだが、一緒にプレイしていたエリックも意気投合し、そのまま4人はBADLANDSと名乗り、アルバム「BADLANDS」(1989年)でデビューを果たす。

彼らは1989年6月に来日公演を実施し、その後、ワールド・ツアーも行ったが、ジェイクと性格が合わなかったエリックはバンドを脱退。日本人ギタリストのクニとデイヴ・スピッツ、デニス・セント・ジェイムズでデモを制作した後、KISSのポール・スタンレーのソロ・ツアーにベーシストとしてプレイすることになったデニスの紹介で、エリックもポールのツアーに参加。・・・・・」



という感じです。

ジェイクとエリック。同じバンドに一時、一緒にいたとはいえ、その後は大きく道が変わってますよね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »