« YOUNG GUITAR 2015年 6月号 Jake E.Leeのライブ情報 | トップページ | アルバム「PHENOMENAⅡ」 ヴォーカル RAY GILLEN »

ゴールデンウィーク 楽器屋さんめぐり

 こんばんは。少し前の話になるのですが、ゴールデンウィークの5月3日、楽器屋さんめぐりをしましたので、少しその時のことをご紹介したいと思います。

 事前にお知らせさせていただいてたのですが、3日は午前中から三木楽器 創業190周年大感謝祭セールに行ってきました。場所は大阪市の本町にある三木楽器本店や、心斎橋やアメリカ村の三木楽器の店舗ではなく、マイドームおおさか会場を借りての、かなり大がかりなセールです。

Miki1

これは、マイドームおおさかの入口のイベント告知看板です。

Miki2

 さっそく三階の会場に行きますと、このように入口がわかれています。管理人は楽器持参ではないので、一般入口から入場しますと、予想以上にいろいろな楽器が出展しています。

Miki16

 入ってすぐのところが、ギターブースです。

 あちこちから試奏の音なんぞも聞こえてきまして、なんだかわくわくしました。

Miki10



 いやあ、壮観ですよねえ。

Miki3

 相変わらず綺麗なポール・リード・スミス

Miki8

Miki9

FUJIGENです。ヘッドが凝ってますよね。美しい~。

Miki6



 いろいろなメーカー(BOSSはなかったですが)も参加していて、管理人にとってはお祭りのような楽しさです。三木楽器の創業190周年ということももちろんですが、東京ギターショーがない、ということもあってのこの大がかりな感謝祭セールかもしれないなあ、なんてことを思ってました。

 そして、イベントも開催されてました。

 管理人がたまたま見かけたのが・・・・

Miki4


 ちょっと画像からはわかりにくいですが、ポール・リード・スミスの「ステインド体験 無料イベント」でした。実際に材料をいただいて、体験するというもので、管理人も興味を引かれてのですが、募集人数が10人ということで、ちょうど体験会がスタートしたところでした。

 材料として使用されますが、木目が綺麗なあ~。

Miki5

 実際に参加している人の邪魔になっては申し訳ないので、少しだけ見学して、この体験会は最後までみませんでした(トータル50分のコースとのこと)

Miki7

Miki11

Miki12



こんな感じです。大抽選会というのもあったのですが、それは1900円以上購入したらクジを引けるというもので、管理人は特売の弦を購入したのですが、1900円には届かず抽選会には参加せず。

 そして、会場のそばでは、三木楽器の社史が紹介されていました。

Miki13

Miki14

Miki15



昔のオルガンやレコードプレイヤーなどが陳列されてまして、社員の方が三木楽器の歴史について詳しく説明してくださいました。

Miki17



 三木楽器、もともとは書店からスタートした会社だそうです。

 管理人は3階の会場しか見て回っていないのですが、8階では、ヴァイオリンやチェロの専用ブースも開催されていました。

 マイドームおおさかでお昼を食べまして、次に管理人が向かうのが、4月に移転オープンしましたヤマハ大阪ビルです。

 4月には、大阪市営地下鉄四ツ橋駅構内にヤマハ大阪ビルの大きなポスターがいくつも掲示されていたので、いつかは行かねば(勝手に義務に感じている管理人)と思っていたのです。

http://jp.yamaha.com/sp/music_education/otona/room/29218000_285

 予想以上に大きなビルです。

Yamaha1

 これはビル外観。

 Yamaha2



一階はこんな感じ。

Yamaha3

 静か~な感じでした。どちらかというとクラシック系の書籍や音符や楽器デザインの文具等も販売されていました。

 なんと表現したらいいかな~。受験勉強の学生が座って勉強しているような図書館のような静けさというか、まあ、そんな感じです。

 そんな静かな中、ギターがデザインされた小物を手に取ろうとして、すぐそばにあった鉛筆入れ(プラスチックの容器に鉛筆が2~30本入っているものを想像してください)を倒してしまった管理人!!

 ひゃあああ。

 焦る管理人。ぱっぱら、ぱっぱらと音を立てて床におちる鉛筆たち。管理人のところに駆け寄ってきたスタッフの人は、なんてドジなやつなんだと思ったことでしょう(大汗)

 すみません~。破損とかはなかったのですが、お詫びの意味もこめて小物や書籍を購入する管理人です。

 

 ギターも見当たらないし(違う階かなあ? でも案内表示もよくわからなくって)、ここには来ることはないかな、と思いつつヤマハ大阪ビルを去る管理人でした。

|

« YOUNG GUITAR 2015年 6月号 Jake E.Leeのライブ情報 | トップページ | アルバム「PHENOMENAⅡ」 ヴォーカル RAY GILLEN »

音楽」カテゴリの記事

コメント

管理人さん、こんばんは。


Jakeのカッコ良さにドッキリです( *^艸^)


https://www.youtube.com/watch?v=jnXFeSqYLRI


6分からJakeのフェイントにドキドキ感とカッコ良過ぎるプレイにKnockDownです♫

投稿: rei | 2015年5月17日 (日) 20時27分

reiさん、こんばんは。


すごい動画を教えていtだきまして、ありがとうございます。さっそく、見に行きました。いやあ、ほんと、ドキドキします。すごいです!!!


このyoutubeをアップしている人のほかの動画を確認したら、他にもジェイクのものやほかのギタリスト、ヌーノとかもあって、すごく楽しいです。

先日、教えていただきましたPhenomena2、すごくよかったです。さっそく本文記事にご紹介させていただきました。ありがとうございます。

投稿: 管理人 | 2015年5月17日 (日) 23時51分

管理人さん、こんばんは。


この動画凄いでしょう?


Jakeは他のライブでも同じ事をしていますね~


本当にドキドキしました~(*≧∀≦*)


COOLですよね~♫

投稿: rei | 2015年5月18日 (月) 00時16分

reiさん、こんばんは。コメントいただきまして、ありがとうございます。


この教えていただいた動画、すっごく気に入りましてさっそく本文記事でご紹介させていただきました。

ひと昔とは違い、ジェイクの動画が普通に見れるのがうれしいですし、この動画、映像も音もいいですよねえ~

投稿: 管理人 | 2015年5月18日 (月) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/61585339

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィーク 楽器屋さんめぐり:

« YOUNG GUITAR 2015年 6月号 Jake E.Leeのライブ情報 | トップページ | アルバム「PHENOMENAⅡ」 ヴォーカル RAY GILLEN »