« RDCのスペシャルチケットが届く | トップページ | 5月29日のIMPELLITTERIのライブについて 梅田クワトロ »

YOUNG GUITAR 2015年7月号 YG ARCHIVES 1000のジェイク

 YOUNG GUITARの2015年7月号を購入しました。

Young_guitar_2015_1

 今月号も読みごたえのある記事が多くて、ホワイトスネークのギタリスト、Reb Beachと新ギタリストのJoel Hiekstraや、Adrian Vandenbergの来日記事、それにGuthrie Govanの記事などなど、興味深い記事が満載です。

 しかし、管理人が一番興味を持っていた記事は、「YG ARCHIVES 1000」という、1969年のYG創刊号~20世紀最後の1999年12月号までの計353冊の中から1000頁におよぶ歴史的記事の数々を復刻、デジタルブック化!というもので、誌面で振り返るロック・ギターヒストリー30年史 です。

Young_guitar_2015_2

 ということで、今月号はDVDが2枚も付録として付いています。

Young_guitar_2015_3


 特集記事は、193頁から掲載されてます。

 DVDはこんな感じ

Young_guitar_2015_4


 さっそくパソコンに入れて起動しますと、

Yg_dvd1

  (すいません、途中の年号が切れてました。詳細は下の画像を見てください)

Yg_dvd2


 さっそく、ジェイクが掲載されている「1984-1986」をチェックします

Yg_dvd_jake1



いやあ、懐かしい紙面ですね。

Yg_dvd_jake2



と、こんな感じです。

本当にいろいろなギタリストの記事が掲載されていて興味が尽きないのですが、管理人が少し驚いたのが下の画像の記事。

Yg_dvd_zakk1

 この二人、対談していたんですね。この記事は知らなかったです。

 どこで知り合ったとか、ザックがディ・ミオラの曲で練習していたとかが掲載されています。

Yg_dvd_zakk2

1000頁もあるので、なかなか読み進められていないのですが、イングヴェイ御大仙人ウリ様の対談記事なんかもあって、ロックギタリストファンにはおすすめの号だと思います。

そうそう、ジェイクは「1995-1999」年のところでも取り上げられています。あのエフェクターがずらーと掲載されている記事です。

|

« RDCのスペシャルチケットが届く | トップページ | 5月29日のIMPELLITTERIのライブについて 梅田クワトロ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

管理人さん、こんにちは!!

僕もこれ買いましたよ~。

しかし、DVDの方はボリュームあってまだ見れてません(^_^;)

これからぼちぼち読んで行こうと思います。

ダグとウォーレンの対談、これって僕も記憶にないですね。まずはここから読んでみます~

投稿: 音法 | 2015年6月17日 (水) 17時40分

ダグとウォーレンじゃなくてザックでしたね。
どうも今のザックのイメージと昔のザックがむすびつなかくて(^_^;)

投稿: 音法 | 2015年6月17日 (水) 17時55分

音法さん、こんばんは。コメントをいただきまして、ありがとうございます。


ザックですが、私も最初、デビュー当時の画像を見た時は、現ザックとデビュー当時ザックが結びつかなくて、同じ名前の別人と思ったくらいですから。

そういう視点から見ると、ダグはあまりかわりがないようにも思いますね。

投稿: 管理人 | 2015年6月17日 (水) 21時48分

管理人さん、こんばんは。
YOUNG GUITAR 7月号買ってDVDも観ました。
懐かしい記事もあり、意外にもJakeが少なかったですね~。抜粋し過ぎです(笑)

ザックのデビューは華々しくシャロンが仕掛けましたが、それも束の間、段々とレミーの様になるのは時間の問題でしたね。

ザックの変貌振りはシャロンの思惑を潰しましたが(笑)

Jakeよりも頑固なんだな。と言うのがザックに対する印象でした。

オジーの大阪でのライブの時でもザックは上半身裸でしたし、観客席に向けて水はかけるし…

Jakeは2ndアルバム頃から「ライブ時はレースのフリフリの服を着せられるのが嫌で仕方なかった。」

と言っていましたが、ザックはレミースタイルを貫いたんだなと…(´∀`*)

投稿: rei | 2015年6月24日 (水) 00時58分

reiさん、こんばんは。いつもコメントをいただきまして、ありがとうございます。


YOUNG GUITAR、購入されたのですね。けっこう、よかったでしょう!!


reiさんも仰るように、ジェイクの記事、少なかったですね~。

オジーの大阪のライブ、行かれたんですか? いいなあ。わたしは、まだ、オジーの生ライブを見たことがないので、うらやましいです。今年はオズフェスがあるのですが、幕張まではちょっとなあ・・・と躊躇している感じです。これが万が一、ジェイクとの共演なら、這ってでも行くのですが~。


オズフェスのサイトを見ると、まだ出演バンド、確定しきってないようなので、ちょっとだけ、期待しているのですが・・・・。しかし、そうなったらそうなったで、チケットが取れないだろうし。う~ん。

投稿: 管理人 | 2015年6月24日 (水) 22時41分

管理人さん、こんばんは。オジーのライブの時はロック等は聴かない親友を誘って行ったのですが、私達の席は15列以内のほぼ真ん中の席だったんですね。

するとオジーは観客との一体感を湧き立たせる為に曲の合間に恒例の「raise your hands」と言えばファンはワァ--と歓声を出し両腕を上げるのですが、親友は知らない為上げずにいたら…

「睨まれてる、睨まれてる!」
と私に訴えてくるのでオジーを見ると明らかに親友をやや前のめりになる様な姿勢で睨んでいました。

私が腕を上げるんだよ。と言うと即座に親友も腕を上げるとオジーは視線を外しましたが、

暫くして2度目の「raise your hands」があり、即座にオジーは親友を睨んでましたね(笑)

「えっ? ! また? ! わーん、怖いよ~!」
と親友が叫びながら腕を上げたらオジーは視線を外しました。既に私が教える事もなく出来ていましたね(笑)

ライブが終わると親友は
「めっちゃ怖かった~睨まれた事しか憶えてない~(>︿<。)」

まぁ、チケットは私から彼女へのバースデープレゼントでしたがね

投稿: rei | 2015年6月24日 (水) 23時39分

reiさん、こんばんは。コメントをいただきまして、ありがとうございます。


いやあ、reiさん、いつもすごくいい席でライブをご覧になっているんですね~。うらやましい~。

しかし、オジーが親友の方をにらんでいるという話、オジーらしいですね~(笑) 貴重な体験を教えていただきまして、ありがとうございます!!


手を挙げていない観客を目にしてにらむとは、オジーらしくていいなあ~。

投稿: 管理人 | 2015年6月25日 (木) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506275/61752313

この記事へのトラックバック一覧です: YOUNG GUITAR 2015年7月号 YG ARCHIVES 1000のジェイク:

« RDCのスペシャルチケットが届く | トップページ | 5月29日のIMPELLITTERIのライブについて 梅田クワトロ »