« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

Jake E.Lee's Model Guitar BLUE???

 ジェイク E情報を求めてTwitterをチェックしていますと、RDCが新しいツイートをしていました。画像が2枚、掲載されていました。


Jakeelles_guitar_and_amp

いやあ、アンプとギターが並んでますね~。

おや?

Jakeells_guitar_blue

この青いギターは?? もう少しよく見たいのですが、画像はこの2枚だけ。
そうだ!!Charvel Guitarに何か情報があるかも、と思いまして、チェックしてみました。

Jakeells_guitar_white

いやあ、格好いいですよね。ジェイクモデル!!

はっ?! このモデルではなくて・・・・

この青いギターは、アン・ルイスのアルバム K-Rockのジャケット画像に使われてるのと同じもの???


はてはて、どうなんだろう?


| | コメント (16) | トラックバック (0)

ギター弦 ERNIE BALLのツイッターにJake E.Lee

 ツイッターを朝、のんびりとみてますと、ギター弦のERNIE BALLがジェイク E リーをツイートしてましたので、何か詳しい情報があるのかと思いまして、早速ホームページに行ってみました。


 トップページはこんな感じです。


Ernie_ball1
Ball2

ツイッターコーナーにジェイクが載っています!!!

当該ツイートはこちらです。

Ernie_ball_jake_e_lee

ツイートの文章はとても短いので、Ernie Ballのホームページのアーティスト欄をチェックしてみました。


Artists


掲載されているアーティストは、いやあ、すごいメンバーなのですが、いま時点では、ジェイクもRED DRAGON CARTELとしても載っていなかったです。今後、掲載されるのを楽しみに~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

BURRN! 2016年5月号 LAメタルの真実 2016 記事内のジェイク E リー

 今月号のBURRN!(2016年5月号)を購入してきました。

Burrn_2016_5




表紙は、SIXX:A.M.なんですが・・・迫力ありますよね~

個人的には、深夜の地下駐車場ではお会いしたくないような迫力です。さて、今月号のBURRN!には、特集記事として、「LAメタルの真実 2016」が掲載されています。

記事の中でROUGH CUTTについて述べられている、ということは、Jake E. Leeについても何か触れている部分があるかも、ということで目を皿のようにして記事を読みますと、やっぱりありました!!!

一部、ご紹介いたします!!

インタビューを受けているのは、元DIO、元ROUGH CUTTのキーボード奏者クロード・シュネルです。記事は33ページから掲載されています。

---------------------------------------

・・・・

―KISS陣営にいましたか?

C:間接的にだけどね。マーキー・ラモーンという名前の方で、よく知っているんじゃないかな? RAMONESの何十年も前に、マーク・ベルはDUSTというバンドでプレイしていた。ブルックリン出身のバンドとしては史上最もへヴィなバンドさ。3人編成のバンドで、マーク・ベルがドラムス、リッチー・ワイズがギター、ケニー・アーロンソンがベースだった。KISSとの繋がりというと、リッチー・ワイズはKISSの初期の曲をいくつかプロデュースすることになるんだよ。


 とにかく、ジョーイ・ベルフィオーレとそのギター・プレイヤーはPRETTY POISONでプレイしていたから、俺は、MAGICのメンバーで唯一残っていたジョー・クリストファニリと一緒に、新しいバンドを見つけるか、新しいバンドを組まなくてはいけなくなった。そして、ポールの元妻がジョーイの昔のガールフレンドと友達だったおかげで、俺達はポール・ショーティノを見つけることができたんだよ。ポールは家に来て、俺が書いてあった曲をいくつか聴き、それにヴォーカルを入れたところ、完璧だった。それでギター・プレイヤーとドラマーを見つけなくてはいけなくなり、ジェイク・E・リーとデイヴ・アルフォードに辿り着くことになった。これがROUGH CUTTが結成された経緯だよ。


―リチャード・ブラックがPRETTY POISONのシンガーだったことも短期間ありましたね。彼がSHARK ISLANDを結成する前に。

C:当時、彼は別の名前だった。何だっけ?

―リチャード・チェルニー(Richard Czerny)です。それで、あなた達がROUGH CUTTを結成したのは何年でしたか?

C:1981年の後半だったと思うよ。1982年には、俺はすでにHUGES/THRALLでプレイしていたから、1981年だったはずだ。

―ROUGH CUTTの最初のラインナップにだけ、キーボードが入っていましたね。あなたが脱退した後、彼らは拠点をサンディエゴに移してギターが2本になりましたから。

C:そのとおり。そして、あれは何らかの値打ちがあった唯一のROUGH CUTTでもある。ところで、オリジナルのROUGH CUTTの音源は何か聴いたことはあるかい? インターネットで探せば、"Used and Abused"と"A little Kindness"という曲が見つかるよ。それが、俺が書いたROUGH CUTTのベストの2曲だ。ジェイクが"A Little Kindness"で弾いているソロには、きっと泣かされるよ。本当に素晴らしいんだ。順を追って話すと、ジェイクはオジーのオーディションを受け、合格したので、ROUGH CUTTは後任を探さなくてはいけなくなった。だが、俺は既に懐疑的だったよ。ジェイクがこのバンドの核だったのに、と思っていた・・・・・




--------------------------------------

LAメタルの真実・・・・でも、語る人によって、真実はいろいろな形をとるのかも・・・と思ったりしました。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »