映画・テレビ

個人的に・・・映画音楽等について

 今日はジェイクの話でもなく、ライブの話でもなく、個人的な映画のサントラについて少し記述してみようかなと思います。

 実は私は結構、映画を(ほとんどがレンタルDVD だってシアターで見る映画は高いです。といいつつ見に行くことも多いのですが)見ます。映画で重要なのはサントラだと思うのですが、ここで、特にサントラの印象が強い映画について話してみようかと思います。ただ、ホラーやサスペンス主体なので、その系が苦手な人は読むのは控えてくださいね。あと、映画の内容のネタバレ的なことにも触れていますので、ご容赦を・・・。

 映画は昔の映画から最近のものまで、ちょっと気になったものは見るようにしているのですが、サントラと雨音の使い方がうまいなあ~と思ったのが、ブラッド・ピット主演の「セブン」

Seven

 降っている雨でさえ、陰鬱な雰囲気を醸し出しています。あの救いようのないラスト。またエンディングのクレジットも凝ってます。普通は役者名とかが下から上にロールされているのですが、セブンは逆ですよね。

 

 「羊たちの沈黙」と言えば、アンソニー・ホプキンスですが、彼が即興で弾いている曲が流れるのが、続編にあたる「ハンニバル」

Hannnibal

 ロック音楽ではないですよ。でも曲の流れがきれいなこと。サントラを購入したのですが、先ごろの引っ越しで行方不明に。ハンス・ジマーが音楽監督をしています。

 出だしから不気味さが際立ってて印象強いのが、伊藤英明さんが主演の「悪の教典」。

Evil_note


  オープニングすぐに流れるモリタートの不気味さが最高です。殺人鬼について唄っているのですが・・・・。少年の両親が、自分の息子は殺人者じゃないのか?と話し合っている背景に流れています。個人的には原作(本)の方が好きです。

 

 

 「ゴーストシップ」 ガブリエル・バーンが出演しています。冒頭部分はスプラッタなのですが、謎解きが主です。

Ghost_ship

 物語が進行するにつれ、だんだんとある人物の謎が解明されるのですが、その重要なシーンの背景にMudvayne -のNot Falling が流れています。この曲は映画の謎解きシーンが入っていないと、ちょっと良さがうまく表現されにくい感じです。でもこの曲はサントラには入っていないという不思議さ。著作権の関係かな?

まあ、映画のサントラでもっとも有名なのがJAWSではないでしょうか。あの曲、海岸で流れたら誰も海には入りませんね。

ホラーやサスペンス系が好きなのですが、実はSAW(見ましたが)系は苦手。ホステル(クエンティン・タランティーノ総指揮 イーライ・ロス監督)は予告は見ましたが、本編は無理無理・・・という感じです。

サントラで有名と言えば、「タイタニック」かもしれませんが、見たことがないです。あまり超話題作というのは見なくてB級の方が好きです。話題作といえば「バイオハザード」は見ています。ゲームはしていないのですが、ミラが好きなのと、パート1は、マリリン・マンソンがサントラに参加しています。まあ「バイオハザード」は、ホラーというよりはアクション映画ですね。

ホラー以外でサントラが好きなのは、トップ・ガン。これはスティーヴ・スティーヴンスが有名ですよね。

でももっとも好きなのが、「STREETS OF FIRE」の「NO WHERE FAST」です。最初の頃はダイアン・レインの口パクとは知らなかったのですが、繰り返し聴きました。

 格好いい女性ヴォーカルに憧れていたところもあるのですが・・・。

 とまあ、とりとめのないことを記述してみました。

 J-POPについて書いてみようか・・・ともちらっと思ったのですが、実はほとんどTVを見ないということもあり、知らないのが現状です。タワレコも洋楽コーナーしか行かないですし。名前ぐらいしか知らなくて、曲となると、う~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ロック・オブ・エイジズ」 「ROCK of AGES」を観ました。

 今回はジェイクネタではありませんが、ロック関係の映画を観ましたので、ご紹介いたします。

 ロックファンなら去年、トム・クルーズ出演(ほぼ、主演と言ってしまっていいと思いますが)の「ロック オブ エイジズ」をご存じではないでしょうか?

Rockofages

 サウンドトラックなども発売されていて、気になっていたのですが、なかなか観る機会がなかったんです。実は、あまり内容は知らなくて、舞台は1980年代、ロック音楽、トム・クルーズが吹き替えなしで唄っている・・・ぐらいの知識状態でした。

 ちなみに、下記が公式ホームページです。

http://wwws.warnerbros.co.jp/rockofages/index.php

 Rockofages2_2

 これは、ライブの一場面です。やはりよいライブシーンはトム・クルーズが出ているんですね。ちなみにボイストレーニングは、アクセル・ローズに受けた、とか、アクセル・ローズのトレーナから受けた、といろいろあるようですが、トム・クルーズ、どんな役でもこなしてしまうんですね。(ずっと昔、吸血鬼の役もこなしてましたね)

Rockofages3

 映画は普通のドラマ仕立てだと思っていたのですが、ほとんどミュージカルです。

Rockofages4

 特別に凝ったストーリーではないですが、ロック音楽を映画で楽しむにはいいのかもしれませんね。

 公式サイトやYoutubeで予告編が見れますので、試しにどんなのかなあ・・・と雰囲気を見てみるのもいいかも。

 80年代ロックが好きな方にはお勧め・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD ”Rockthology AXE MEN”を観ました!

 お盆休み、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 私は、DVD鑑賞三昧の日々を送っています。暑いし(熱いっていう感じすらしますが)、外に出たくないんですね。特に昼間は・・・。

 今回は、ロックソロジー、「AXE MEN」というDVDを観ました。時間は52分なんですが、出演者が凄い!!

Axeman

 ほとんど知っている人ばかりという嬉しさですね。ミュージッククリップは全部は放送されてなくて、どちらかというとインタビューが主です。たとえば、

Joeperry

 JOE PERRYですね。彼の話はちょっと暗くてドラッグの話しが多かったです。

Joesatriani

 Joe Satrianiです。ギターショップに入ってきたところで、いろいろなギターの解説をし始めます。

Stevevai

 Steve Vaiです。今月号のヤングギターでもロングインタビューが掲載されてますよね。ちなみに、下の画像は、映画「クロスロード」のワンシーン。

Clossroad

 ブルースギターの話しなのに、どうしてラストがエレキギター合戦になったのかよくわかりませんが、それでもいいんです。スティーブが出演しているなら!!

 次は・・・。

Stevestevens

 両スティーブとも、大ファンなんです。ときどきYouTubeで二人のインタビューなんぞを観てますが、英語なのがちょっと・・・・(涙)

 次は御大の登場です。

Yngwiemalmsteen

 運転手つきの車で、なんとギターショップに向かっているところです。

Yngwieplaysguitar

 試奏している御大。いきなり楽器屋にイングウェイ御大が出現したら、周りはびっくりするだろうなあ。

 試奏したギターはきっちりお買い上げされた御大でした。思い出してみたら、あまり御大がしゃべっている映像は見た事なかったので、ちょっと新鮮でした。

Billsheehan

 あまり、よく存じないので・・・さらっと次に・・・。

Ricknielsen

 名前と顔くらいしか、あと、コレクターということしか知らないです。でもインタビューは結構面白かったです。

Dumnyankees

 う~ん。全然、知らないです。すみません(汗)

Acefrehley

 エースのインタビューも結構、面白かったです。

------------------------------------

このロックソロジーはシリーズになっているみたいなので、面白そうなものがあれば、順次見ていこうかなあっと思っています。よさそうなものがあれば(私の独断ですが)、ご紹介しますね。

では、暑いですが、熱中症には御注意くださいね!! あちー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD「メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー」

 さてさて、週末に見た2枚のDVDのうち、もう片方をご紹介します。サム・ダン監督の「メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー」です。

 メタル少年が大学に行き、そこで人類学を学び、メタルカルチャーに関するドキュメンタリーを撮影したものです。

Samm

(確かにメタル学科があれば面白いかも。ロック学科でもいいかも)

 そしてロックやメタル界の大物アーティストにインタビューするだけじゃなくて、ファンやグルーピーやDJなど、様々な人にもインタビューをしています。

 このドキュメンタリーの課題は「なぜ"メタル"は嫌われ、非難されるのか?」です。

 最初は、ヘヴィメタルの起源を探すところからスタートします。

 Alice

(自分で言うか??  とつい、思っちゃいました)

Tonny2

ブラックサバスが起源か? というくだりです。

Maiden

これは、彼がどんな大きな会場でも、どのように自分のものにしていくのか等々というくだりです。

Dee

いやあ、大物が次々と出演しています。

Vince

メタルの話ですが、ロック好きという条件があれば(80年代あたり)結構、面白いDVDだと思います。

Slipnot

Dio

DIO御大まで出演です。

北欧メタルの事件(教会連続放火事件)やファンの特性なども語られてます。

Hands

そうそう、ロブ・ゾンビも出てました。(少し前に、彼が監督したハロウィンを見たばかりなのでちょっとうれしかったです。映画はパート1がお勧め)

まあ、ロックとかメタル、という言葉を聞いただけで眉をひそめる人が見るのはとても厳しいでしょうが、ロックファンなら一見の価値ありだと思うけどなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

DVD"Hard RockTreasures" 映画「ハード・ロック・トレジャーズ」

 この週末、音楽関係のDVDを見たりしてゆっくり過ごしていました。そのうちの1枚をご紹介します。その名もなんと、「ハード・ロック・トレジャーズ」という、世界に120店舗以上、展開しているハード・ロック・カフェの店内の壁にぎっしりと飾られた、ビッグ・アーティストたちのメモラビリア(記念品)を集めるという、ハード・ロックファンには夢のような仕事の、ドキュメンタリータッチの映画です。

Hardrocktreasures

DVDの内容は、記念品(メモラビリア)収集担当のドン・バーンステイン氏の行動に密着し、アーティストとの直接交渉などの様子を撮影したものです。

しかし、そのアーティストが半端じゃありません!例えば、

Zakk

これは、担当者からギターを譲ってほしいと言われているところです。

Tommy

これはサバス時代のギターをゲットしたところ。

Richessambora

これはギターショップで偶然再会したところをインタビューしたところ。彼は後日、担当者にギターを送ってます。

Kiss

ジーン御大の衣装はハード・ロック・カフェ大阪のウインドウに大きく飾られていますよね。

そしてこのドキュメンタリーの最後を飾る大物が・・・!

Jimmypage

さて、彼はギターを譲ってくれるのか、譲ってくれないのか・・・。それは見てのお楽しみにしてください(笑)

さて、このDVDには特典映像がありまして、

Specialfeatures

やはり一番、個人的に気になるのが、3番の「ハードロックカフェ倉庫のお宝ツアー」ですよね。

Manymanyguitars

全部、サイン入りですよ。これらのギター!!

凄すぎる!!

しかし、警備とか厳重なんだろうなあ。このハードロックカフェの倉庫には、もちろんギターをはじめとする楽器以外に、衣装、譜面、ツアーにまつわるもの、スターの卒業アルバムとか、実に様々なものがあるようです。

そのため、工房もありまして・・・。

Guitarcraft

いやあ、個人的にはとても楽しいDVDでした。

でも、こうなると矢も楯もたまらず行きたくなるじゃないですか!?

どこに?

ハード・ロック・カフェ大阪ですよ。

ちなみに私の家からは歩いても走っても行ける距離。

早速、DVDを見たその足で、ハード・ロック・カフェ大阪にワクワクしながら行くと、なんと

「すみません、あと30分で、貸切になるんです」、とスタッフ。

うきゃああ。

と、言うわけで、皆様は行かれる時は、事前に貸切になっていないか確認してくださいね。たとえ、近所でも、貸切とかで店に入ることができないとくやしいものです。

ううう。

でも、DVDはお勧めですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

地獄のロック&ロール TRICK OR TREAT

 ゴールデンウィーク中、いかがお過ごしですか?

 今日は、音楽ではなく映画を御紹介します。

 なんと、ジーン・シモンズとオジー・オズボーンが出ているホラー?(多分、ホラーだと思います)映画です。

 題名は、その名も「地獄のロック&ロール」です。

Trick

 二人が一緒におさまっているシーンはないのですが、はっきり言って、主役ではありません。もし、この二人、もしくはどちらかが主役だと思ってこの映画を見ると、「お金返せ~」ということになると思います。

 役どころは、ジーンがDJ役。

Zean

 そしてオジーは、牧師役。

Ozzzy 

 それぞれ出演時間も5分あるかないかですね。

 この2人に興味がない人、もしくは1980年代のロック音楽に興味がない人が見たら、非常につらい映画かもしれませんが、わたしは個人的に結構楽しめました。

 と、言うのも、メールも携帯電話もCDも出ていなかったこの時代を垣間見ることができるのです。

 レコードプレイヤーやウォークマン、好きなロック歌手には手紙を出すというシーンが出て来て、あぁ、昔はこうだったよなあ。なあんて思って映画を見ていました。

 内容は、焼死したロック歌手の呪われたレコードが発端の映画ですが、はっきり言ってB級映画です。

 しかし、思わせぶりにこんなシーンが出てくると、期待するじゃないですか!

Ozzy1_2

 何を期待するのかって?

 決まってるじゃないですか?  ひょっとしたらひょっとしてジェイクがほんの一瞬でも出るかも知れない。

 映画の内容はそっちのけで、ただひたすら画面を睨み、エンドクレジットも隅から隅まで見ましたが、ジェイクは出てなかったです。(はああ)

 しかし、映画のサントラは結構気に入りました。バンド「FASTWAY」です。amazonではサントラも出てましたし、youtubeで「FASTWAY TRICK OR TREAT」で検索すると見る事ができます。

 たまの休日、こういう映画を見るのもいいかもしれません。しか~し、ロックに興味のない方には、正直つらいかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「オジー降臨」  しかし、ジェイクの名が・・・。

 毎度おなじみの楽器屋に行きますと、レジに置いてあったフリーペーパーに目が行きました。表紙が下記の画像です。

Electricguitar

 オジーの特集ともなれば、ジェイクのことも書いてあるに違いない、という期待とは裏腹に、表紙を見ればわかると思いますが、「オジー・オズボーンと3人のギタリスト」とあるにも関わらず、そこにジェイクの名前がないではありませんか!!

 何故に?!

  中の記事を確認しても、例えば、ザックの記事の部分に、「・・・そして20歳のときに、オジー・オズボーンバンドがジェイク・E・リーの後任を探しているという話を聞き・・・」

 なんと、これくらいしか、ジェイクのことは出てきません。weep

 そうそう、オジーの映画が日本でも配給されるようです。

Godblessozzy

この画像からではわかりにくいかもしれませんが、画像の左側にある出演者一覧にもジェイクの名前はなく・・・。いや、ひょっとしたら、一番下の「他」にジェイクは含まれるのか??

 この映画のオフィシャルサイトもチェックしましたが、ジェイク情報は探せず・・・。

http://www.ozzy-movie.com/

 う~ん。

 私が住んでいるのは大阪ですが、大阪では1月に「シネマート心斎橋」で放映されるようなので、見に行こうかなと思っています。ジェイクが出ているとしてもワンシーンか??

 ひょっとしたら1分ぐらいは出ているかも・・・。(はかない期待・・・)

 見に行きましたら、このブログにも感想を書かせていただきます。ではでは。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

タービュランス3 ヘビーメタル

 連休中に、映画「タービュランス3」という航空機パニック映画を見ました。

 なぜ、この映画を選んだかといいますと、何月号かは忘れましたが、BURRN!で紹介されていたのですね。

 なぜ、BURRN!がパニック映画を雑誌で紹介していたのかといいますと、(ここからはネタばれになります。)、ロックバンドが重要な役を演じているのです。

 ストーリー的には、世界的なロックスター、スレイド・クレイブンの機内ライブに、抽選でファン40名が参加できて、そのライブをネット中継するという話しなんです。

 しか~し、この飛行機がなぜかハイジャックされるという話しです。

 じゃあ、スレイドってどんな人と思うでしょう?

Turbulence

 私は最初、マリリン・マンソンかデトロイトメタルシティのヨハネ・クラウザー二世かと思いましたよ。

 タービュランスという題名の割には、乱気流にそれほど巻き込まれることもなく、しかし操縦士は射殺されたり、ハイジャックされたりと、大変な展開になります。

 脇役は、ルトガー・ハウアー(ブレードランナーやヒッチャーや最近ではシン・シティにも出演してましたね)やガブリエル・アンウォーが固めています。

Rutger

 操縦士も副操縦士もいなくなり、墜落寸前の飛行機を誰が操縦しているのかといいますと、それが、スレイドなんですね。

Control

 ハードロックファンやヘビメタファン以外の人がこの映画を見たら、ちょっと見続けるのがつらいかもしれませんが、私は大いに楽しみました。

 だって、操縦経験のない人が、副操縦士なしで、自動操縦装置が壊れた飛行機を操縦するんですよ。思わず、スレイド、頑張れ、っと応援したくなります。

Airplane

 最後はどうなるのかって?

 それは見てのお楽しみに・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ROCKER 40歳からのロック☆デビュー

 久ぶりにロック関係の大笑いできる映画を観ました。

 ROCKER 40歳からのロック☆デビューというタイトルで、大まかなあらすじは、大手レコード会社とのメジャー契約と引き換えに、ロックバンド「ヴェスヴィオス」から一人追い出された哀れなドラマー、フィッシュ。それから20年後・・・・・・、今や超ビッグなバンドになった「ヴェスヴィオス」とは真逆に、仕事をクビになりニート同然で姉の家(屋根裏部屋)に居候する、負け犬人生まっしぐらのフィッシュだったが、ひょんなことから高校生の甥、マットの参加するバンド「A.D.D.」の新メンバーに加入!! 果たしてフィッシュは、かつてつかみ損ねたロックスターの栄光を手にすることができるのか!?、というものです。

Rocker1

 映画の最後のほうでは、「ヴェスヴィオス」の前座をつとめることになり、そこで、思わぬ出来事が・・・!!ということなのです。

Rocker2

 正直、映画「アンヴィル」よりも曲も構成もよかったです。確かに「アンヴィル」はドキュメンタリーで、この「ROCKER」はフィクション映画なのですが、演奏している曲ははるかにROCKERのほうがよいように感じました。

 大笑いしたいときは、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)