音楽

お知らせ 都合によりブログを一時、お休みさせていただきます。

 このブログをご覧いただいている方々、コメントを寄せていただきました皆様、いつもありがとうございます。

 個人的な都合によりブログを一時、お休みさせていただきます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
 きた来たギター管理人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BURRN! 2016年7月号 クレイグ・ゴールディが語るJake E.Lee

 今月号のBURRN!を購入しました。

Burrn_2016_7


表紙は、どうどうイングヴェイ御大です。新しいアルバムについての特集記事も掲載されています。が!!

違う特集記事にJake  E・Leeについて語られていた箇所がありましたので、そちらを詳しくご紹介します~。

今月号のBURRN!の特集記事「LAメタルの真実2016 PART4」では、CRAIG GOLDYのインタビュー記事が掲載されています。彼はROUGH CUTT~DIO等々に在籍していたギタリストで、記事の中でジェイクについて語っている箇所が複数ありましたので、その部分をご紹介させていただきます。

冒頭部分・・・クレイグについての紹介段落です

-----------------------------

クレイグ・ゴールディが主役となる今回の「LAメタルの真実」は、サンディエゴのバンドのようになったROUGH CUTTに彼が参加するところから始まる。クレイグがROUGH CUTTに入ったのは、あのバンドのギタリストだったジェイク・E・リーがランディ・ローズの後任としてオジー・オズボーンのバンドに入るために脱退したからだった。

下記からはインタビュー部分です。

------------------------------

クレイグ : ・・・悩みや苦しみを抱えている時に俺が耳を傾けた声の持ち主がロニー・ジェイムズ・ディオで、俺は彼の家に行ったりスタジオで一緒に仕事をしたりという関係になった。俺たちの間にはROUGH CUTTのオーデションで初めて会った日から、特別な関係があったんだ。ランディが亡くなった後のオジー・オズボーンのところへ行くために、ジェイク・E・リーが辞めた時のことだよ。

インタビュアー : ええ、ジェイクは元々、ROUGH CUTTにいましたからね。
クレイグ : そう、ジェイクがROUGH CUTTを辞めて、俺は彼の公認になった。ROUGH CUTTは、ロニーがプロデューサーで、ウェンディ・ディオがマネージャーだったんだ。すでに地位を確立していて、機材も何もかも持っている連中が、ジェイクの公認の座を狙っていた。無名の俺がその座を射止めることになったのは、当時、WARRIORで歌っていたバラモア・マッカーティのおかげなんだ。・・・・

インタビュアー : サンディエゴに住んでいて、それまでLAに来たことはなかったんですか?

クレイグ : あったよ。LAがどんな風かを見るためだけに、友達2人と一緒に車を走らせた。

インタビュアー : VAN HALENで始まった音楽の動きが理由でしたか?

クレイグ : そのとおりだ。ジェイクはもうサンディエゴからLAに去っていた。俺は、ジェイクが例のTEASERというバンドにいた時に観たことがあった。ビビったよ。彼にはあのルックスがあり、エディ・ヴァン・ヘイレンにやれることは何だってプレイできた。そして、あっという間に彼はサンディエゴからいなくなった。スティーブン・パーシーも、あっという間だった。彼ら(MICKEY RATT)もサンディエゴからいなくなり、ウォーレン・デ・マルティーニもいなくなり、ロビン・クロスビーもいなくなった。彼もがLAに行ってしまった。だから、俺はどうなんだ?という気分だったよ・・・・

インタビュアー : ジェイク・E・リーは当時どれくらい上手かったですか?

クレイグ : 彼は俺に、家に帰って練習したい気分にさせてくれたよ。彼とジョージ・リンチの2人がそうだった。俺達が"Stars"のビデオを撮った時のことは、一生忘れないよ。・・・

-------------------------------
等々・・・インタビュー記事の中では、ダグ・アルドリッチやエディ・ヴァン・ヘイレンと会った時の話などもありましたので、ご興味のある方はご購入を~

で、ジェイクは今、何をしているんだろう・・・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

イングヴェイ・マルムスティーン NEW ALBUM 「World on Fire」を購入しました

 こんばんは。今日はJake e leeネタではなく、イングヴェイ御大についてです。

 先日、新アルバムが発売されましたので、早速amazonで購入しました。

 5月末に、早期予約購入すると特典付きという言葉に乗せられまして、購入した次第です。

World_on_fire1

これはアルバムの中身でして、全部で11曲入っています。初版購入特典として、CDジャケットと同じデザインのステッカーが入ってました。

World_on_fire2


 この画像の右側がアルバムに同封されていたステッカーです。そして、左側のケースがamazonの早期予約特典でついていたケースです。何と言ったらよいのか、チケットをはさんでおけるようなケースですね。


 アルバムですが、一曲目のWorld On Fireからイングヴェイ御大のギターとそして御大自身のヴォーカルがさく裂しております。


 前回のアルバムでもヴォーカルしてましたが、今回のほうがこなれてきたというか、スムーズな感じがします。

 来日してくれないかなあ・・・(できれば関西)、と思う今日この頃です。もし、来日しても東京だけだったら、ひそかに東京のライブに行こう!!と考えている次第です。


 そうそう、御大の専用の「Yngwie Malmsteen official merchandise site」  もオープンしています。Tシャツやアルバムなんかが販売されています。
アドレスはこちら
まあ、御大のアルバムの発売もうれしい限りで、BURRRN!やYOUNG GUITARの表紙も飾るようなのですが、ジェイク Eは一体、どうなっているのやら。


一日も早く、ジェイク、もとい RED DRAGON CARTELの新アルバムを紹介したいものです・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギタートルネードに行ってきます!!

昨日の21日、土曜日から大阪、心斎橋、アメリカ村で開催のギター トルネードに行ってきまーす。

いま、近場でランチ中




アメリカ村の楽器屋さん、各店を回りましてー、


これは、プレミアムギターズ店内での、ギタートルネードの案内です。




これはイシバシ楽器での案内ボードです。

さらに近くのミキ楽器に行きまして




これは将棋ピックです。ちゃんと桂馬とか銀とかあります。すごいなぁ。


とかなんとかおもいながら、会場に到着です。




物販のコーナーには、ケリー・サイモンさんのフィギュアが!!




手前のポスターですが、なんと裏表だそうで。ということは、貼るときにどっち側を貼るか困るじゃん。

いまは、15時37分で、次のステージ待ちですー

随時、記事更新したいですが、ステージ、撮影オーケーなのかなぁ?

現在、18時55分です。

その前に、演奏の終わっているのは、
Kelly Simonzさん、




なかなか素敵な派手な衣装です。





次の方のときはちと、一旦、外に出まして、そうそう、外を歩いている時に、山本恭司さんを見ました。今から会場入りなのでしょうか。

休憩後、会場に戻ってすぐに、このギター・トルネードをプロデュースしてます、Toshi Hiketaさんのステージです。





いや、すごいうまい!!生で演奏を見たのは実は初めてですが、うまい!!



アコギの演奏は旋律が綺麗で、演奏途中、何度もはくしゅがおこりました。

で、今はトモ藤田さんの演奏開始待ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Winary Dogsのライブに行ってきました!

 少し前になるのですが、4月15日(金)、大阪で開催されましたThe Winary Dogsのライブに行ってきましたので、その時の画像(撮影OKだったので)なんぞを紹介いたします。

The_winary_dogs_ticket

 当日はぎりぎりまでお仕事で、時間すれすれに会場に到着しました。実はZepp Nambaは初めていく会場でして、道にまよったりした管理人(汗)

 チケットには撮影禁止とありましたが、当日撮影OKのアナウンスが流れました。早速、スマホのフラッシュ設定を禁止にして、撮影準備をしました。

 The_winary_dogs_cap_etc

 お土産ものコーナー(管理人にとってはお土産物なので・・・わはは)。しかしライブTシャツはたまる一方で、時間もないこともあり、何も買わずに座席に急ぎます。


 そして、ついてすぐくらいにライブが開始!!!


The_winary_dogs6

ず~とリッチーの演奏というか、手元しか見ていない管理人。

The_winary_dogs1

しかし、ギター、この後、アコースティックも使ってますが、基本、2本しか使わなかったです。途中、赤いギターピックを一枚だけ観客席に投げました。いやあ、貴重だろうなあ、あのピック。

The_winary_dogs2

ギターの演奏は超一流、歌もハイトーンでも歌いこなして、キーボードもそつなく弾く・・・・すごいや、リッチー・・・・

The_winary_dogs4

アンコールは2曲演奏がありました。なんというか、バンド演奏すべてに余裕があるんですね。余裕というか、幅が広くて膨らみもあるというか、うまく表現できないのですが。聴いている方も妙な安心感がありました。

The_winary_dogs_last

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jake E.Lee's Model Guitar BLUE???

 ジェイク E情報を求めてTwitterをチェックしていますと、RDCが新しいツイートをしていました。画像が2枚、掲載されていました。


Jakeelles_guitar_and_amp

いやあ、アンプとギターが並んでますね~。

おや?

Jakeells_guitar_blue

この青いギターは?? もう少しよく見たいのですが、画像はこの2枚だけ。
そうだ!!Charvel Guitarに何か情報があるかも、と思いまして、チェックしてみました。

Jakeells_guitar_white

いやあ、格好いいですよね。ジェイクモデル!!

はっ?! このモデルではなくて・・・・

この青いギターは、アン・ルイスのアルバム K-Rockのジャケット画像に使われてるのと同じもの???


はてはて、どうなんだろう?


| | コメント (16) | トラックバック (0)

ギター弦 ERNIE BALLのツイッターにJake E.Lee

 ツイッターを朝、のんびりとみてますと、ギター弦のERNIE BALLがジェイク E リーをツイートしてましたので、何か詳しい情報があるのかと思いまして、早速ホームページに行ってみました。


 トップページはこんな感じです。


Ernie_ball1
Ball2

ツイッターコーナーにジェイクが載っています!!!

当該ツイートはこちらです。

Ernie_ball_jake_e_lee

ツイートの文章はとても短いので、Ernie Ballのホームページのアーティスト欄をチェックしてみました。


Artists


掲載されているアーティストは、いやあ、すごいメンバーなのですが、いま時点では、ジェイクもRED DRAGON CARTELとしても載っていなかったです。今後、掲載されるのを楽しみに~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

BURRN! 2016年5月号 LAメタルの真実 2016 記事内のジェイク E リー

 今月号のBURRN!(2016年5月号)を購入してきました。

Burrn_2016_5




表紙は、SIXX:A.M.なんですが・・・迫力ありますよね~

個人的には、深夜の地下駐車場ではお会いしたくないような迫力です。さて、今月号のBURRN!には、特集記事として、「LAメタルの真実 2016」が掲載されています。

記事の中でROUGH CUTTについて述べられている、ということは、Jake E. Leeについても何か触れている部分があるかも、ということで目を皿のようにして記事を読みますと、やっぱりありました!!!

一部、ご紹介いたします!!

インタビューを受けているのは、元DIO、元ROUGH CUTTのキーボード奏者クロード・シュネルです。記事は33ページから掲載されています。

---------------------------------------

・・・・

―KISS陣営にいましたか?

C:間接的にだけどね。マーキー・ラモーンという名前の方で、よく知っているんじゃないかな? RAMONESの何十年も前に、マーク・ベルはDUSTというバンドでプレイしていた。ブルックリン出身のバンドとしては史上最もへヴィなバンドさ。3人編成のバンドで、マーク・ベルがドラムス、リッチー・ワイズがギター、ケニー・アーロンソンがベースだった。KISSとの繋がりというと、リッチー・ワイズはKISSの初期の曲をいくつかプロデュースすることになるんだよ。


 とにかく、ジョーイ・ベルフィオーレとそのギター・プレイヤーはPRETTY POISONでプレイしていたから、俺は、MAGICのメンバーで唯一残っていたジョー・クリストファニリと一緒に、新しいバンドを見つけるか、新しいバンドを組まなくてはいけなくなった。そして、ポールの元妻がジョーイの昔のガールフレンドと友達だったおかげで、俺達はポール・ショーティノを見つけることができたんだよ。ポールは家に来て、俺が書いてあった曲をいくつか聴き、それにヴォーカルを入れたところ、完璧だった。それでギター・プレイヤーとドラマーを見つけなくてはいけなくなり、ジェイク・E・リーとデイヴ・アルフォードに辿り着くことになった。これがROUGH CUTTが結成された経緯だよ。


―リチャード・ブラックがPRETTY POISONのシンガーだったことも短期間ありましたね。彼がSHARK ISLANDを結成する前に。

C:当時、彼は別の名前だった。何だっけ?

―リチャード・チェルニー(Richard Czerny)です。それで、あなた達がROUGH CUTTを結成したのは何年でしたか?

C:1981年の後半だったと思うよ。1982年には、俺はすでにHUGES/THRALLでプレイしていたから、1981年だったはずだ。

―ROUGH CUTTの最初のラインナップにだけ、キーボードが入っていましたね。あなたが脱退した後、彼らは拠点をサンディエゴに移してギターが2本になりましたから。

C:そのとおり。そして、あれは何らかの値打ちがあった唯一のROUGH CUTTでもある。ところで、オリジナルのROUGH CUTTの音源は何か聴いたことはあるかい? インターネットで探せば、"Used and Abused"と"A little Kindness"という曲が見つかるよ。それが、俺が書いたROUGH CUTTのベストの2曲だ。ジェイクが"A Little Kindness"で弾いているソロには、きっと泣かされるよ。本当に素晴らしいんだ。順を追って話すと、ジェイクはオジーのオーディションを受け、合格したので、ROUGH CUTTは後任を探さなくてはいけなくなった。だが、俺は既に懐疑的だったよ。ジェイクがこのバンドの核だったのに、と思っていた・・・・・




--------------------------------------

LAメタルの真実・・・・でも、語る人によって、真実はいろいろな形をとるのかも・・・と思ったりしました。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

「Guitar Shredder」 Jake E. Leeの曲が2曲あります

つらつらとamazonのページを見ていますと、「Guitar Shredder」という商品を紹介しているページを見つけました。

どういう曲目かなあ、と思いつつ、参加アーティストをチェックしますと、Jakeの曲が入っているじゃないですか!!

Guitar_shredder_jake_e_lee

曲目をご紹介しますと・・・・・

----------------------------------

 
 
このアルバムを試聴する
1 Dream On
- アーティスト: Yngwie Malmsteen
2 Seek & Destroy
- アーティスト: Jake E. Lee
3 Cold Ethyl
- アーティスト: Mick Mars
4 No More Mr. Nice Guy
- アーティスト: Slash
5 Doctor, Doctor
- アーティスト: Michael Schenker
6 Good Times, Bad Times
- アーティスト: Brian Robertson
7 Cat Scratch Fever
- アーティスト: Dj Ashba
8 Rock You Like A Hurricane
- アーティスト: George Lynch
9 Goodbye Blue Sky
- アーティスト: Steve Howe
10 Go To Hell
- アーティスト: Zakk Wylde
11 Tie Your Mother Down
- アーティスト: Ted Nugent
12 Sweet Child O' Mine
- アーティスト: Tracii Guns
13 Gypsy
- アーティスト: Slash
14 Walk This Way
- アーティスト: Steve Lukather
15 Shot In The Dark
- アーティスト: Bruce Kulick
16 School’s Out
- アーティスト: Marty Friedman
17 Atomic Punk
- アーティスト: Brad Gillis
18 No One Like You
- アーティスト: George Lynch
19 Run Like Hell
- アーティスト: Dweezil Zappa
20 Out In The Fields
- アーティスト: Michael Schenker
21 Shine On You Crazy Diamond
- アーティスト: Steve Lukather
22 Whiplash
- アーティスト: Scott Ian
23 Runnin’ With The Devil
- アーティスト: Jake E. Lee
24 Hey Baby
- アーティスト: Dj Ashba
25 Sad But True
- アーティスト: Bruce Kulick
26 Brad Gillis Guitar Solo
- アーティスト: Brad Gillis
27 Unchained
- アーティスト: Dweezil Zappa
28 I’m The One
- アーティスト: Doug Aldrich
29 Big City Nights
- アーティスト: George Lynch
30 Over The Mountain
- アーティスト: Brad Gillis
31 I Don't Know
- アーティスト: Reb Beach
32 Rock and Roll
- アーティスト: Steve Lukather
33 Live Wire
- アーティスト: Tracii Guns



----------------------------------
ジェイクのみならず、イングヴェイ御大やダグなど、すごいギタリストが勢ぞろいです。


amazonプレミアム会員の管理人はさっそく、このアルバムをダウンロード。このブログを書きながら、聴いている次第です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

タオルハンカチ必須!! 感動特集(ジェイク関連ではないですよ)

  ジェイク E リー関連の動画をyoutubeで検索している最中に画面の右端を観ますと、「あなたにおすすめ~」みたいな感じで歌関連の動画が表示されていました。

 普段はギター演奏やロック系しか見ないのです、まあ、たまには別ジャンルを見るのもよいかも、と思って、その番組「Britains's Got Talrent」を視聴すると、・・・・まあ、あとはみなさんの予想通りの展開で、次から次へと・・・・・。

 名前だけは何となく知っている、という人もいたのですが・・・出演されている方々、すべて、素晴らしすぎる。 「Amazing」という言葉がこれほどピッタリはまる動画はありません。

 自分の記録用にもそんな動画を少し集めてみました。私は途中からティッシュが離せなくなりました。





涙腺、弛みっぱなし・・・・



Amazing!!!!!!!



この方が有名になるまでの軌跡は映画にもなりましたよね。
いつもギター関連ばかりの動画を見ていましたが、こういう動画もとても素晴らしいとホント、ひしひし感じました。


今日は金曜日。どうぞ、素敵な週末をお過ごし下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧